スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関根くんの恋 1~3巻

関根くんの恋(1) (エフコミックス)関根くんの恋(1) (エフコミックス)
(2010/03/10)
河内 遙

商品詳細を見る



【あらすじ】
世にも稀なる残念な男 関根圭一郎、三十路。仕事が出来て男にも女にもモテるイケメンエリートだが、「鈍感・受け身・器用貧乏」の三重苦がたたって、どこかピントのずれた人生を送ってきた。一念発起した関根君が向かったのは、小さな手芸用品店。編み目を数えるうちに思い出すのは、過去の忌まわしい記憶と、数音先輩の細い細い身体の感触……!?そして出会った手芸屋の孫娘・サラ。ついに関根くんの恋が始まる……かも。


実際にはモテて嬉しくない男はいないと思うけどここまで無自覚だとモテてることにも気付いてないんでしょうね。無自覚なのか、モテるとかどうでもいいのか。多分、どっちもなんでしょうね。

自分の感情の動きに鈍い関根くんはなぜ自分がイライラしたりするのかわからないし、何かあると気持ちが動くよりも熱が出たり涙が出たり自分でもわかってないけど他人から見てもかなり不可解です。

やればそこそこ何でも出来てしまう器用貧乏な関根くん。
とりあえず、夢中になれることを探して手品や編み物をやるもすぐに上達してしまう。何にも興味が無いのに、やれば出来てしまうという。心を無にする為に始めた編み物もセーターまで行き、リリアンも地球何周?

顔がかっこいい関根くんがイケメン風という感じじゃなくてメガネ男子系ってのがいいです。

天然ジゴロ
画像 1710


ここからネタバレ▼




1巻は関根くんの流され人生と不可解な性格が出てて、2巻では関根くんが如月サラを無自覚で意識するようになりライバル視する堂島が現れて3巻ではサラのことを好きと自覚は無いものの二人になりたいとかメアド交換したい、誘いたい、なのにサラも鈍感だし堂島という邪魔が入るしうまくいかない!と言う感じでした。

2巻で関根君がサラを意識し、堂島が現れてからとても面白くなりました。
サラが関根君の作ったあみぐるみを「これ、すっごい好き」と言ってる姿できっと惚れてしまったんでしょうが勿論関根君は自分の気持ちに気付かず。でも網ぐるみのクマに兄弟作ってあげたいから時間があったらもっと欲しいと言われてその日中に山のようなあみぐるみを作ってしまってたり。

堂島は関根君をライバル視して彼女と聞いたサラの元へ通いサラやおじいちゃんと飲みに行ったり仲良くなってるけど一体彼の目的は?最初、サラを奪おうとするのかと思ったんですが3巻の野球観戦の帰りに仲間達との会話でチラッと「堂島さんの彼女が~」とか話てたからサラがいい子だし普通に友達になっていくのかな。堂島は知れば知るほど不可解な関根君自身の人間性に興味が沸いてきちゃったんですかね。

関根君は「好き」という感情までは行き着かないもののサラに対してかなり頑張ってます、彼なりに。でも自分でもなんで必死にこんなことしてるのかわかってなさそう。

野球観戦後もその他大勢という扱いに我慢できずに飲み屋を後にしたものの携帯を忘れサラが追いかけてきます。関根君を不機嫌にしている理由を理解してくれないサラに思わず詰め寄るところで続き・・・気になりますね。それにしても本当にサラも鈍いですね。彼女は数音のことを好きだと思ってるせいもあるけど。

「オレは・・・」の続きのは何だろう?オレ・・・好きなのか?と気付いてしまうか、オレは・・・何なんだ?と自分にびっくりして慌てて帰っちゃいそうな・・・。
何にしても素直に好きだとは言わなそうな気がします。

画像 1707



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

…様

コメント有難うございます。
リサじゃなくてサラです!なんで私、リサって書いたんだろう?
最初に書いてしまうとあとはコピペすることが多いのでそのまま気付かずじまいで。
ご指摘有難うございます。

多分、色んな漫画読んで混乱してたのかも・・・。

名前、リサではなくサラでは?
Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。