FC2ブログ

流れ星レンズ 1~3巻

流れ星レンズ 1 (りぼんマスコットコミックス)流れ星レンズ 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2011/08/11)
村田 真優

商品詳細を見る



「りぼん」だけど、ちょっと前から読んでみたかった作品なんですよ。

【あらすじ】
恋愛経験ゼロで、地味めな凛咲。学年で1番人気者の夕暮くん。全然接点のない凛咲と夕暮くんが夜の学校で、2人っきりになり…!? 「好きすぎて泣けてくる」そんな想いに溢れた話題沸騰の第1巻!


最初の出だしはやっぱり私アウェイだったかも。と思ったんですが、まぁアウェイに変わりは無いですが結構面白くて好きなテイストでした。
ちなみに、私みたいに年齢対象外の人は、ちゃんと「りぼんを読む年齢に合わせて描いてある内容なんだろうね」という心構えをお忘れなくです。

「ひよ恋」はひよりがウジウジし過ぎ・後ろ向き過ぎなのですがこの主人公は少女漫画の定番、普通だけど性格がとても良く、でもイヤミのない正統派ヒロインで好感持てます。

絵は途中で慣れるのですが夕暮くんの顔があまりかっこいいと思えないのだけが非常に残念でした。
あと崩した絵があまり可愛くないのも・・・。

画像 1717


ここからネタバレ▼




最初は、まだ恋はしたことないけど実は恋に憧れてるという普通の主人公・凛咲が学校一かっこいいと言われる夕暮くんと偶然知り合って・・・という定番な出だしです。
出会いも廊下を歩いてたらボールが飛んできてガラスが割れてその窓から飛び込んでくる彼、とキラキラ描写です。
この最初の方の臭さを通り過ぎるとあとは慣れます。
夕暮くんの顔が私には猫っぽいなぁとか眉毛が短いなぁとか気になったんですが途中から慣れました。(好き勝手書いてすみません)

なんかね、懐かしい感じがするんですよ。中学生の初々しい恋愛とかやんちゃな子と普通の女の子のお付き合いというテイストが。

最初は凛咲が、クラスが離れているので人気と噂の彼を初めて見た、初めてしゃべった。と言うところから始まってそれから学校で彼のことをつい探してしまう、見つけたら目が追ってしまう、偶然会えたりお話出来ると嬉しい、会えない日が寂しい・・・という初々しい初恋の感じがもう忘れていた感覚を呼び起こします。
彼と会えるようにわざと離れているのに教室の近くを通ろうとしたり、凛咲がやる事や思うことに「あぁ~小学生の頃とかにやったかもなぁ」って思ってしまいましたよ。

どうやら短期連載だったのが、人気で続きを連載することになったようですね。
彼は人気モノでモテてという事ですが見た目は結構派手めなのですがそこも誰にでも無条件にモテるというより少しやんちゃ系なのでギャル系や又はそれに憧れる系にモテるけどまじめな子にはあまりよく思われてないとか少し遠巻きにされているという、やんちゃな男の子と優等生系の凛咲の恋という懐かしいテイストまで盛り込まれてくるのですがそこもお上手でした。
時々二人が敬語でカタコトみたいに話すのもなんだか可愛くて好きです。

先生の中にも理解してくれてる先生と偏見を持った先生がいたり。だから二人が付き合うようになって先生が凛咲に、信じてるけどお前も耳に穴あけたりしないよな?と言われてしまったり、あぁなんかこのテイスト懐かしいよ・・・と。そして以外にリアルですよ。
寄り道デートとか初デートにドキドキしてたら先生の見回りがきちゃったり。学生って寄り道禁止とか他にも変な校則とかあったねーと昔過ぎて忘れてました。

画像 1728

二人がお互いすごく好きって感じがね、なんか微笑ましいんですよ。凛咲の方だけじゃなくて夕暮くんの方も、見た目は派手だけど凛咲の事が主人公が思ってる以上に好きで休日デートで凛咲が、地味な格好をして来て失敗しちゃった~と気にしてたのを自分のがもっとカジュアルな格好にすれば良かった、自分が失敗した、と同じように思ってたってのが可愛かったです。

3巻では、蜂野というわかりにくいキャラが出てきてこの子がちょっと中二病っぽくて。凛咲にあんなふざけた奴らとつきあって馬鹿じゃないかと、見下すような事を言いつつも実はちょっと夕暮くんみたいなタイプのグループが羨ましかったりというね。相手を見下すことで自分が上に立ったような気になるんだけど本当はそんなグループが羨ましいという面倒くさい子ですが、そこを凛咲が察し良く「良かったら皆で一緒に遊んでみようよ」と入れてあげるという感じで内容が健全で読んでて安心します。

画像 1723









にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード