スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーゼロッテと魔女の森 1~2巻

リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)
(2012/04/20)
高屋奈月

商品詳細を見る



【あらすじ】
東の東の東の果て。辺境の地で暮らし始めたお嬢様・リーゼロッテ。魔女が住む森があるという地で彼女を待つ運命とは!? 


1,2巻同時発売の作品でしたね。内容は作者独特な感じで伏線を張りながら物語を進めるという展開です。高屋さんのファンとかならお馴染みのパターンで楽しめると思います。

私はフルバと星は歌うしか読んでませんが、どうしてもこの方の作品は根底に暗さを感じるんですよね。
同時に笑いが入るんですがむしろ昔よりもどんどんギャグシーンが少なくなった気がしますね。このギャグとシリアスの対比が独特の切なさを生むんだと思います。まぁ今回は星は歌うよりはまだ明るいですからギャグはそこまで必要ないのかな。


画像 2448


ここからネタバレ▼




リーゼロッテがなぜ東の地へ住んでいるのか、お供の子供2人は誰?とか謎を含ませたまま何かをあきらめながら力強く生きていこうと決めた明るい主人公。明るく努めているリーゼロッテ。

そこで噂の魔女が出てきたり謎の男性が突然現れたり。けれどリーゼロッテは彼を知っているのか?と思わせながら気になる過去の回想が入れられています。

2巻で明かされる謎で色々なことがわかるのですがそれすらも、やっと初期設定が見えてきたという感じです。モノローグも現時点で主人公が感じた感情ばかりで過去についてのことをモノローグで語ったり説明的なものは極端に省かれて・・・とお馴染みの初期展開。

ここから先は2巻で明かされた謎のネタバレになります!▼







リーゼロッテは領主の血を引く娘でしたが兄から当主の座を奪おうとして投獄され死ぬか土地を追われるか選択されこの地へやってきました。

勿論、これには裏があるようで、夜中に突然刺客に襲われ幼馴染のエンリッヒが助けに来るも彼も瀕死になりリーゼロッテが彼を逃がします。また会える、と約束をしたもののエンリッヒは?
そしてリーゼロッテは捕まり刺客はこれを兄が何か画策したのか?と匂わせつつ必要以上の説明は伏せられています。でも兄でもないんじゃないかと思う。

エンがエンリッヒで且つもう人じゃないんだろうなぁというのは1巻で「調節がまだ変」と言っていた時にわかってたんですが傀儡とは思いませんでした。ロボットにしては時代が合わないから何か魔法で生きながらえてるのかなぁと思ってんですが魂だけをつなげていたんですね。

森の魔法使いに挨拶に行き、その中でリーゼロッテを助けたエンリッヒは人形の姿に戻ってしまいます。
魔女は冥府の川を流れていたところを見つけた。ということはヴァーテリンデも普通では会えない場所にいるってことですからこの先色々な謎が更に深まっていくんだと思います。

内容はさすが高屋さんだなあという作りになっておりますが私は作者の伏線を張って張っての連続状態で読ませていくストーリー展開が苦手なんですよ。今回は、2巻で少し明かしてあるので手法を変えているのかまだまだ序盤で大きな謎が多いからこの程度は明かしたうちに入らないのか。
あと、作者の作品としていつも主人公が境遇に恵まれない設定だったりはまだしも筋合いの無い周囲から心無い言葉を浴びる描写が苦手で(言い返せ!と言いたくなる)・・・なのでやっぱり終わってから読もうかなぁ~と思います。
今回は表紙が明るかったのと1,2巻同時発売が気になって読みました。


画像 2451


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。