スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンペスト 1~2巻

テンペスト(1) (KCx ITAN)テンペスト(1) (KCx ITAN)
(2011/08/05)
阿仁谷 ユイジ

商品詳細を見る


予想GUYでした!!
ってCMありましたがまさにそんな感じでした。

【あらすじ】
この世界で<男>とは、もはや幻の化物(ルビ/モンスター)。西暦2012年、太陽系に発生した磁気嵐群(ルビ/フォトンベルト)の影響で、地球上のヒト科のY染色体は絶滅。残された人類は、卵子同士での生殖に成功。地球は女だけの新たな世界に生まれ変わった。だが、運命の西暦3992年。安斎・Y・姫、誕生。<彼>は、世界にたったひとりの男性となった――。


ファンタジーなので全体的に現実離れした世界なのかと思ってたら未来の現実社会のお話なんですね。
もっと世紀末っぽい話かと思ってました。
女性だけの世界に希望の男子!
滅亡するかと思った世界の救世主!
と、言った話かと思っていたらむしろ女性だけで成り立つようになった世界の中で必要とされなくなってしまった男性はもはや異端児。
世の中がそんな意識の中で生まれたことによる本人の存在意義の困惑と言った感じです。

勝手に貴重な男子を超特別待遇な話なのかなと思ってたので予想GUYだったなぁと。

今日ニュースで見たんですが京都大学の研究でiPS細胞から卵子を作製してマウスが子供を産むことに成功したそうです。すでに精子の作成にも成功してるそうなのでこの漫画の話もあながち実現出来ないことでもないんですねぇ。
人類ってスゴイ。



ここからネタバレ▼





女性同士で子供を生める現在。
姫が女性のふりをしていた時はコウにお互いの子供を産もうと言われてきた二人。
姫はコウに自分が男性である真実を告げます。彼女ならきっとわかってくれると。けれど、コウは姫を拒否して去っていきます。

コウは今まで愛してた分、裏切られたというショックが大きく姫を憎み出産義務の無い中央研究所へ。
そこには実は姫もいて地下で仕事をしている為、キリエ以外に姿を知られてません。
そこで女性が最近短命である研究と共にこのまま人類の絶滅を防ぐためにはSRY遺伝子を作らなくてはいけない。過去の凍結精子を手に入れる為に乗り込んだコウは通信で「モグラ」である姫と会話を。
姫は姿を隠したままで束の間、コウと会話を楽しみます。
愛しさと切なさと心強さと。
・・・。
どこか百合のような匂いのする雰囲気の作品です。

コウはその後、救出されるもキャリア地区へ入ってしまった為隔離されてしまい・・・。
中央での出産義務が回避される理由は研究として自分達の体を受精・出産に使用する任務が下ることがある為だったのです。姫はキリエから溺愛されていて自分の子供を産ませたいということでリストから除外されていますがそのほかのメンバーは受精?することに・・・。

作者の作品を読んだこと無いんですが先が読めない感じの作品ですね。
男とバレたらどうなるんだろう?というのも含めこの世界の未来も色々と複雑そうです。
コウは憎んでいるものの、姫を好きだった自分のやり場の無い気持ちがまだ残ってそうですから結局結ばれるの?と思ったんですが出産とか色々設定自体が今迄無い話なので予想が付かないですね。結ばれて終わりになるってワケでもないし。何をもってラストへ向かう話なのか。というか、話はもっともっと複雑に広がっていきそうな感じです。


巻末は自作パロディの番外編が入っていてシリアス続きに一息つけますが結構気になるところで終わっていたのでもっと読みたかったかも。ただでさえ冊子薄いので。
でもこちらは内容が色々複雑そうなのでまとめて読みたいなぁと思いました。


こんな事を言うキリエも姫が男性だと知らず・・・
画像 2519



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。