スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前3時の危険地帯 全4巻

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)
(2010/05/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

シリーズ前作の感想⇒「午前3時の無法地帯」
シリーズ番外編の感想⇒「午前3時の不協和音」


「午前3時の無法地帯」の続編ですが職場は同じパチンコのデザイン会社ですが主人公は新人のたまこになってます。

【あらすじ】
自信ナシ!色気ナシ!!恋愛経験ナシ!!!
そんなたま子が、曲者だらけのパチンコ専門デザイン会社に思いがけず入社、受難の日々がいま始まる――!
デビューコミックスで、いきなり 『このマンガがすごい!2010 オンナ編』 の第8位に入った 『午前3時の無法地帯』 の2ndシリーズ第1巻。



前シリーズよりこちらの方が好きでした。
恋で仕事が手に付かなかったり割と勝手気ままに振舞ってたももこが主人公でしたが今回は恋に奥手で不器用なたまこが主人公。少女漫画キャラですね。
ビジュアルは地味キャラですが別に気になりませんでした。
男性キャラも多賀谷さんがあんまりタイプじゃなかったので。

一番好きだったのは堂本さんです。前作で真野とのことが描いてあってもう大人のカップルって感じなんですが大人カップルならではの危機を迎えていて。



ここからネタバレ▼





そうだ、真野ちゃん会社辞めちゃったんだっけ。と・・・忘れてました。
今回はももこが一番全体の状況を把握して立ち回っていてと、ももこの奮闘振りも見れました。
たまこは、この会社に元々入りたくなかったし望まれてもいない状況と今回も自らの意思で入ったわけじゃないという設定。ただ堂本が別の子が良かったと言ってるのを聞いてショックを受け、更に聞かれてしまった堂本がたまこに気を使って優しいから男性に免疫の無いたまこは堂本に惹かれてしまいます。

ももこがそんな状況を見ては堂本は真野ちゃんと付合ってるからあきらめさせなくちゃとか。ももこにとっては知り合ったばかりのたまこよりもお世話になった真野を応援したくなるのは当然なので仕方ないことです。
そんな桃子が次第にツラそうなたまこを見て自分に相談してくれればいいのにと思うようになって。真野と3人でご飯食べてたまこが落ち込んでる時に真野ではなく、たまこ(の面倒)で精一杯です~と真野をフォローし切れずたまこを連れ帰った時は桃子が先輩として成長してるなぁと感じました。

堂本タイプが私も一番好きです。堂本もヒゲなんですけどね。
あの職場にいて上司が堂本だったら堂本さん好きになっちゃうよね、と言う感じで。特に社会人になると仕事出来る人がかっこよく見えるちゃいますよね。
堂本なのか?宮下なのか?とどちらに行くんだと思わせてたのは「好きと憧れは違う」これを言いたかったんでしょうね。堂本は憧れだから真野という存在がいて「二人」だからこそ安心して「対象物」として思っていられたのにと。
堂本はももこの時よりたまこに気を遣ってるし堂本がたまこに行っちゃう?と不安になりましたけど真野ちゃんとうまくいって良かったですね。ねむさんの出す男性は強気に見えて女性にどこか委ねたがってるような弱さも見える部分がある人が多いかな。


アキホは宮下とやっと付合えたのに信じてもらえずちょっと可哀想でした。アキホが信じられないのではなく宮下は自分に自信が無いからアキホから思ってもらえてるか不安で。
宮下は元デブでやせてからモテたという部分がここで上手に使われてますね。最初はモテてたまこを馬鹿にしていたのに意外と人が良くてたまこの不器用な部分を自分のコンプレックスと投影して理解してくれてます。

画像 2631

告白をスルーされたたまこがショックで実家まで帰ってしまう奇行は極端ですがそれを追いかけてきた宮下はスゴイです。これを普通に好きじゃない人にされてもツライだけですが。たまこも宮下のこと好きなのにそれでも付合うのは嫌なんて。あのセリフは本当にキツイなぁと思いました。
宮下には本当に刺さる一言ですね。
でもたまこがそれでもやっぱり宮下が好きだと気付き・・・。
何事も自分の本心に気付くのが遅かったたまこでした。

画像 2635
ここで上手くいってれば話は早かった










にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。