スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキ泣きコイ   2巻(完)

スキ泣キコイ 2 (フラワーコミックス)スキ泣キコイ 2 (フラワーコミックス)
(2012/09/26)
京町 妃紗

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
初恋の相手、瀧さんはお姉ちゃんのことが好き。
そんな切ない初恋に踏ん切りをつけて、同じ学校の小出くんと付き合うことになったそら。
切なすぎた初恋と違って、二度目の恋は甘々で…??


えーと・・・びっくりするくらい残念な2巻でした。
本当に本当にびっくりしました・・・。

このお話が好きな方、作者が好きな方はネタバレ感想をご覧になるのをお控えください。
私だって作者を応援してたからかなり複雑な心境なんですけど何だか落胆が大き過ぎまして。

読み始めて「あれ?」と思ってラストを先に知りたくない私にしては有り得ないのですが途中でラスト見てしまいました。途中で方向展開したのか予定通りなのか・・・京町さんの作品の中で一番好きじゃないです。


ここからネタバレ▼
(この作品が大好きだ!ラストに全く異存はナイ!と言う方はお控えください。又うっかり見てしまっての批判コメントも勘弁して下さい)





前々から、他の作品とかでも場面転換が唐突だなぁとは感想で書いてましたが連載なせいかそれがすごく気になりました。モノローグが少なくて場面転換も急で登場人物の気持ちの動きも急でした。
主人公の気持ちの動きがストーリーで上手に描けない為にそこだけモノローグで気持ちの説明を「好きだ、好きだ」と、これでもかってくらい書いてましたが場面で表現出来てないので主人公が自分に言い聞かせてるみたいでした・・・。

そして、皆1巻となんか性格変わってない?
ストーリーの流れも変わってない?
結局、何が描きたいの?
と言う気持ちで読んでました。


佑成じゃなくて小出くんラストとはびっくりです。2巻からはその流れで描かれ始めてもう佑成は完全に邪魔なキャラみたいになってました。
ヘタレではあったけど誠実な感じだったのに未練がましい嫌なキャラになってるし最初は小出くんがぽっと出キャラみたいだったし、本当に登場の仕方もポッと出なのに・・・なんか前からずっと主人公を好きだったとか後付の話が増えてきて・・・。
小出くんラストで向かう方向に定まってから皆、性格変わってきてます。
佑成がこんなじゃ小出くんのがいいよねと読者に思わせる為にわざと佑成をヒドくしてるようでした。辛口で申し訳ないのですが2巻の仕上がりに本気で驚きました。
担当さんが途中で変わったのが裏目になってるんでしょうか?

佑成が急にそらに未練タラタラになってたり冴島の彼女に別れろと言いに行ったりとか最後のペンションでの引き際の悪さとか無理やり悪者にされてしまって佑成がなんだか不憫に思えてしまいました。
そしてそもそも小出くんラストにする必要性あったの?という気持ちでいっぱいでした。
小出くんとそらが付き合い出してから一体この作品は何を描きたかったんだろう?ってホント不思議に思っちゃいました。
佑成との見せ場を作って普通に終わってれば良かったのに・・・。
京町さんは佑成が気に入ってたみたいですが前担当さんも今回の担当さんも小出くんを気に入ってたみたいなので、小出くんラストで押されて作ったものの噛み合わなかった?なのでしょうか。
こんなにストーリー崩壊を感じた漫画久しぶりでした。

好みの問題かもしれませんが残念過ぎるストーリー展開やキャラ崩壊にただただ驚き残念に思いました。
初めての連載ではないですけど、他の漫画家さんも連載を持って話が続くようになると思った以上に大変でしたみたいなことを良く書かれてるのできっと作品を書きながら続きを考えていくという作業はすごく大変なんでしょうね。読者は私みたいに勝手なこと言うし・・・。
辛口で書いてしまって不快に思われる方もいて申し訳ないですが私としてはこの作品は個人的には残念だったなと思いますが、次の作品に期待して頑張って欲しいと思ってます。
・・・無理せずに・・・今まで通りピュア路線を続けてみてはいかがでしょうか・・・。


余談ですが1巻と2巻の表紙構成ほぼ同じなのに相手変わってます・・・なんか色々悲しい
    スキ泣キコイ 1 (フラワーコミックス)      スキ泣キコイ 2 (フラワーコミックス)






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

あたわし様

あたわし様の漫画、漫画家さんへの愛情にむしろ、読み流しをしてしまうこともある自分がなんだか申し訳ない気持ちです(^^;

担当さんってやっぱり力があるんですね。
色々と問題があったようなことは確かに聞きかじりますから。
出版社でも違うんだろうし同じ出版社でも雑誌によっても違うんでしょうね。

