スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダストウィンク 1~8巻

スターダスト・ウインク 1 (りぼんマスコットコミックス)スターダスト・ウインク 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2009/06/15)
春田 なな

商品詳細を見る


小学生の頃にりぼんやなかよしという漫画好き少女としての「必修科目」を通らなかったせいか苦手分野なんですよ。読む漫画が定まらなくて数ヶ月ずつ読んでたことがあるのですが・・・。(落ち着き先が「花とゆめ」でした)

【あらすじ】
杏菜です。中3になったばかりの14歳だよ。同じマンションに住む颯と日向は、同い年の幼なじみ。これからもずっと3人なかよく…と思っていたら、颯が私に!!


対象年齢が小学生だろうから適正だと思いますが主人公が幼いですね。
同じ軽い感じでもノリが軽いマーガレットとも違くて主人公の性格自体を対象年齢に合わせて幼くしているんだなぁと思いました。読者の共感を得やすいようになのか、ある意味新鮮でした。

幼馴染ネタ。最初は二人で取り合うのかな?と、思ったのですが主人公が幼馴染は恋愛対称じゃないとか言っておきつつ颯とウダウダやってる間はあまり面白くなかったんですが杏菜が日向が好きかも。でも日向は違う人が好きかもという辺りから面白くなりました。

私は勿論(?)日向タイプが好きですが第三者的な立場でいうなら颯のが普通に性格が良いような気もします。杏菜限定の態度なんでしょうけど。


ここからネタバレ▼




日向が東京の美術学校へ行ってしまって幼馴染が離れてしまったり新しい高校生活で新しい人物が出てきて主人公を取り巻く環境が変わっていったりという展開を転がしていくのは上手だなぁと思いました。

主人公の性格だけが微妙だけど肝心な所はキメるヒロインの鉄則もあるし結構漫画を描いてる方なので「りぼん」仕様な感じですがドタバタだけど安定してますね。
「メイちゃんの執事」の作者もそうだけど王道展開をテキトーなノリで書いてるようで仕立てはしっかりしてると思います。

出てくるキャラが比較的うざいというかドタバタと騒ぎ立てるキャラが多くてサクサク話が進まないのだけが読んでて面倒くさくなります。
8巻で日向とやっと両思いになりました。
だけど私にはトラウマがあって「パフェちっく」もそうなんだけど一時期読んだ漫画で主人公がどちらを選ぶかわからない話の場合に私が「こっちと結ばれて欲しい!」と言う側と結ばれないんですよ・・・・。

なんで?
ねぇ、なんで?

私の感覚おかしいの?
今の子にはこっちのタイプの男の子のが人気あるの?

とか思い悩んだ(と言うのは大げさだけど思った)時期がありました。


マリ先生とのことで高校を退学になった日向は杏菜達と同じ高校になるみたいだしまだ先は続きそうなので颯が起死回生してくる可能性もありますし、日向が身を引く可能性もある!

とか色々考えたのですが杏菜の性格が楽天的なのでどっちと結ばれても・・・(どうでもいいかな・・・)という気はしますし覚悟もしています。

日向は中学では大人しいけど王子キャラでモテモテだったのに高校では変わり者とか友達少ないとか散々だし周りの女性達からの扱いもなんかひどくなってましたね。
でも杏菜の高校へ来たら又モテそう。


画像 1166
マリちゃんの予言(?)通りに3人が幼馴染に戻って終わったりしたらどうしよう・・・



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スターダストウィンク 1~8巻】

スターダスト・ウインク 1 (りぼんマスコットコミックス)(2009/06/15)春田 なな商品詳細を見る小学生の頃にりぼんやなかよしという漫画好き少女としての「必修科目」を通らなかったせいか苦手分野なんですよ。読む漫画が定まらなくて数ヶ月ずつ読んでたことがあるのですが...

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。