スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴんとこな 7巻

ぴんとこな 7 (フラワーコミックス)ぴんとこな 7 (フラワーコミックス)
(2012/06/27)
嶋木 あこ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~6巻


【あらすじ】
ついに恭之助、初の女形をつとめる舞台の幕があがった。自分の中に掴んだ”お光”を全身で演じる恭之助だが、
ヤル気のない共演者・竹太郎との不協和音が続く。やきもきする恭之助だが、竹太郎には、本気になれない理由があった。一方、婚約者・優奈にちらつく他の男の影に苛立ちを感じる一弥。歌舞伎界での後ろ盾を手に入れるため、と自分の感情を押し殺そうとするが…。さらにはあやめの心の中で恭之助が徐々に大きくなってゆき…!?


今巻は全体的には明るい展望のお話でした、後半からちょっと含んだ内容になってましたが。一弥にはなんだか出生の秘密がありそうですね。実際には一弥のお父さんになるのかな。

今回は恭之助とあやめの進展が微笑ましい感じに進みました。
一難去ってまた一難です。


ここからネタバレ▼




着々と成長してくる恭之助を周囲も認め始めます。
彼の成長を見てあやめも涙。あやめが話し込んだお婆さんは一弥のおばあさんだったんですね。おまけに身を引いたという相手は恭之助の祖父?って事は一弥のお婆さんが先代の子を産んでたとすると二人はもしかして血縁的には従兄弟?歌舞伎界と隠し子は切っても切れないのかしら。

優奈は早くも花嫁衣裳を考えてます。高校生だしまだまだ先だし気が早いんじゃって思うんだけど女の子なので年齢関係なくお嫁さんに憧れちゃって衣装を考えたりは仕方ないですね。
キスマークを見て優奈が他の男とも寝たのかと思っている一弥はそんな優奈を冷めた目で・・・怖い。
結局一弥の気持ちはどこへ向かうんでしょう・・・恭之助?(笑)
他の男性の影を優奈に見て自分が思った以上に優奈を好きだったと気付くのか、やっぱりあやめを忘れられないとなるのか・・・。
もし一弥と恭之助が従兄弟になって引き取るってなったらもう優奈と結婚しなくても良くなりますしね。この作品は歌舞伎以外のところでは、どう転がしてもドロドロ仕上げになりますね。
恭之助のキャラが楽天的というかポジティブなのが救いです。

あやめの生活に見兼ねた恭之助があやめと同居。あやめは少しずつ恭之助に・・・でも自分は気付かない。

画像 2729


恭之助はあやめと同居し、もしかして自分に気があるかも?と感じ浮かれすぎて歌舞伎の稽古そっちのけで芸事を疎かにし始めます。その様子を見て一弥はあやめすら邪魔かも、と思い始める。

そんな中、恭之助の父親が倒さを無くなったら御曹司だってどうなるかわからない。」
そうですねぇ。立場逆転になるんでしょうか。
こちらも長くなりそうですねぇ。
頂点みたいなものが無い世界だと思うのですが最終的に一弥が何を目標にしているのかが明確に見えてるともっといいのになぁ。

歌舞伎の為ならあやめすらも・・・?
画像 2727



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

海 様

はじめまして。
ご指摘有難うございます。
本当ですね!
気付きませんで申し訳ありません。
思えば自分でも読んでて、どっちがどっちかわからなく時があるんで普通に間違えてしまいました・・・。

通りすがりですが、文中「恭之介」と「一弥」、「あやめ」と「優奈」が逆転してます・・・
Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。