スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国館ダンディ 全8巻

異国館ダンディ 1 (1) (花とゆめCOMICS)
画像 017
 全8巻

すごく好きだったし当時人気もあったのに文庫化されてないんですよね。
是非、文庫化して欲しいと思う作品の一つです。

【あらすじ】
小さい頃に両親を亡くし祖母に育てられてきた蔦子は謎の手紙により、両親が大金持ちの秋場家に財産を騙し取られ亡くなったと知る。祖母を亡くし天涯孤独の蔦子は秋場家に復讐を。
手紙に同封された通り秋場家の隠し子を名乗ったら、既に当主は死んでいて現当主は息子の不比等が継いでいるという。不比等は蔦子を妹として秋場家に招き入れる。


兄の不比等は予想と違ってどこか抜けていて天然な貴公子のような人。
だけど、復讐は復讐。
親の変わりに責任とってもらうわ!と、思う蔦子ですが不比等の周りでは頭上からシャンデリアが落ちてくるわ、食事に毒は入ってるわ・・・まさか彼を狙ってるのは自分だけじゃない?
30画像 074

 
こんな状況なのにまったく空気を読めてない不比等なんですが・・・

最初は読みきりのシリーズ物だったんですが、人気があって徐々に長期連載になったんだと思います。この方は内容を考えるのがうまくて、謎が一ひねりじゃなくて二つくらいひねってあるんですよね。

だいたい最初に犯人か?と、思った人が実は違うというパターンはよくありますが、更に隠れた真実があった・・・という事が毎回あります。
 読者の方からの手紙にも本当はこうなんですね。と、裏の裏の裏を読もうという、もう騙されません的な手紙が増えたそうです(笑) 
  

ここからネタバレ▼




最初の読みきりで実は謎の手紙は不比等が出していたことがわかります。
総資産数十兆円の大資産家の当主として育った不比等は小さな頃から当主の座を狙って身内からも命を狙われることが多く、わざと抜けている振りをしているんです。
 まるで徳川家某将軍のようなお話ですが。。

そうやって育ってきた為、身内ですら信用出来る人はいない。
そこへやってきた本当は他人の妹、蔦子が親身になって心配してくれる。
次第に自分にとって大切な存在になってくる・・・。私はこういう設定が好きなんですよ。
主人公が、孤独で誰にも心を開かないとか、誰も信用してないとかいった相手の特別な存在になる。そんなシチュエーションに弱い気がします。


不比等の天然キャラと蔦子の明るいキャラ。そして一流の殺し屋でありながら
人懐っこいTB。 と、事件や内容は意外と重いけれど明るく読めます。
私はTBが好きですねー。TBはテディ・ベアの略でいつも彼がテディ・ベアのぬいぐるみを持ってるんですよ。
32画像 102


そして当主を巡る争いだけではなく、不比等の家族のことや従兄弟の事件。
彼の母親は不比等を産んですぐに彼を置き去りにして屋敷を出て行ってしまってるんです。
しかしそれに隠された真実がとても悲しいです。。
秋場という家に囚われてしまった人達の選んだ道が。。

海外の大資産家レオンハルト家との争いに巻き込まれていく秋場家。
そして徐々に周りから気付かれてしまう。
今まで鉄壁だった秋場不比等のアキレス腱が蔦子だと。
そう、今までと違って大事な妹がいるとわかってしまった不比等はどうするのか。


不比等にとっては自分といることで蔦子を危険にさらすことになる。。
蔦子にとっては自分といることが不比等の足手まといになる。。


蔦子は自分が「にーちゃん」の邪魔になるとわかっていても
秋場蔦子として、この家にいたい。妹としてずっとこの家にいたい。
そんな蔦子がTBに依頼した内容が・・・。
30画像 089
普通はここで足手まといになるから蔦子は屋敷から出て行く。
と、身を引く形になるんでしょうけどそこまでして妹でいいから傍に居たいと思う
蔦子の気持ちが切なかった~。そしてその依頼内容を知った不比等。
30画像 097


このあとレオンハルト家のヴィットールが蔦子に妹としていられるよう取引を。。
「一生妹でいいのなら方法はある」

28画像 099


不比等の母が不比等に言う言葉。
「私たちと同じところへ辿り着いてはダメよ」

彼らはどんな着地点を見つけるんでしょうか。

32画像 086


ちょっと、入手困難ですが漫画喫茶とかでもいいので是非読んでほしいです。
っていうか文庫化すればいいのにぃー!!


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: 初めまして

ハチさん、はじめまして。
コメント有難うございます。私も、連載当時は本誌で読んでいただけだったんですが、何年も経ってから無性に読みたくなったんですよ。最後まで読んでなかったせいですが、最後まで読んで更に好きな作品になりました!
そう、文庫化してないんですよね。
私の中では結構人気あると思ってたんですけど・・・。是非、マン喫行ったら読んでください!!

初めまして

異国館ダンディの懐かしさに惹かれて思わず書き込みしてしまいました!
本誌で読んでましたが、かなりお気に入りの作品でした。
この方の描かれる男性キャラはちょっと癖があったりで好きだったなぁ。
文庫本化はされてないのですね…残念。
今度漫喫に行ったら調べてみようと思います。
Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。