スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキ泣きコイ  1巻

スキ泣キコイ 1 (フラワーコミックス)スキ泣キコイ 1 (フラワーコミックス)
(2012/06/26)
京町 妃紗

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻

【あらすじ】
カフェ「nanala」で働く大学生の佑成に片想い中のそら。
ただ見ているだけでうれしい恋だったけど、ある日をきっかけに、そらと佑成は急接近!だけど、佑成にはほかに好きな人がいた…。ショックは隠せないけど、いつかはふり向いてほしいと願うそら。「妹みたいな友達」として、佑成のそばにいるけれど…!?


初めての巻数が付いた単行本だそうですね。
もう終了しているそうなので2巻が今月発売だそうです。私はもう少し行くかなぁと思ったんですけどね。

最初の方は結構好きだったんですけど。
京町さんの作品では「センセイの彼女」が一番好きなんですがその路線っぽいなぁと思ったし。ただ、なんかパンチが弱いんですよね、男性キャラの・・・。

ここからネタバレ▼





主人公そらはカフェで働く佑成が好きでやっと仲良くなれたと思ったら彼には片思いの女性がいるらしく、つい応援してしまう。そらの恋をお姉さんは応援してくれますが、お姉さんも彼と上手くいってなくて自分の事をすごく思ってくれる人がいて悩んでると聞きそらは、思ってくれてる男性にしなよ・・・と。そしたらその男性が佑成だったって話です。

ライバルがお姉さんって・・・京町さんは読んでて話は古くないんだけど題材が古いとこから持ってくるよね。
お姉さんの本当に好きな人は彼女がいるんだけど、それも昔ケガさせて後遺症が残ってるから別れられないとかネタが結構昭和です。と、言いつつ私は結構好きだったんですが。

ただ短編の時から思うのは話の持って行き方が不自然なんですよね。当て馬の小出くんの登場がかなり唐突だし、いきなりそらに絡んできて急接近して急に仲良くなる。その間ヒーローご無沙汰状態で全然佑成の出番がないし、そらも小出くんでいいのかなという感じ。ページの関係とかもあるんでしょうが何事も唐突過ぎて引き込まれない部分もあるんですよね。
テイストが水瀬さんに似てるので純愛路線でいけるんじゃないかと思うんですが水瀬さんは友達とか脇キャラを使って話を膨らませる小技が上手なんだなと思いました。

途中でもっと佑成が出てお姉ちゃんと一緒に過ごしててもそらの事を思い出してしまうような描写とかを読者は見たいと思うんだけど・・・。久しぶりに登場してきっちりと主人公を振って去るヒーローの姿なんて見たくないです。佑成を誠実な人にする為にきちんとそらを振ったと思うんですが佑成がお姉ちゃんにマジ過ぎて嫌になる読者もいるんじゃないですかね。

そして知らない間にお姉さんは本命と会ってるしで、そんなヒーローに素敵!とは思えず情けなさと少しの同情を持ってしまいました。

きっと描きたかったのは主人公の切ない片思いだと思うのですがヒーローが主人公を振って浮気されてるなんて少女漫画では言語道断ですよ。これが佑成もお姉さんに好きな人がいるのは知ってるけどそれでもいいんだって描写入れてくるならいいんですが喜んでる姿見ちゃうと逆に哀れに見えてくる。

少女漫画でオレ様キャラがウケるのは、恋愛に憧れてるんだけど自分からじゃなくて男性に引っ張って欲しい!という乙女願望があるからじゃないかと思います。そう思うと誠実だけが売りって感じで何か弱かったです。

番外編のお姉ちゃんの話を読むとお姉ちゃんの印象もまた変わって良かったです。これを読むと普通にお姉ちゃんは佑成ではなく、いかに本命の冴島が好きかがわかりそちらを応援したくなるんですがそう思うと益々佑成が何だったんだろうって気にもなりますね・・・。

画像 2665
本当はヒロインの純愛を描きたいんだというのは伝わります






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

あたわし 様

はじめまして、コメント有難うございます。
私も京町さんを好きになったのは「センセイの彼女」を読んでからなんです。
こちらの作品はちょっと今までのテイストを打破しようと思ったからなのかわかりませんが後半から違った方向へ行ってしまったように感じまして・・・。
私も本当に残念でした。2巻の感想実は下書き状態なんですが結構辛口になってしまいました。
コメント返信で書くのも変ですが好きな方には申し訳ありませんってくらいです。

はじめまして。楽しく拝見しています。
私は京町先生を「センセイの彼女」で知りまして、大好きになったのですが、この作品は、好きだけどどうも違和感が・・・。単行本でまとめて読むと瀧さんが気の毒すぎるような感じがしていたのですが、水樹さまが、こちらではっきりと書いておられることに非常に共感致しまして、すっきりしました!ありがとうございます!

2巻の感想も楽しみにしております。

Re: タイトルなし

そうですね、作品どうこうではなく完全に私個人の好みで感想を書かせてもらっておりますので・・・。
1巻は私も好きでしたが最近2巻読んだたら私にとっては残念な展開でした。
2巻の感想は辛口になってしまうと思いますので、お気に触ったらごめんなさい。

面白かったです
Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。