スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二秘色のパレット  全6巻

十二秘色のパレット 第1巻 (花とゆめCOMICS)十二秘色のパレット 第1巻 (花とゆめCOMICS)
(2004/11/05)
草川 為

商品詳細を見る


【あらすじ】
世界一美しい羽根を持つ鳥たちと色彩の魔術師「パレット」が住む都・オパル。触れたものから色を奪う特殊技能者=「パレット」の養成学校に通う少女セロは、ペアを組んでいた鳥・ヨーヨーを何者かにさらわれてしまい…!? スーパーカラフルファンタジー☆


草川さんは独特の世界のお話が多く、こちらも不思議なお話なんですがパレットの技法がイマイチ理解出来ませんでした。鳥の色を移すはわかるんですが思い浮かべた色を作るとかねぇ。パレットだから混ぜるってことなのかと思ったり。
まぁ途中からは、やわらか頭でアバウト解釈なまま読んでました。

草川為さんはラブが薄いのですがストーリー作りはお上手だなぁと思います。
正直、最初の1,2巻は読んでて苦しいと思うこともあったんですが、私にしては珍しくキュンポイントがラブじゃなかったです。読んでてヨーヨーとオルガがメインの話の方がなんだか面白かったんですけど・・・。ほんと不思議ですね。


ヨーヨーやオルガのキャラのがむしろ立ってる!?
画像 2824


ここからネタバレ▼





秘色が魔法でパレットが魔法使いみたいなもんだと思えばいいんでしょうね。物語は南国が舞台なので全体的にノリが明るく秘色を使いこなせなくて失敗ばかりのセロが色を自分の体に着けてしまいそれを戻してくれる校医のグエとのほんのりラブ。
恋愛面が薄いのはララDXらしいテイストですがちゃんとキュンポイントがあったりするから嬉しいです。個人的なポイントなのですが、男性が無意識だったりでもほんのりヤキモチ妬いたりってのがいいんですよ。そしてセロは天然ってのも王道だけど。

まぁヤキモチといえばグエル先生の鳥オルガにはかないませんけどね。
3巻でのセロとグエルを近づけないようにする為にはセロが実技で失敗しなくなれば校医室に行かずセロとグエルと接触せずに済むと考えて、ヨーヨーと二人でセロにスパルタになるんですがその鳥のスパルタ振りが可愛くて面白かったです。
小さい笑いがあってそれがどれも私の中ではオモシロ可愛いなぁと思いながらゆるーく読みました。

画像 2823

今までセロがグエルの気持ちに気付かなかったけれど最後に一気に間を詰めるってのが天然ヒロインテイストには多いんですがこちらは割とセロも少しずつ好きって気持ちに気付いていたので、一応先生とだしゆっくり進むのかなぁと思ったら最後は思った以上にラブ度上がりましたね。
この二人のお話の場合は最初の感じからしてグエル先生が先に主人公へ好意を抱くというのがちょっと意外だったもののセロがグエル先生を思い続ける話よりは確かに読みやすいかも知れないと思いました。

ヨーヨーがおどおどしている表情とかが本当に可愛くてオルガに頭擦られてハゲさせられたりしてたのに最後に修行に出て勝利した所とかホントなぜか鳥達のお話のが私には楽しかったです。
あ、勿論一番はセロとグエルの二人の話ですが。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。