スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八雲立つ  全19巻

八雲立つ (1) (花とゆめCOMICS)八雲立つ (1) (花とゆめCOMICS)
(1992/10)
樹 なつみ

商品詳細を見る


結構前の作品なんですが、読んだのは去年です。
どうも連載になった頃に友達があまり面白くないと言っていたので手に取るのが遅かったのですが・・・。

【あらすじ】
七本の神剣を集め、古代の怨念を昇華せよ! ──島根県の山奥の村で49年に一度だけ行われる秘祭・神和祭(かんなぎさい)の取材に同行した七地健生(ななちたけお)は、巫女として舞っていた少年・布椎闇己(ふづちくらき)と出会うが…!?


漫画としてはとても面白いんだけど友達が面白くないと言った理由もわかりました。要するにラブストーリーじゃないんですよね。樹さんの作品って本筋が壮大なのでラブストーリーは「とりあえず」な位置付けで入れてる感じがします。本筋が面白いからいいんですけどね。
でも、大人になって読むとなんか結局、各作品は面白いんだけど私は「OZ」が格別に好きなだけで他の作品はそんなに「好き!」ってワケじゃないんですね。

これ読んだらなんか因習とかに囚われてるって事で「朱鷺色三角(トライアングル)」を思い出して無性に読みたくなりました。

画像 2091


樹さんの作品って男性キャラがめちゃくちゃカッコイイって人が沢山出てくるし実際カッコいいんだけどその分?出てくる女性キャラが反比例するように好きじゃないんですよね・・・。
嫉妬じゃないですよ、今回は(笑)

ここからネタバレ▼




出てくる女性が「花咲ける青少年」花鹿みたいなタイプだったり我儘を上手に使うタイプだったり、または寧子みたいなねっとりしたタイプだったりと強か~なタイプが多いんですよ。我が強いっていうか、感情的っていうか。
普通っぽい子も出てくるんですが普通っぽい子はほんとーにランク圏外みたいな扱いです。内容は普通の少女漫画と違って少年漫画っぽいんだけど、女性キャラの我が強くてむしろあまり女性キャラ必要ないくらいでした。

私は「OZ」のフィリシアみたいなごく普通っぽいタイプだけど芯がある・・・という少女漫画鉄則タイプがいいんですけどねー。
女性キャラが好きじゃない分、他の作品でも男はカッコいいのにその男性キャラが選ぶ女がコレ?という気持ちになってしまって・・・。

今回は神の剣を7本を集めながら巫女と鍛冶師が長年の結界を封印するというお話です。神の剣がどうやって出来たかという過去の古代編とを織り交ぜながらのお話。
除霊的な念を払う事件が色々と置きつつもお払いする話ではなく剣を集めるために赴く孤島や山村でのお話でその地域に古くから根付いている風習なんかに囚われた人間ドラマとそこへ同じように剣を集める為にくる謎の男性達。

主人公・闇己は16歳なのにカリスマ性とか俺様性(?)とか自信過剰とかもう樹さんお約束の皆が惚れちゃうカッコいい男性。そして、そんな完璧であり誰にも心を許さない闇己が唯一心を許す七地。
ちょっとBANANAFISHぽい関係性なんだなーと思いました。
そして十代で当主になり重荷を背負った闇己は当然脆い部分もあります。そんな闇己を支える七地があまり好きじゃなかったです。なよなよしているし惚れっぽいし、しをりのどこがいいんだか全くわからなかった。
闇己が唯一心を許す相手として七地の人間性の魅せ方に欠けてる気がしちゃうんですよね。

話の盛り上げ方とか広げ方はすごく上手で面白いです。
家に囚われてる人や過去の情愛に囚われてる人が多いのも樹さんには多いですね。私が十代だったら間違いなく闇己にメロメロになって「カッコいいのに危うげで放っておけない所もさいこ~よ」と思ったかもしれないのですが大人になってからの初読みだったせいかやっぱり私の中でOZのムトーには叶わないせいかちょっと「青二才」に見えました。ちょっとだけね。

最後については是非既読の方▼(反転して下さい)
真剣7本を集めて封印するという下りだったのですが、最後が一人で全部やっちゃうし真剣も簡単に折られちゃうしで全て集める事にこだわった割には雑な終わり方でしたね。
封印の仕方とか二人の別れとかをもう少し丁寧にしても・・・とは思いました。
そしてなんといっても、あの転生の仕方は無いと思います。ユウキやコウの立場はどうなるんですか?自分達の子供に闇己の魂が戻ってきてそれが、古代編の最後に・・・とつながりますけど、せめて7年無くていいから別の体にとかではなく神隠しから戻ってきたとかのような感じでそのままの姿で戻ってきたっていいと思う。
古代編のミカチヒコはすぐに魂を戻してもらったのに、あれは無いよね。


樹さんの話は話はすごく壮大で面白くて男性キャラもカッコいいんだけど女性キャラがダメだから好きになれないのかなと思ってたけど、終わり方が好きじゃないのかもな。と思いました。
そして女性キャラが好きになれない分「なんでこんな女性をそこまで好きになるんだろう?」といつも消化不良な気持ちになるのです。
OZ意外は皆そうでした。だから作品としてはとても面白いのに好きかどうかとなると微妙なんですねー。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

さわりー 様

こんにちは!コメント有難うございます。
さわりー様も最近読んだんですね。私もレンタルで読んだので普通にストーリーに関しては面白いなぁと思ったのですが、自分で買っていたらきっと脱落していたと思います。
私は「花咲ける青少年」から現役引退(新刊購入脱落)してますので・・・。

樹さんは私にとって「OZ」が大好きだったので、思い入れのある漫画家さんではあるのですが他の作品に関してもストーリーに関しては面白いなぁと思って読めるのですが特に好きになれるキャラがいないんですよね。

似たタイプのキャラがどの作品でも多いので、そのキャラがツボにはまってる人なら好きになれると思うのですが私もさわりー様同様キャラに関しては特に女性キャラが好きになれなくて・・・。
ストーリーの発想力とかに関してはすごいなぁと思ってます(^^)


この漫画、昔途中で読むの脱落して今になって全巻読んだのですが
私も残念ながらお友達さんと同意見です。

八雲立つ、BANANAFISHっぽいですよね。
馬鹿がつくお人好しと←にしか心を開かない孤高の超絶的天才キャラとの関係書いときゃウケると思って書いたのではと思うくらい。

意地悪な見方したいわけじゃないのになんでかなぁと思ったら、
>闇己が唯一心を許す相手として七地の人間性の魅せ方に欠けてる気がしちゃうんですよね。
まさにここがそう感じさせられたところです。
リアリティがないというかとってつけたような気が。
面白い漫画としてあげている方をみかけたので期待してしまっただけにがっかりしてしまいました。

女性キャラも、なんだか薄っぺらいレッテルの固まりみたいなキャラが多くて私も残念だったんですが、OZ以外はそうといわれて確かにと思ってしまいました。

女性ももっと魅力的に描かれてたら面白く感じられたかも。



追記:

やや乱暴な書き込みにも関わらず丁寧な返信ありがとうございました。
私も樹さんはOZ・花咲ける・獣生星(残念ながら途中までですが)が面白くて好きな作家さんだったので、この作品に関しても期待してしまい、それで余計にがっかりしてしまったように思います。
世界観やストーリーの発想力は確かに素晴らしい作家さんですね。^ ^
Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。