スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片恋電車

片恋電車 (フラワーコミックス)片恋電車 (フラワーコミックス)
(2012/03/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る



星森さんのこの「片恋電車」の表紙が素敵だったのが読んでみようと思ったきっかけだったんですが・・・。先に借りた2冊は甘すぎましたがこちらのほうが爽やかでした。
こちらは増刊じゃなくて本誌なんですが、最近のsho-comiは純愛路線で狙ってきてますね~。ちょっと前は「今日恋をはじめます」的な初期パターンの感じが多い気がしたんですが最近は「なみだうさぎ」的なテイストが多いですね。

特に新しさは無い純愛ネタですがこういった王道は嫌いじゃないです。まだまだだなぁ~と感じる部分はあるんですが作者さんがこの調子でベタを丁寧に仕上げて欲しいと思います。

ここからネタバレ▼





舞台が鎌倉で江ノ電に乗って通学という設定も好きでした。通学中に素敵な男子が乗っているなんて憧れますね。私は毎日決まった時間の電車に乗ってなかったので同じ人と毎回一緒になるって事とかも無かったです。でもなぜか「もう遅刻だ!」って時に乗り合わせてるのはお馴染みのメンバーだったりしました。「とりあえず降りたらダッシュネ!」って感じで・・・。

主人公がいつも同じ電車に乗り合わせる別の男子校生が好きで、色々な偶然で仲良くなり思わず告白してしまうのですが答えはNOで・・・。それでも彼は今までどおり避けたりせずに接してくれます。
彼の態度に色々とモノローグで説明付けする心情表現をしたりと表現が少しずつ上手になってきてるなぁと感じました。何で上から目線だよって感じですが。
振られても、どんどん距離を詰めていく感じや彼は断ったけどまるで主人公のこと好きなんじゃ?ってくらいの優しい態度だったりで、切なさの出し加減は難しいですね。

でも少しずつ彼が主人公に惹かれて行ってるような描写とか距離の縮まり方や、仲良くなればなる程主人公の方がツラクなっていくというのは好きでした。

全体的な流れの中で一番好きだったのが彼が主人公に告白した時のシーンです。彼が前カノの時は告白されたのが嬉しくて付き合ったけど自分が彼女を好きかわからず結局傷つけてしまったと。
最初に主人公が告白した時に彼は主人公のことよく知らないし・・・って理由で断ったのですが、なので彼が「今度付き合う子は自分が好きになった子と決めてた」と彼から告白したんですがこういう最初に断った理由にもなるほどって気持ちになれて最後もなんか綺麗に落ち着いた感がいいですね。

星森さんは私から見るとまだ全体的にはストーリーがボケてるんだけど、どっかに1つくらいツボを押される部分があって頑張って欲しいなぁと思ってます。多分テイスト的に大絶賛に行くことないとは思うけど・・・。

他1篇ありました。
他の作品でも思うのですが男性が主人公を好きになった理由がきちんとあってそれが丁寧に書いてあるのは好感度高いんですが・・・なぜか主人公が男性を好きになる理由が適当ですね。顔とか顔とか顔だったり・・・。

画像 005



にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

まさ様
 
はじめまして、コメント有難うございます。
ラブコメ私も大好きです。
私はこの作品の表紙が素敵で手に取ったのですがカルピスがそんなに出ていたとは気付きませんでした!作中で出てくる飲み物がカルピスだったんですね!?
爽やかな作風に合わせたからなんでしょうか(^^)

ブログ感想は超個人の好みで書いてますがご参考になれば幸いです。

はじめまして。
私は20代男性ですが、最近恋愛漫画(ラブコメ含)にハマっております。
男性向けの作品を主に読んでおりましたが、TSUTAYAさんでこの本を見つけ、立ち読みしたところ非常に王道で気に入りました(笑)
カルピス非常に出てきますよね、この作品(笑)

他の記事も読ませて頂いて、次のマンガを読む参考にさせていただきますね☆
Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。