スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーズオブケイク 全5巻

ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)
(2004/05/08)
ジョージ朝倉

商品詳細を見る


そういえば、これも映画化でしたねー。多部ちゃんとはかなり意外です。

【あらすじ】
やっと風が吹いた――― ジョージ朝倉が描く、20代の大恋愛叙事詩“a piece of cake” お茶の子さいさい、朝飯前、簡単なこと


ジョージ朝倉さんの漫画は若い時は結構読むと精神的に持っていかれる部分もあったんですが年齢が経つと全然大丈夫で楽しく読めます。いえ楽しいストーリーではないのですが、面白いなあと思いながら読めます。

男性も前は全然いいと思わなかったけど、今回はなんか結構好きでした。
アカリは今も昔もなんだったんだ?な女性なんだけど・・・。
ただアカリがいなければ全然面白くない漫画になっちゃうんですけどね。

色々とうまくいかなくて告白されたらすぐ付き合っては捨てられる志乃。
最初の彼が口うるさくて結局振られたのに、志乃の中で何かあると彼の姿が出てきて彼女に口うるさく言う幻影でのシーンとかがなぜか結構好きでした。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

だって愛してる 全2巻

だって愛してる 1 (フラワーコミックス)だって愛してる 1 (フラワーコミックス)
(2009/02/26)
彬 聖子

商品詳細を見る


【あらすじ】
同じバスケ部の凛(りん)を密(ひそ)かに想(おも)っている高2の直(なお)。「友達」の関係を崩したくなくて、想いを伝えられずにいたがある日凛が一目ボレ!? しかも相手は年上の美人・みちよ。さらに直にも年下男子・宏太(こうた)が接近してきて――!?
ベツコミで大注目、4人の恋が交錯する注目連載第1巻!!



全2巻とわかっているので1巻読んでて全然ストーリーが盛り上がってこないけど大丈夫?と、思っていたらなんか4人の関係がもやもやしたまま進んで最後にとりあえず落ち着かせた形になってました。
なんかあまり魅力的なキャラ達じゃないというか。

最初は主人公と幼馴染の男の子かと思ったけどなんか「サルヤマっ!」」のまちゃるみたいだし、彼がピアノやってる女の子を好きになった辺りからあんまり・・・と思っていたらもう一人の男の子とって感じになってきて。
でもなんかその男の子もあまり読んでてかっこいい感じに思えなくて4画関係見えてきたと思いきやいとこ同士の間で最後に二人で知らない間に勝手にかたが付いた感じで主人公のとこ戻ってきて終了。

最初の盛り上がり不足で打ち切りだったのかなぁとも思ったのだけど作者が途中で環境が変わって大変だったとか言ってたのとその後、漫画を描かれてないようなのでご結婚とかされて続けられなくて辞めたのかしら。

打ち切りだったのか作者都合だったのか知りませんが、どっちにしてももっと長く続けるつもりのスロースターターだった気がします。でもってもしもっと長くなれば男の子の魅力がじわじわ出てきそうだったのになぁと思って残念。

いとこ同士の切っても切れない関係が障害になって意外と切なくなったかもしれないのになぁ。でも読み終わった時はちょっとなんじゃこりゃあというあっさりしたまとめ方になってましたね。
途中からがちょっといい感じだったのに消化不良で終わって残念です。

他短編2編入ってました。
まぁまぁです。作者は普通のラブストーリーを上手に仕上げてくれるタイプなので、どういった事情で描かれないのか存じませんがもっと読みたかったなぁ。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

サルヤマっ! 全8巻

サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)
(2005/03/25)
彬 聖子

商品詳細を見る


【あらすじ】
学校生活なんて、サル山でサルたちが序列を作って群れてるだけ…と嫌っていた春奈(はるな)。転校した先の高校でも期待していなかったが、そこにいたのはやんちゃでまっすぐな“コザル”男、まちゃるだった!! まちゃるに自分のペースをかき乱されっぱなしの春奈だったが、いつしか気になり始めて…!?


