スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後Love age

放課後Love age (マーガレットコミックス)放課後Love age (マーガレットコミックス)
(2010/01/25)
まみや 綸

商品詳細を見る



まみやさんの「ここだけの話」が何気に好みだったので遡ってみました。
「ここだけの話」の感想は近いうちに・・・。
短編集ですがやっぱり私好みです。

男の子が主人公が思っているよりも実はちゃんと好きみたいな感じのキュンがあって良かったのですが、その分主人公がお子様っぽい感じでもうちょっとキャラがあって切ない感じのほうが私は好きです。

一生懸命で元気な主人公というのが一貫していて、好感は持てます。ただポジティブ過ぎて傷ついてる場面でもすぐ立ち直ってしまうので読んでて切なくならないのですよ・・・。

「ここだけの話」は初めての連載みたいなので色々苦しい感じはしましたが短編はどれもまとまり良かったです。
やっぱり物語を続けて書いていくっていのは大変なんですねー。頑張って色々書いて欲しいなと思います。



ここからネタバレ▼




■放課後Love age
 クラスの男の子達が罰ゲームで「こいつおまえのこと好きなんだって」と言われてしまう皐月。周りの友達からは「好きでもない子に告白しちゃう罰ゲームでしょ」みたいに言われてしまうが彼から実は本当に好きなんだと言われてから一緒に帰ったりするけれど思えば「付き合って」とかきちんと言われていない・・・と悩むお話。なんとも初々しくて可愛いです。途中の付き合ってって言われて無いかもということをテーマにするよりも罰ゲームで言ってたことは本当なのかな?と言うのを引っ張っても良かったかもと思ったんですがありきたり過ぎるとあえてひねったのかしら。最後のラブラブさも可愛かったです。

画像 2012


■haif a year-君と六ヶ月-
 自分から好きで好きで告白して付き合って半年。彼はあまり自分を好きに思えないと悩むひなた。ケンカしてしまった中、ひなたは今度赤点とったら留年だと言われて彼に勉強を教えてもらう。
これはちょっとありきたりと言うか、普通なお話でした。ストーリーもそうだけどあまりキュンとしなかったかなー。思ってたより彼はちゃんと彼女のこと好きだったというラストも定番でした。

■キライキライも?
 これは結構好きでした。ケンカばかりしてるけど本当は・・・というお話です。女の子ではなく男の子の方が好きなのに意地悪言ってしまうんですが女の子が少しずつ男の子を好きになる過程がちょっと粗くて、女の子も最初から好きだけど素直になれないくらいの方が良かったんじゃ?って思いました。
途中で登場した工藤くん。主人公の事好きらしいよと友達から勝手に噂されて登場した挙句に「こんなヤツどこがいいんだ」と吹っかけられ最後も、肝試しに誘おうかと近づいたところでかっさらわれてました。
一言もセリフありませんでした。
あまりにも哀れでした・・・。

■君にエールを!
 入学式に行く途中に遭遇した先輩とのエピソード。爽やかなお話でした。
主人公が会場へ向かう途中に水をかけられてしまいタオルを渡されて去っていく先輩に一目ぼれ。彼は応援団長で入学後、何かと近づきたくて頑張るけれどあの時にタオルを渡した自分の事なんて覚えてなさそう・・・と思ってタオルも返せず。
最終的にね、彼も彼女のこと気になってたんだけど同じように自分の事を覚えてないかも・・・と思ってたってのが、なんか青春ぽくて良いです。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

クリスタル様

こんばんは。

まみや綸先生のお話は可愛くて私も好きです。
なんだか読んでて安心できます(^^)
早く新作出るといいですね。

まみや綸先生の作品大好きです。
疲れてる時、結構読みます。いつも癒されてるんです。
ここだけのお話が終了後、まだ作品ないですよね。
早く新連載読みたいなーー
Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。