スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花君と恋する私  1~2巻

花君と恋する私(1) (講談社コミックスフレンド B)花君と恋する私(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2011/08/11)
熊岡 冬夕

商品詳細を見る

別巻の感想⇒3巻4巻5巻


【あらすじ】
優等生で委員長だけど、ちょっと抜けてる七世。暴力事件を起こして停学中の花君の、落し物を拾ってしまいます。クラスでは怖がられてる花君の意外な優しさと、子どもみたいな笑顔に気づいてしまった七世は、だんだん花君のことが気になりだします。でも花君にはほかに好きな人がいるみたいで!? 心にきゅんきゅん響く初恋ストーリー、始まりです!


主人公がなんだか可愛くて応援してあげたくなる漫画でした。
委員長をやっているのもしっかり者だからというよりも人が良くて頼まれごとを断れなかったりする子なんだろうなぁというタイプです。

そんな七世が花君と知り合って、周りからは怖がられている子だけど自分だけが知っている彼の魅力や本当は優しい部分を見て惹かれてしまうお話です。


下窓から除かれてしまう出会いに「人類ネコ化」を思い出しました
  (みず谷なおきさん亡くなってたんですね・・・知らなかった・・・)
画像 1249


ここからネタバレ▼




花君は意外と可愛いというか、元々そこまで怖くないですよ。
やんちゃな少年程度ですよね。ちょっとサボり癖はあるみたいですが。
そしてあまり人付き合いが良くないのでしょうか。
不良と言う程の描写はありませんが、本当は優しい不良少年と優等生少女。
ベタだけど好きです。これで花君が雨の中で捨て犬に傘を差して座り込んでれば完璧。

花君が好きな先生はまぁやっぱりこまり先生ね、なんだけど女性らしい先生よりもサバサバ系の先生ってところがいいですね。しかも家が近所で幼い頃から知ってるわけなので花君の先生への思いも深いでしょうからこまり先生は結婚して花君は失恋しますが気持ちがすぐに動くことは無いのかも知れないし主人公の頑張りどころが見所になりそうです。

惚れた弱みっぽく花君を放っておけなくて色々してあげちゃう七世だけど、七世の自分への気持ちを知ってる花君がこまりの結婚を知り失恋して思わず七世に「つきあっちゃう?」と言った時に本気で怒ったシーンが好きです。
言いたいこと言って「花君のあほーー!」と叫んで去るのとか可愛いですよね。そして一人泣く。
泣いたり傷ついたりよりここで怒るってのが七世はちゃんと芯がある子だなぁと。
花君はなんだか弟キャラみたいになってきてます。
今のところ割とあっさりしたストーリー展開でそこまで切なくも無く淡々と読んでしまってます。

言っちゃえ、言っちゃえぇ~
画像 1152


それにしても七世のことを好きで日課のように告白してくる男の子は一体何者なんでしょうね。
「今のところは付き合えないってことだね」とメゲナイ彼はきっと当て馬にもならないんだろうけど。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【花君と恋する私  1~2巻】

花君と恋する私(1) (講談社コミックスフレンド B)(2011/08/11)熊岡 冬夕商品詳細を見る【あらすじ】優等生で委員長だけど、ちょっと抜けてる七世。暴力事件を起こして停学中の花君の、落し物を拾ってしまいます。クラスでは怖がられてる花君の意外な優しさと、子どもみ?...

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。