タイトルに興味をそそられずにいたのですが、同じようにタイトルにそそられなかった「ナツメキッ!」が面白かったので当時チャレンジ。何故かこの手のタイトルに惹かれなみたいです。
どっちもタイトルで読む気がしなかったのですが面白いですね。
でも、タイトルで手に取る気が起きなかった・・・というくらいタイトルって重要なんですね。

代議士の父の汚職によって転校してきた主人公が転校先で新しいクラスメイト達と出会って・・・というお話です。ちょっと冷めたヒロインなんですが可愛げはあるというか、冷めすぎてない感じとそんな少し大人びた主人公が暮らすでコザル扱いされてる元気で明るい男の子に惹かれちゃうのが、すごく自然です。

何かあってもまっすぐ正面から問題解決の道を模索するまちゃる。
二人はタイプが違うので噛み合わないこともあるんだけどそれを乗り越えて、相手に合わせたりって気持ちの通わせ方もよかったです。

主人公がまちゃるを好きになってしまうの、なんかわかるなぁって読んでてすごく思うんですよね。
ちょっと大人びている主人公なんだけど、だからこそやる前から無理だろうと思ったりクラスでも冷静な立ち居地にいようとする中で主人公やクラスメイトと一緒に普段の自分だったらしないようなバカ騒ぎしたりと予定調和を崩されていき、「皆といることが楽しいんだ」と実感していく根はとても可愛くて寂しがりやな主人公が、こういう男の子のを好きになってしまうのがわかるなぁ。

二人が似合わないとか性格が違うことによる考え方とかの食い違いとか周りから指摘されたりして分かってるんだけど、だけど何よりそんなまちゃるが好きなんだってのがすごくわかる。
自分の感情を素直に言えないタイプの女の子がこういう男の子に惹かれちゃうんでしょうね。

まちゃるの友達のアツも主人公のこと好きだけど、アツは友達としてまちゃるが大好きなので出し抜いたり姑息なことはしない。そんなヒロインを巡って男同士で思惑はあるんですけどね。
でもまちゃるが二人を見てやきもち焼いちゃって、ちょっと子供っぽい態度になってしまったりそのまちゃるの焼きもちが主人公にはわからなかったりで、なんでそんなこというの?とすれ違ったり。
まあそんな風にカレを気遣って色々対応するところがお姉ちゃんぽいんでちょっと姉と弟みたいなんですけどね。

こんな男の子学生時代にいたらいいなぁって思います。周囲からも好かれそうです。でもって大抵が人気者になるんだけどモテとは別みたいな。
でも、もっとモテそうなんだけどねぇ。

何かあるとすぐに騒ぎ立ててしまうクラスメイト達といい、学生時代って確かにこんなかもなぁっていうのと久しぶりに学園モノ的な意味で学生時代っていいよなぁ楽しかったよなぁという気持ちになりました。

まちゃるは普段はホント子供っぽい面もあるくせに男の子としての欲求が人並みなのもなんか良かったですね。この子ホントにサル並みというより人並みの男の子だなぁって感じで。
まぁ高校生というか中学生男子みたいですけどね。

まちゃるというあだ名。
まちゃるってなんかまさるって呼ぶより呼びにくいような気がするんですけどね。でも、なんか聞き覚えがあるような気がするなぁと思いつつ思い出せないまま、読んでてね。途中で思い出しました。
「あぁ、あっちはマチャアキ(堺正章さん)だった!」と。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ナツメキッ!!  全8巻

ナツメキッ!! 1 (少コミフラワーコミックス)ナツメキッ!! 1 (少コミフラワーコミックス)
(2011/07/26)
七島 佳那

商品詳細を見る


【あらすじ】
“よさこい”青春ラブストーリー
数100万人が熱狂する“よさこい”×青春ストーリー。四国に引っ越しをした棗(なつめ)。出会ったのは超美形男子・結大。彼女のフツーな高校生活を一変させたのは“よさこい”との出会いだった!!
はじめて棗が“よさこい”を見たとき、―全身が 心臓になった気がした。“よさこい”の地元チーム「気弓」に入った棗にまっていたのは、チームの仲間たちとの出会い友情、努力、勝利…そして恋。
棗の青春はここから始まるーーー


四国と言ったらさぬきうどん、愛媛と言ったらポンジュース。そんな貧困な知識しかない私です。
こちらは四国を舞台に「よさこい」に熱い青春をかける主人公のお話です。
でもってね、これとっても面白いです。
ただ前に作者の「イヤだなんて言わせない」が微妙・・・に感じてたんで。おまけに「ナツメキッ!!」というタイトルに全くときめかなくて。

でもよさこいについて描かれている内容が本当に生き生きとして棗の姿も魅力的でした。
あえて、よさこい本場の高知にせず愛媛にしたそうですが確かに東京から越してきた主人公が数ヶ月でかなり上達してチームの要になっていくので本場ではなく、本場高知のチームに憧れて目標としながらみたいな方がいいですね。七島さんも外側から見て魅力的に映るよう描きたいというようなことを書かれてましたが、主人公がよさこいのことを少しずつ知っていく過程が読んでいる方も同じようにそんなによさこいってスゴイんだ、と主人公と一緒に学びつつ同じように興味が沸いてきます。

