スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベートタイムズ 全3巻

プライベート タイムズ 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)プライベート タイムズ 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)
(2011/03/15)
藤末 さくら

商品詳細を見る


【あらすじ】
青葉は元有名子役の高校生。普通の女の子として楽しもうと張り切るが、何だかうまくいかなくて…。そんなある日「プライベートタイムズ」という謎の集団に出会い、連れて行かれた先で見たものは…!?


藤末さんの「あのこと一緒」が読んでみたかったんだけど長いのでこちらにしました。重いんだけどロドロドはせずしつこくないテイストでした。でもちょっとヒロインはあんまり共感されないタイプかな。

雑誌がクッキーなので高校生が主人公でもどこか大人びた感じがします。
昔子役をやっていたという出だしのモノローグの感じからして芸能界に復帰して成功していくところまで書く予定もあったのかな、続けば。打ち切りっぽい感じで収束が早かった気もするんですが一応キレイに終わってました。

ここからネタバレ▼




高校生活に満足せず、毎日退屈している青葉。漫画としての内容はともかく決して共感を得るかは微妙な主人公でした。とりあえず少女漫画みたいに性格は良くなくて約束破ったり退屈してたとか色々かったるい感じで。
喫茶店で女と揉めていた男性を、偶然バスの中で見かけて後を追ってしまう青葉。そこで知り合った日向とプライベートタイムズという謎の集まりに顔を出すことに。
一体なんだろう?って思うんですが大学のサークルでした。思えばこのサークル自体もよくわからなくて、曖昧なつくりだった気もします。

知らない男性に明日も来てと言われた通りに来てアパートまで付いく場面は日向からも言われてるけど、警戒心持ったほうがいいよって思いました。
そこで飛び入り参加した舞台が楽しかった青葉は自分もプライベートタイムズへ入れてもらいます。そこはいくつか条件があって恋愛禁止。

青葉がフラフラしていて沢田とも告白されたから付き合ったとか自分が満たされたくて何かと空回りしているという感じですね。それを正す沢田の元カノはとてもいい子でした。もっとしっかりと色々な自覚を持った方がいいよ~と言いたいくらいフラフラといい加減で毎日退屈ー、満たされないー、学校面白くない~と大学のサークルに顔を出す女子高生ってのもイマイチ共感はし難い・・・。

描きたかった事としては青葉が満たされていないのはやっぱり子役をやめてしまったからで主人公自身がそれに早く気付いて前向きにストーリーが進んだ方が良かったのかもしれませんね。
芸能界へ復帰し日向を好きになってしまい条件を破ったからとサークルも止めて学校も芸能活動が出来る学校へ転校。芸能界に入ってからの内容は多分打ち切りで書けなかったのかな。
日向の過去のトラウマもきちんと書ききれてなかったし。最初の回想だと幼馴染だったようなのでもっと根深い話だったと思うけど元カノって感じで自分探しの旅とかあっさり片付けて終わってましたね。
でも最後の二人で同時に言い合って終わるみたいなのはむしろ曖昧で良かったのかな。
主人公もサラッとした感じなのでキュンとかなく私もサラッと読みました。

悪くは無いんですがなんか全体的に盛り上がりが無いまま終わる感じで消化不良な気持ちになりました。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。