スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロイン失格 7巻

ヒロイン失格 7 (マーガレットコミックス)ヒロイン失格 7 (マーガレットコミックス)
(2012/06/25)
幸田 もも子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~6巻8巻9巻10巻

【あらすじ】
あの弘光が、クリスマスプレゼントに手編みの手袋を! 中島が利太のことを気にしだしたことに気持ちを乱されたが、はとりは弘光一筋でいくことを決意! そして冬休み。弘光の従妹・萌の提案で、はとりは、弘光・利太・中島たちと一緒にスノボへ行くことに! ところが、この旅行中に、はとりの気持ちをグラつかせる事件が…!?


中島と利太はどうなるのか?と、思ったら割と何事も無く友達に自然に戻ってしまいました・・・。
そして萌。そんなに中島達と仲良かったっけ?
でも足立さんが全く出てこなくなったのでここらで新しくキャラ加えるよりは友達として色々話す相手が出てくるって感じで良いのかな。

今巻ははとりが自分の気持ちにアレコレ理由付けして考えてる感じで進展は遅いけれど、利太の新たな決意表明がありました。

作品としては折り返し地点に来たそうです。そろそろ終盤かと思いきやまだまだ波乱が続きそうですね。




ここからネタバレ▼




はとりは「利太と中島、つきあっちゃってもい~よ。」と中島に。
そこへ萌から持ちかけられた旅行に皆で参加することになり、中島と利他がくっつければ自分は弘光に専念できる、と。もはや利太は邪魔者でしかない。
はとりよ・・・本当にヒドイ奴よ。
そして、はとりからの誘いを友達のいない自分を心配してくれたんだと思う利太よ。。1巻のリタを思い返すとなんだか泣けてくるよ。

ゲレンデでもはとりはずっと弘光に「大好き」と言ったりイチャ付いてるんだけど弘光の方がなんだか空回ってるはとりの思考に気付いてます。はとりって自分のすることや「こうするべきだ!」と言う思い込みが激しすぎて自分の気持ちには鈍いのかな。


それを見透かしている弘光ははとりが弘光に甘えてくれば来るほど「その場しのぎで機嫌だけとろうとしないでよ」と。すごいですねぇ。ホント。相手の気持ちに敏感なせいか余裕が無くなってるんだろうけど。弘光は中島と同じタイプなんでしょうね。周りを見て相手がどういう気持ちで行動してるかと察するんでしょうね。

正直でよろしいかと・・・
画像 2678

読んでてはとりが、自分の事をこれだけ思ってくれてる弘光を裏切るのは悪いからって自分に思い込ませてるようにも見えてきてますね・・・。

でもいなくなったはとりを心配した弘光が「このバカ!」って怒ったのがちょっとツボでした。(私、M?)

この旅行ははとりと弘光の絆を強めたけれど、それだけではなく・・・。

そして利太もはとりに対してあきらめないと。すごい、いいとこで続いてますよ。久々に利他かっこよかったですよ。久々っていうかもともと、あまりカッコいい場面が無いんだけど。
今後は利太がはとりを振り向かせる為の巻き返しがあるってことなのかしら。
ヒロイン失格といいつつ気が付けばイケメン二人からの逆ハーという立派な少女漫画のヒロイン状態ですよ。
本人の性格ともかく環境だけは。


読みきりが1篇ありました。
最初は、単に設定がちょっと好みじゃなくてなぁ~って思ってたんだけど最後の幼馴染の言った守ってくれるセリフが良かったですねぇ。付き合ってない状態の幼馴染に言われるなんて嬉しい。


こんな年明けイヤ
画像 2680




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: ♡

ハサミ 様

コメントありがとうございます。
返信がおそくなってしまってすみません。

「ヒロイン失格」は少女漫画のヒロインとしてとても新鮮は漫画でした。
新連載をまったくチェックしていない現在ですが、ブログ再開を機に読んでみたいと思います。

ヒロイン失格面白いですよね〜☻
もう新連載はじまったけど(>人<;)
Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。