スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つのくるり 1巻

七つのくるり(1) (KCx(ITAN))七つのくるり(1) (KCx(ITAN))
(2011/12/07)
潮見知佳

商品詳細を見る


【あらすじ】
「あなたを殺してあげましょう」陰陽師、侍、僧侶、3人の鬼狩りの使命とは!? ――死か、鬼か!? 運命の“くるり”が回る――。愛や願いや欲望が“七つのくるり”を回す時、人間は鬼と化す。ヒトを死へと導く菫丸(すみれまる)は、美しき死神なのか、救いの主か……? “鬼狩り”の命を受けた3人の妖しき男たち、向かう先に待つものは――!


潮見さんの作品は白泉社の「らせつの花」しか知らなくてこれはどんなのだろうと思って読んでみました。
なんか絵が少し荒れました?

戦国時代のお話ですが、陰陽師のようなあやかしとかが出てくる感じで歴史モノではありません。
これは序盤だからなのかもしれませんが、1巻ではそんなに面白いとは思えませんでした。

葬儀屋さん達ではありませんよ
画像 2302


ここからネタバレ▼





いわゆる「鬼退治」モノです。
菫丸という陰陽師に二人。帝からの命を受けて鬼討伐とその鬼が増えた原因になったお寺の僧侶を倒しに行くと行った感じの旅モノも入ってます。

最初は3人が旅をしながら出会った先で「鬼」がいるという流れで途中から曲の話になり過去に仕えていた君主(女性)が屋敷を鬼に襲われ自分を助けるために彼女も鬼になってしまいます。
襲ってきた鬼は倒したものの鬼となった彼女はそのまま逃げてしまい3人で彼女を追います。そして鬼の姿の彼女を見つけますが、彼女はまだ死んでないから助けられるということに。

最初だからなんともいえませんがしょっぱなから主要人物は都合よく助かるっていう展開はイマイチその後の引き込みとしてストーリーを浅くするような気がしてしまったというか、私がそういう気分になってしまいました。
今迄の人達は皆死んでいったのにご都合的だなぁと。

今の所は鬼を退治しながら僧侶を倒すんでしょうけどね。今後はもっと大きな事件に遭遇するのかもしれませんけどなんとなく・・・どっか「鬼退治」の仕方があっさりしてるんですよねぇ。
退治の仕方が簡単というか。鬼に襲われた人は鬼になりやすいということらしいですが、鬼になってしまった人間が倒されると同時に心が助かっていくイコール鬼になってしまった人の気持ちを救ってあげる部分もあまり感動的でも無く・・・。(すみません)
とりあえず、今後に期待ってことで。

「くるり」の説明もあります
画像 2303




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。