スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGライフ  全9巻

NGライフ 1 (花とゆめCOMICS)NGライフ 1 (花とゆめCOMICS)
(2006/10/19)
草凪 みずほ

商品詳細を見る


【あらすじ】
冴木敬大の前世は1900年前のポンペイという都市で生活していた青年。自分の前世を覚えている敬大のまわりは前世でかかわった人たちばかり!! 最愛の妻は男子中学生に、大親友だった男は女友達に…などなど、前世とは違う関係に苦悩する毎日で!? 


前世もののラブコメです。

ちゃんと読んだのは連載が終わった頃ですね。連載中に漫画喫茶で1巻読んだ時に前世モノというのだけは知っていたのですが、もっとシリアスな内容かと思っていて・・・なんか合わなくて読んでなかったんです。最初からラブコメだと思えば良かったんですねー。

前世の時の話が作中で入るのがなんだか苦手でした。多分、ポンペイの時の前世ってのが極端過ぎてしっくりこなくて。せめて中世、出来れば日本とかのが作中のストーリーとしては読みやすかったです。
ふざけてるのか、ふざけてないのかなんだ中途半端で。前世の話だけは突然シリアスになっていて作品へ感情移入し難いなぁと。後半は面白かったです。

画像 1929


ここからネタバレ▼




主人公の戸惑いっぷりとかヘタレた感じやトリップしてる感じなど学園コメディ的なストーリーは面白かったので
むしろ前世モノであったとしても好きな女性が現世で男性だった、どうしよう!?くらいの設定の方が前世モノ学園コメディ感覚で読みやすかったのになぁと思ってしまいました。
キャラ立ちしてるし芹沢の片思いも可愛くてラブコメで楽しめたし。

中盤に急に前世の仲間が増えて過去の記憶が無くなってしまったキャラがいたりとシリアスな展開になりました。この辺りがね、シリアスな展開と富んだキャラでなんとか話を持たせつつストーリーは淡々と進むだけになってしまって少し退屈してしまい・・・。

最後に8巻と9巻で一気に前世話が盛り上がりました。
この2巻でぐっと面白くなったのですが・・・それでもやっぱり何故か前世ストーリーはそんなに入れなくてもいいのになぁという気持ちは拭えませんでした。やっぱり学園モノと中途半端感なのかな。あと単に好みかもしれません。出来れば前世モノはシリアスなストーリーの方が好きなんだと思います。

敬大が芹沢の気持ちを自覚してからの攻めはスゴかったですね。さすが前世イタリア人ってくらいの攻め落としでした。
敬大は元々イケメンでスポーツも勉強も出来てとスペックは高いのに前世に囚われてパニクるヘタレだったからむしろ前世の記憶が無かったら、すごいモテてかもしれませんね。最後の性格変わっちゃったみたいなのが前世に囚われなくなった本来の性格だったかもしれないし。

頑張っていた芹沢が報われて良かったですね。ヘタレケイちゃんに翻弄されてドキドキしてるのがすごく可愛かったです。最後はキュンとさせてもらいました。敬大へのギャップ萌え?と思ったけれどシチュ萌えだと思う。最終話が良かったです。前世モノとしては最後は良かったのですがまぁ・・・まぁ、かな。壮大さは無いので。学園モノとしてだったら好きです。

あと、あまり描かれてなかったのですが敬大のご両親の前世カップルが好きでした。
カップルになれなかったけど。
有力者の息子で婚約者もいてすごい嫌な奴なんだけど、実はお母さんの事が好きで。お母さんも全然優しくされないのに彼が好きで。この時代だから、身分差や立場で絶対一緒になれないとわかってる二人だからお父さんは彼女が自分のことを好きだとわかってるのにあえて冷たくしちゃって。
こういう好き合ってるのに身分さとかあって冷たくしちゃう組合せのカップルを読みたい!と、ふと感想を書いていて猛烈に思いました。
どなたかこの設定の漫画あったら教えてください。
現世でのラブラブ夫婦なのは、前世で好きなのに冷たく接してたせいでしょうね。



主役カップルの最後は良かったです。芹沢の思いが報われて。
画像 1933
画像 1934




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。