スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前3時の無法地帯  全3巻

午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)
(2008/12/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

シリーズ次作の感想⇒「午前3時の危険地帯」
シリーズ番外編の感想⇒「午前3時の不協和音」


【あらすじ】
イラストレーターを夢見るももこが就職したのは超多忙なパチンコ専門のデザイン事務所。言動がヤクザ的な営業マンや夜中に脱いじゃう男のデザイナーなど、社員はかなり個性的。徹夜続きで家にも帰れず…。充満するタバコの煙のなか、女子力は下がる一方でふと思う…『あたし、なんでここにいるんだろう?』。



社会人になったばかりで「嫌だ、辞めたい」と思っていた会社にも少しずつ慣れてきて同僚の先輩達に助けられながら恋に仕事に悩む主人公のももこのお話です。

ももこにも多賀谷にも、どこか気持ちが入り込めない部分はあったのですが物語は楽しめました。ももこみたいに社会人に成り立ての人の方が共感率は高いかもしれませんね。



ここからネタバレ▼





あまりに忙しくて無秩序状態の会社で午前3時に仕事をしているのは当たり前。会社で頭洗ったり下着姿でウロウロしたりの状態に耐えられないももこがいずれ同じように・・・。

こんなハードな仕事場じゃなくても、社会人に成りたての頃って「え?こんなことするの?」って会社の規則とか仕事とかあったりしますよね。少しずつ自分も慣れて来ちゃって、新人が入って動揺してる姿を見て「私も最初はこうだったよ~」みたいな気持ちになるのって社会人になると誰もが感じるんじゃないですかね。

同じビルで出会った多賀谷と仲良くなって少しずつ会社に来る楽しみが出来てくる。怒られて落ち込んだり、褒められて喜んだり。こんな仕事がしたくて入ったワケじゃないと思っていたももこが仕事ナメるなって言われてドキリとしたり。この辺は今更というか当たり前って感じに思えますがどの仕事でも共通してる部分なので読みやすいですね。

多賀谷が結婚してることを桃子以外の職場の人は全員知っている状態で皆が知らせるべきかアタフタしたり桃子が知って落ち込んでるのを皆が慰めてる部分は皆本当に優しいなぁと思いました。
正直、ももこは自分の精神状態が仕事に影響出過ぎていて新人だから仕方ないですけど、それって社会人としてどうよって感じだし。むしろ仕事にならないももこへの対応とか周囲が優しくて、ももこは会社の人に対して結構な態度の時もあったけれど皆に感謝した方がいいよねって部分が沢山ありました。

絵が可愛いせいもあって殺伐とした職場や罵声を浴びせられてるシーンもほのぼの見られます。仕事の話としてよりも恋の話がメインなので恋をしていれば無法地帯の職場でもなんとか乗り切ることが出来る!そして「こんな職場」と思っているようで実際には自分は職場の人達に支えられて仕事をしているという感じでした。

ももこが周りを見て仕事への意識が変わってきたり失敗して怒られても責任を負っているのはあくまで別の人だったりとか。仕事をし始めの人やこれから仕事をする人にいいのかも知れませんね。ただフィールヤングの漫画は普通の少女漫画みたいな理想系の男の子との恋話じゃないのでそういうのが好きな人にはモヤッとすると思います。あと値段高いし。

恋の話もいいけど多賀谷のバックグラウンドもそうだしあまり好みじゃないタイプだったのが残念。なんかノリが体育会系っぽい感じで。ヒゲ駄目なんですよね・・・でもねむさんの漫画ってヒゲの人多いんですよね。

自分が先輩に言われたことを入ってきた後輩に言っちゃうってのは、ももこが成長したなぁと言うよりまだ青いなぁって思えてしまうけど、これって2年目に後輩が入ってくると妙に先輩振りたくなる気持ちでわかります。


会社の愚痴はせめて会社の外で・・・
画像 2511






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。