ラブではなくよこさいについてを描きたかったというようにラブが薄いのがひじょーーーに残念です(でもちゃんとあります)。よさこいに熱くかける若者達を上手に描けているだけに残念でした。薄いっていうか苦手なパターンだったんですよね。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

一筆入婚!  全3巻

一筆入婚! 1 (白泉社レディースコミックス)一筆入婚! 1 (白泉社レディースコミックス)
(2011/07/05)
高田りえ

商品詳細を見る


【あらすじ】
優しい書道家のカレとラブラブで、もうすぐ寿退社☆のハズだったのに、彼が事故で記憶をなくし……たばかりか! 性格まで違うんですけど?!! …それでも結婚する!? ジェットコースター・ラブコメ☆



こちらのシルキィーも確か休刊でしたっけ?
高田さんのいる場所は休刊になることが多いですね。
私も読んでた漫画や雑誌が休刊になることが結構多かったですが。子供のころ、本誌で読んでたら連載作品がすべて最終回というのは不思議な感覚でした。

記憶喪失になってしまって彼が優しかったのに人格が変わってしまったというお話。
男性側が優しかったのにちょっと怖いオレ様でSになってしまう、でも根っこは優しい部分があるみたいな感じです。でもって、主人公の方も最初の方はすごいホワホワしたイメージだったんだけど実はすごいだらしなかったり、ドジというかいい加減だったり。

高田さんの作品ってどの作品もつまらなくもないんだけど、すごく面白くも無く。けど普通で片付けるよりは面白いんだけど・・・割と似てますね。主人公のドタバタをフォローするオレ様というかたち。

男性が記憶を無くす前はすごく優しかったけれど実は言いたいことを我慢していたんじゃないかという風になってきて、一時的に記憶を取り戻した時に少しそんな部分も見えたりして結構面白かったです。
単に記憶を無くして性格が変わったんじゃなくて、我慢しない本性が今の状態なんじゃってのが。あそこまで極端じゃないにしても少なからず以前は彼女に対して不満があっても飲み込んじゃう感じだったのかなと。

彼は現在の性格では主人公のことを好きじゃないのですが一緒にいるうちに悪い部分も含め少しずつ彼女のことを自分も好きになってきてこれで晴れて両想いに。でもって記憶が少しずつ戻ってきたと思ったら実は彼は記憶が戻る前に
彼女と別れようと思っていたというのです。
この展開はこれはこれで面白いなぁとは思いました。

記憶を無くす前の彼は、彼女の前ではめちゃくちゃ彼女のことが大好きでもうバカップル状態だったのですが、当時から実は少しずつ気持ちが冷めてきちゃっていた・・・というのなら仕方ないと思えます。
だた、彼が一時的に記憶が戻ってきた話があったのですがその時も彼はすっごい彼女のことが好きでとりあえず籍だけでも入れておこうよ、と積極的に自分から入籍してましたよね。
それなのに実は別れようとしていたってのは、ちょっと苦しいなぁと。

最後に休刊で打ち切りにするにあたって少し展開を変えたのかもしれませんけど。
あれさえなければ、例えそうだったとしても彼は今の状態の彼女を好きになれたし、彼女も彼が記憶喪失になって性格が変わってしまったせいで今まで全部彼に家事も何もかもまかせっきりで自分ことばかりだったけれど、変わってきて今の状態の二人で晴れて両思いにってのはとてもキレイな終わり方でした。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ふたりはおしり愛 全3巻

ふたりはおしり愛 1 (ジュディーコミックス)ふたりはおしり愛 1 (ジュディーコミックス)
(2008/07/25)
高田 りえ

商品詳細を見る


【あらすじ】
患者の心に花を咲かす、罪な男…久楽武童。しかし、顔も仕事も超一流な肛門外科医の正体は、ただの自己中心男だった!? 武童の腕に惚れこみ、久楽医院に住み込みで働くことになった麻子。しかし、白衣を脱いだ途端ダメ男に豹変する武童の私生活まで面倒を見ることになる。ナンダカンダ言いつつ、何やら2人の雰囲気はイイ感じになっていき…? 心もお尻もさらけ出す、強烈&最強ドクターラブコメ!!