思春期で読んだ漫画は本当に特別ですよね。大人になって読んで冷静に作品的には「・・・」だったと思ってもやっぱり大切な作品だと思えますから。

京町さんが別のお名前で漫画を描かれていることも知りませんでした!
私はそこまでは遡って読まないと思いますが、今後も普通に頑張って欲しいなと思ってます(^^)

コメントは私にとっては不適切なこととは思いませんので削除は致しませんが今後、あたわし様の方で気になったら削除要請して頂ければ削除致しますのでおっしゃって下さいね。

水樹さま、コメント返しを有難うございます。

当方、マンガは大好きなのですが、誰かと話し合う事があまりないので、貴重なご意見を大変うれしく思います。

あの雑誌は、どうも、編集者が若い漫画家さんをいいように使い倒しているような印象です。今は、漫画家さんも、ブログや、ファンレターの返信などで、仕事がもらえなくなった、というようなことを書かれますので。大手出版社で、作家を育てる気は毛頭ないのだな、という感じがします。

思春期にある少女達の心情に訴える作品が描ける年代、と、作品を書く技量、がシンクロする期間なんて、きっと物凄く短い数年間でしょう。

そんな上澄みを、使い捨てているような感じがします。

見切りをつけて、よその雑誌に移った方は大正解だろう、と想ったりします。

いろいろ書いてしまってスミマセン。
不適切な場合は削除をお願い致します・・・。

あと、京町先生は、以前は、日河まゆき先生として、3冊出しておられるんですね。昨日、ブック●フで注文してしまいました。

毒を食らわば皿まで、です。

「センセイの彼女」が、先生ものの代表作だったんです、わたくしにとって。

次回作の、ご感想を、楽しみに待っております。

他の作家さんのご感想も、参考にさせて頂いております。

水樹さま、更新楽しみにしております。頑張って下さい!

Re: タイトルなし

あたわし様

感想はざっくり書いていたものの自分でも「こんなに思ったままを書いて大丈夫だろうか・・・」と躊躇して少し寝かせてしまいました。
小出くんが好きでこの展開でもいいという人もいるでしょうし。

思えば現に担当さん達が小出君がいいと思っていたようですからね。
実際に担当さんの意向だったかはわかりませんが作者のコメントはどうみても佑成押しでしたよねぇ。
確かに、他の作者の作品でもこの雑誌は担当さんが・・・という話が出てくることが多いですよね。
担当さんが読者ウケを考えたのかなとも思ったんですが、もう本誌の読者対象年齢を大幅に超えてるので今の読者が小出くんみたいなタイプの方が好きなのか想像も出来ません・・・。
でもあしわた様も本誌読者で佑成エンドを思ってらっしゃったんですよね。


> 連載中の本誌のふろくのイラストや、無料配信の携帯待ち受けは、佑成だったので、「ここからどうやって佑成ラストにもっていくんだろう。」と、心配しながら連載を見守っていた事を、付け加えさせていただきます。

このコメントを読ませて頂いてやっぱり最初は佑成でと考えていたんだなぁと改めて思いました。
そしてここまで色々とあり、佑成とのラストを思いながら読んでいたあしわた様の小出君ラストはきっと私よりも衝撃が大きかったことと思います。

私も京町さんのを読んだのは「先生の彼女」がきっかけでレンタルですが他の単行本を読んでみたのですが他の作品はまだまだですが持ち味自体は悪く無いなぁと、なんか偉そうですが思ってたんですが。
次回作が一体どんな作品になるのかと、もはや別の意味でもう少し読んでみようと思います。



水樹さま。2巻の感想をアップしてくださって有難うございます。もう本当に、おっしゃる通りでございます。初めの2,3話で、おおっ、と膝を乗り出した自分が、AFOだったのかなぁ、と思える展開でした。

コミックスの端々に、作者の無念(?)みたいなのが描かれているので、作者も不本意な展開だったのかなぁ。・・・この雑誌はどうも、担当さんが作者に無用な圧力をかけているのかなぁと想ったりしました。

わたくしは雑誌も買っておるのですが、「センセイの彼女」以後は、残念な作品が目白押しなので、そろそろ、「わたくしにとってはあの1作だけがクリーンヒットだったのだ」と、想おうかな、と、想い始めております。

京町先生の繰り出す荒技に、そろそろついて行くのが難しくなって来ちゃいました。

連載中の本誌のふろくのイラストや、無料配信の携帯待ち受けは、佑成だったので、「ここからどうやって佑成ラストにもっていくんだろう。」と、心配しながら連載を見守っていた事を、付け加えさせていただきます。

わたくしも、勝手な事を書かせていただいてすみませんでした!
Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。