スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから俺にしなよ  全2巻

だから俺にしなよ 1 (フラワーコミックス)だから俺にしなよ 1 (フラワーコミックス)
(2008/06/26)
水瀬 藍

商品詳細を見る


【あらすじ】
告白は、メールも入れたら多分100回くらいした。だけど、それって、アイツにとっては、ただの挨拶で。俺はただの幼なじみ。でも、一番仲良しなのは俺だからって…ちょっと油断してたのかな? アイツが俺以外のヤツを好きになるなんて、思わなかったんだ……


うーん、初期ですからね。
遡ってるので仕方ないのですがやっぱり遡る程に面白くないです。
というか、これは結構・・・。
テイストも今と違うし好みじゃないです。
好きな方には申し訳ないですが個人的に好みじゃないストーリーでした。

基本純愛だそうですが、まだ少コミのエロ時代の名残があるというかエロを入れるのが当たり前の時代だったのでしょうか。

ここからネタバレ▼




主人公・陽菜が幼い頃住んでいた町に戻ってきて幼馴染の奏多と再会したところから始まります。
奏多は陽菜が大好きで大喜び。昔の陽菜の知る限りでは奏多は可愛くて弱くていつも自分には勝てないと思っていたら・・・。

これを読んであさぎり夕さんの「あっぷるどりいむ」を思い出す自分が嫌でした。
全然違うんですけどなんか「実は番長」設定で頭に浮かんだだけですが・・・。
純愛っていうならあっちですよ。私なら小学生にはコチラより「あっぷるどりいむ」を読ませたい。
状況的にあっちは古くて入手困難でしょうけど。

陽菜は奏多とは違う高校へ行きますがそこで秀悟に出会います。そして自分のことを知ってるような周囲の反応に戸惑う陽菜。
実は奏多は周辺でも有名な暴走族のリーダーで学校の番長になってました。更に奏多の彼女が陽菜だという噂があって。陽菜は奏多と敵対する学校へ転校してしまい学校の番長である秀悟に付け狙われますがなぜか陽菜は秀悟に惹かれてしまい・・・。

全体的にに共感も好感も持てなくて残念でした。
秀悟は陽菜と知って突然、お腹を殴って気絶させたり(少女漫画で今時やるか!?)
そんなことされた秀悟に陽菜は惹かれて止める奏多を振り払って着いて行ってたら騙されて秀悟の仲間達にレイプされそうになって。本来ならば「秀悟が好き」と言って秀悟の車で去ったにも関わらず、それでも助けに来てくれた奏多に感謝すべきところだと思いますが。

その後、奏多の事好きになったから付き合おうと言ったものやっぱり秀悟が忘れられないという陽菜が奏多を振り回し過ぎていて結局なんだかんだで秀悟と結ばれるんだろうという展開は読めるものの陽菜にうんざりしてきました。特に奏多が好きだったわけでもないけれどさすがに奏多が可哀想に思えました。

作者としては純愛だそうですが・・・どこが!?
とずっと思っていました。
ですがこの感想を書いていてあることに気付きました。最初の「あらすじ」は引用させてもらったんですが奏多視点になってるんですね・・・。
そうか奏多の純愛だったのか!
もっといい子が見つけた方がいいよ!

そうそう、秀悟は高校生だけど無免で高級車を運転して学校へ通学してたりまたも盛り過ぎの謎設定がありました。自分で車運転してくる高校生って一体・・・どこに止めてるんだろう。(一番の問題は無免ってことなんだけどそれより通学にマイカーってのが・・・)
彼の家がお金持ちで家族に色々ありそうだったりって描写もありましたが2巻終了と謎は謎のまま終わりました。
ホントに初期だから設定浅かったりは仕方ないのですが・・・水瀬さんもこのテイストだったのか~とちょっとガッカリでした。


まぁこの集団と帰りたくない気持ちもわかるけど・・・
画像 061






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。