肛門科で働く主人公医師とその院長・久楽とのラブコメみたいな感じですね。

看護士が病気療養中ということで医師なのに雑用までこなす麻子だけど、久楽を医者として、志や腕前を尊敬し大学病院を辞めて押しかけ医師として働いているため、医院の上の階にある久楽の自宅に居候させてもらっています。

麻子が単純ですぐ乗せられちゃうので、久楽にアレコレとうまく使われているというか。
彼女は勿論、久楽のことを医師としてだけじゃなくて男性としても好きなんだけど久楽はどうなんだろうか?医者としても必要とされてるのだろうか?みたいなのを毎回楽しく痔についての内容も踏まえながら進みます。

久楽も実は麻子のことが好きだし彼女の自分への気持ちを知ってるのですが彼女が言わないので自分からは言わず・・・というお預け状態を楽しんでる感じです。ただ所々で久楽が伝えてたりする場面もあったりするんですが麻子が酔って覚えてないだけだったりというパターンもあります。

基本的に麻子が一人で勘違いして空回りしたり舞い上がってしまったり誤解して落ち込んだりとバタバタしているのですが、院長にしっかり手綱は握られているというか最後はちゃんと締めてくれてます。

最後に両思いになって終わりと結構キレイにまとまってました。掲載誌だったジュディーが休刊となった為、プチコミックに移ったようですが、私にはこの3巻で十分な気もするんですけどね。
麻子のお父さんのキャラが結構好きでした。実はお父さん大学病院の院長なのに西部劇オタクだったりお父さんとスティーブ、デュークと呼び合ったりとかくだらなくて面白かったです。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

黎明のアルカナ 11~13巻(完)

黎明のアルカナ 13 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 13 (フラワーコミックス)
(2013/08/26)
藤間 麗

商品詳細を見る

★別巻の感想は作者別カテゴリで検索して下さいませ★

これもブログ放置前に完結した時読んでました。

【あらすじ】
黎明のアルカナがついに完結!
4年半の長きに渡ってチーズ!誌上で人気を誇ったアルカナも、ついに完結を迎えました。
ナカバからセナンを譲り受けたロキ。その結果、別々の道を歩むことになったふたり。
長い抗争が終わったものの、ロキと離れて気落ちするナカバのもとに、さらに驚愕の”ロキ死す”の報が届く。
あまりの現実に耐えられずに、アルカナの世界へ逃避したナカバはロキの残した真実を知る。
「黎カナ」最大の謎が解き明かされる完結巻に注目!


まぁ・・・こんなもんかな。という感想です、すみません。
9巻迄読んでてあんなに話を広げておいて収拾付くんだろうかと思っていたのですが13巻で終わったと聞いて「え?」と、驚きました。
なので期待値が低かったので想定内な終わり方でした。
とは言え、結構色々驚きもしましたよ最後のあっさり感に。

亜人との混血である女の子を助けに行ってナカバは雪崩にあい生き埋めになってしまう。
それを助けたのはロキでロキが刻のアルカナを使いナカバの居場所をつきとめたのです。ロキには実はアルカナがあった。
ということで同時にロキも禁忌の子であることがわかります。



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

月のしっぽ 全15巻

月のしっぽ 1 (マーガレットコミックス (3611))月のしっぽ 1 (マーガレットコミックス (3611))
(2003/03/25)
上田 倫子

商品詳細を見る


【あらすじ】
時は戦国。伊賀南部に住むうさぎは、忍術皆伝にはほど遠いへっぽこくノ一。そんなうさぎへのお役目は、伊賀一の男前・服部半蔵に嫁ぐこと。早速、半蔵に会いに行ったうさぎだが!? 


「さくら十勇士」の1巻が出た時に読んで時代が被るということでその後なんとなく読んでみました。
連載当時、ちょっとだけ立ち読みして今までのシリアステイストからコメディテイストに変わってしまったのが私的にうけなくて読んでなかったのですが、それでもここ最近のよりはやっぱり面白かったです。
マーガレットなのでこれくらいの遊びがあっていいんだと思うし、ストーリーも起伏があって飽きないですね。

「さくら十勇士」のタイムスリップは「リョウ」っぽいなぁと思ったけれど、このお話もうさぎが薬に詳しくて薬師として色々な人たちから自分の薬師になって欲しいと言われたりしてますね。
「さくら十勇士」は2巻で終わったようですが作者が以前の自分の作品をなぞりしぎちゃったかも知れませんね。

