スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏雪ランデブー  全4巻

夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)
(2010/02/20)
河内 遙

商品詳細を見る



【あらすじ】
目つきの悪い花屋のバイト青年・葉月が一途に恋するのは、店長の六花。しかし六花の部屋には、彼女が忘れられない男の霊がいた――。低温一途青年×さっぱり未亡人×草食系執着霊の3者が紡ぐ純情三角関係。


大好きだった夫に先に死なれてしまった六花と、好きな六花を残して死んでしまった夫の島尾と、未亡人の六花を好きになった葉月の異色の三角関係です。

最初の方は、登場人物がどう動くか、気持ちがどう変化していくかという感じでとっても面白いです。
島尾に感情移入出来るかどうかで評価が分かれるんじゃないかと思うし、男性が読んだ方が島尾に共感出来るんじゃ無いでしょうかね。

実際に、3人のうちのどの状況にもなったことが無いので難しいのですが、2巻くらいまではすごくすごく面白かったのですが、ちょっと島尾が苦手だった私には途中からは(作品がでは無く島尾への共感度が)微妙でした。
でも作品としては面白かったです。

これはクドきづらい・・・
画像 1342


ここからネタバレ▼




島尾は葉月だけにしか見えません。最初は多くを語らないで葉月の邪魔をしつつ六花の事を見守る島尾の方が好きでした。
生前から体の弱かった島尾は口では物分りの良いことを言い六花には自分が死んだら自分のものは全部捨てて忘れてくれとかっこいいことを言いつつ実は諦めが悪く未練たらたらです。
死んだ後も六花の傍にいて六花に近づく葉月の邪魔をする。ただ元々は六花が島尾が亡くなる時に「一人にしないで、ずっとそばにいて」と言ったことから死んでも六花の近くにいようと思ったのです。

そんな島尾が見ているとも知らずに、少しずつ六花は葉月に惹かれていく。
六花が葉月より年上だし未亡人だしと惹かれつつも、お互い踏み込みたいけど踏み込むのを躊躇う駆け引きみたいなのも面白かったです。
六花はまだ島尾の事が好きなんだけど、どこかでもう絶対会えないんだという事もわかっているので島尾を思いつつも目の前で思ってくれる葉月にも揺れてしまう。

六花の気持ちが少しずつ変わっていくのを目の前で見ている島尾が切ないです。最初は島尾よりな気持ちで読んでました。自分は近くにいても触れることも守ることも出来なくて目の前で彼女に触れることが出来る葉月を見ているだけ。葉月に惹かれていく六花を見ているだけという描写も切ない。
葉月も、島尾の妨害に負けないと思いつつ島尾の姿が見えてしまう分遠慮してしまったり躊躇する部分もあって。

画像 1340

だけど、島尾が葉月に体を貸して欲しいといい、六花が自分に少しずつ心を許しているのを感じた葉月が島尾への罪悪感から体を島尾に貸してしまったあたりから申し訳ないのです自分の中でちょっとつまらなくなりました。

最初は島尾がすぐに体を返したり、また貸したりということで二人で六花を翻弄するのかと思ったのですが島尾は体を返さずにずっと六花と一緒にいて乗っ取りたい、出来ないなら六花を道連れにしたいとか言い出してこの手のドラマとかマンガって沢山あったような・・・とありきたりな話に陥ってしまいました。

葉月が好きだと気付いた六花ですが、それを告白した時に葉月の中にいたのは島尾。
二人は一緒に海へ行きそのまま一夜を過ごししまいます。
最後に葉月の様子から島尾と気付いた六花。
最後にどうやって決着が着くかも予想通りでした・・・。
むしろ「え?こんなに面白かったのに途中からこんなありきたりな方向へ行かないよね?」と危惧しながら読んでしまって・・・。
最初の方が変わった幽霊ネタで心理描写も島尾の方を丁寧に書いてあって面白いなぁと思っていたので途中から個人的に非常に残念でした。

乗っ取ってからの島尾があまりに未練がまし過ぎて葉月じゃないけど六花のことじゃなくて自分の事しか考えてない状態になってしまってました。

ただ葉月に惹かれてしまった六花だけど、生前の島尾との思い出の回想もとても切なくて見せ方はとても素敵だなぁーと思います。
体を貸した葉月の魂が島尾が昔スケッチブックに書いた物語の世界へ居てそこから島尾の状況と葉月の精神状況で少しずつストーリーが変わっていき乗っ取られてしまってから王子が自分になってたりと細かい部分は非常に上手ですね。単に最初の方が面白くて期待度が高かったせいだったのかな。
読み終わって時間が経つと十分面白くて完成度の高い作品だと思います。

最後の終わり方はキレイに終わってましたが島尾はまだ成仏してなかったんだ!
微笑ましい終わり方でもあるのですが、葉月と六花の孫に自分の事「おじいちゃんかな」と言ったり本当に未練たらたらキャラだったんですね・・・。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。