スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリ 全10巻 & Extra

サプリ (1) (FC (335))サプリ (1) (FC (335))
(2004/06/30)
おかざき 真里

商品詳細を見る


当時、ドラマ自体にはあまりノレなかったのですが、漫画でもちょっとノレ無かった。作品として秀逸だという意味では面白いと思うのですが何度も読みたいと思わないし気持ち的にもあまり良い気持ちになれない漫画ですね、おかざきさんの漫画は。

【あらすじ】
恋と仕事と。真面目過ぎたり、一生懸命過ぎたり、社会人しながら女するっていうのは何かが過剰になってしまう、気がする。


ざっくりといってしまえば・・・普通のキャリアモノ漫画よりも女性の面倒くさい感情テンコ盛りの漫画でした。
共感出来る部分もあれば、だからあえて言われたくないと抉られる部分もあったり、言われなくても判ってるよ~と漫画に突っ込みたくなったり。自分も面倒くさい女なんだなぁと再認識します。というか、女って面倒くさい生き物なんだなぁと。

みなみのモノローグも女性ならではの、あまり綺麗な感情ではない、めんどくさ~い感情を「それはね・・・」と敢えて丁寧に説明してくれている感じです。


ここからネタバレ▼




実際におかざきさんが広告代理店にいらっしゃた経緯があるだけに漫画を読んでいても細かい仕事があって大変なんだなぁと業界のことは全くわからないながら説得力のある仕事風景でした。

働く女性の仕事に忙殺されて女としての何かが失われていく感覚とか女性ならではの視点で描かれています。でも結局皆仕事も恋も手に入れた女性達のお話なので最終的には漫画だなぁという気持ちにもなりました。

そして「女性特有」の気持ちを敢えて前面に押し出したモノローグ。
これが共感と共に近親憎悪みたいな気持ちにもなります。なんかあえて漫画に描かれたくないなぁみたいな不思議な感じ。

安野モヨコさんの「働きマン」を読んだ時には男性中心の職場の中で男性になめられたくない主人公の葛藤という描写の為あまり登場人物のドロドロな気持ちを感じなかったんですがこの作品は本当に絵は綺麗でサラリとしてるのに描かれているのは女性的なドロリとした部分が多いです。
考えて見れば仕事中もプライベートで飲んでる時も女子会のごとき女性同士で会話してる場面ばかりでしたね。仕事や恋愛哲学みたいな会話ばかりで日常会話的なセリフもあまり無く徹底して女部分の表現に限定されていた気がします。

仕事の描写もミナミが一生懸命仕事をしている描写が現在の「&」よりもキャリア的な面でも多く描かれているのですが同僚の髪型やネイル、アクセサリーにチェックを入れていたり細かい面でも名言のセリフやモノローグも全部女性ならではの視点を押し出した作品だなぁと思いました。

水原の死はとてもショックだったかもしれませんが、途中から出てきた人物だった為びっくりしたものの周囲への自分達の今後を考えさせる為のアクションだったようにも思えました。ただ作者がExtrで死を描きたかったとあったのですが・・・それの為にしては少し中途半端にも思えたけれどガッツリとテーマとしておかざきさんが描いたら大変な重さになりそうです・・・。

仕事を一生懸命して恋もあきらめず両方の行き着く先が結婚というのはキャリア漫画だったら微妙だけど、これは結局のところ仕事だけでも恋愛だけでも満足できない女性の本音が描かれてるんだなぁと思います。
ミナミが最初から割と流されやすく厄介な事情を持つ男性ばかり引き寄せてしまうものの結局はすべて相手から来てそのまま付き合っていくというパターンだったので最後に自分の意思できちんと佐原と別れ子供を産もうとするいう部分を見せられて良かったと思います。色々あった割にラストは急にまとめに入って終わった気もしますが綺麗に終わりましたね。

好きかどうかとか、面白いかどうかという見方ではなく・・・漫画としては、表現が素敵だなぁとか絵も綺麗だなと思うものの私は漫画は娯楽として読みたくて夢中で読んで読後感スッキリが好きなのでその点ではちょっと苦手分野でした。勿論考えさせられる作品とかも好きですが。
なんか一気読みだったので胸ヤケしたような感じ?あとちょっと「女とは・・・」みたいな価値観を押し付けられてるような気分にもなりました。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。