でもってこちらは、忍術はからきしの忍者の頭領?の孫のうさぎが忍術皆伝出来ないため、忍者としては無理なので服部半蔵の妻になり子供を生めといわれます。
許嫁としていったものの半蔵からは結婚する気が無いと言われたり他の許嫁候補が現れたり。うさぎは半蔵を好きになってしまい半蔵もうさぎを気に入るものの祝言はうさぎが忍術皆伝してからと。



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

大正ロマンチカ 1~3巻

大正ロマンチカ 1 (NextcomicsF)大正ロマンチカ 1 (NextcomicsF)
(2012/09/01)
小田原 みづえ

商品詳細を見る

知らない間に7巻まで出てたんですね。もう完結した作品だったっけ?と思ってました。しかもうっすらとしか内容を覚えてないので・・・続きを読むときは最初から借りないとダメかも。。私、当時の感想であまり面白くないと書いてるんですが今は妙に続きが読みたいんですよ、不思議・・・。

【あらすじ】
時は大正。
父の形見を取り戻すために公爵邸を訪れた明。そんな明を出迎えたのは、金髪碧眼で超美形な異国の公爵様!
明は、形見を譲ってもらうかわりに、 公爵がアンティーク貿易の取引で日本にいる間、お嫁さん役をすることになって――!?


時代萌えです。
といいつつ、そんなに面白くなかった。残念です。
ちょっと期待し過ぎたせいかもしれません。

最初から時代考証はあまり深く描かない為というか突っ込み防止の為か大正83年とか日本国とか大正ファンタジーみたいな感じだそうです。突っ込みたいのはそこじゃなくて公爵が公爵らしくない、公爵なのに周囲にお付きとかいなさ過ぎるとか身分差を感じなさ過ぎるって部分だったんですがね。
でも身分差が好きな人にはもっと格差っぽいのがあった方がいいかもしれませんね。
私はせっかく両思いになったのに後々面倒な展開になりそうなものは無くてもいいですけどね(笑)

最初はアンティークのお話とかを入れつつ主人公が公爵に近づいてお父さんの形見のブローチを譲って欲しいというところから代わりに女避けの固定パートナーになって欲しいと持ちかけられたのを主人公がお嫁さんの身代わりと勘違いして・・・というお話。

主人公はとても可愛らしいです
CIMG2202.jpg
こりゃ、たまランラン?



ここからネタバレ▼

続きを読む

ボーイフレド 全3巻

ボーイフレンド(1) (講談社コミックスなかよし)ボーイフレンド(1) (講談社コミックスなかよし)
(2009/07/17)
山田 デイジー

商品詳細を見る


【あらすじ】
すべてをやりなおした中2の新学期。友達もでき、聖姫は新たな生活を始めた。でも、笑顔の奥に本当の自分をかくしたまま…。くじけそうな時、なぜかいつもそばにいるのは、天才だが冷血オトコの宝来空木。恋をした。でも空木相手の恋は、全然うまくいかなくて…。



転校先の学校で元気で明るく振舞うひじき。クラスで人気の和久井くんにも気に入られてうまくいってますが。実はひじきは前の学校でいじめにあってました。
そして、ひじきは周囲とはなじまない空木のことを好きになっていきす。

けれど和久井のこと好きな女の子がひじきが前の学校でいじめられていたことを調べてバラしてしまいます。
これは乗り越えモノとしては良かったですよ。
きちんとその女の子と和解してまた友達になって。

けれど空木の前に女の子が現れて彼は医者になる為の人だから邪魔するなとか言い出します。
山田デイジーさんは、最初に読んだ時は好きだったのですが過去の作品読むとライバルキャラが妙に陰湿な人だったり家族が理解の無い人だったりと急に極端な展開になるんですね。

低年齢向け漫画だから心情表現が細かいよりは大胆な展開の方が読者がわかりやすいとかあるかとは思うんですがこんな嫌なキャラばかりじゃなくてもいいんじゃないでしょうかね。
まぁ家族も最終的には理解してくれるんですけどね。

そして男の子が主人公を好きかどうかを、わざと明確にさせず曖昧にしてるのかもしれないけど、それならもっと主人公に対して思わせぶりな展開が欲しいんです。ライバルキャラに妙に理解がある部分が多くて、それも主人公がそれを見て切ない気持ちなるという風にさせたいんだろけど、逆になんかハッキリしない男だなぁ・・・という印象になるのが残念です。

1巻で出てきた時は皆かっこいいのにねぇ~。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。