スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくりオデット 全6巻

カラクリオデット 1 (花とゆめCOMICS)カラクリオデット 1 (花とゆめCOMICS)
(2006/06/19)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る


「神様はじめました」がアニメ化するそうですね!というわけで?関係ないけどジュリエッタ作品の感想にしてみました。昔の作品なんですが、あらすじがしっかりしてるのとキャラがどれも好感があって私の好みなんですよね。学校での友達とか人間関係は割と今の「神様はじめました」に通じてるというか。

【あらすじ】
天才科学者・吉沢博士に創られたアンドロイド・オデット。自分と人間の違いが知りたくて高校に通い始めたオデットだけど、学校の皆にはアンドロイドだということは内緒。そんなオデットの学園生活とは・・・。


ロボット漫画って色々あるんですがロボットだから醜い感情が無く純粋なオデットにほっこりする部分もあれば、オデットはレベルが高く意外と感情の機微がわかっていて一体「何がわかって何がわからないのか」が不明な部分もありますが全体的にはやっぱり面白いです。


オデットのこういう部分がいいのよ
画像 263


ここからネタバレ▼




ジュリエッタさんの作品で好きなのはキャラの人に対しての微妙ないい加減さですね。口では悪態付いてるのにいつも助けてくれる朝生とかがやっぱり好き。何気にいつも「親」として見守り、何かあると迎えに来てくれる博士も好きです。

ストーリーの仕立て方も好きだけど必ず決めるところ決めてるなぁーっていうのを感じます。私がジュリエッタさんで好きなのはそういう印象的な場面が作れるところなんですよね。
いつも優しい善人キャラがやると偽善ぽいというか作者の作為を感じる作られたシーンに感じてしまうんですが(私が天邪鬼なだけですが)ジュリエッタさんの普段はいい加減だったり、嫉妬したり嫌な部分も併せ持つキャラ達が肝心な所では絶対見捨てない場面が読んでいて大好きです。 

故障から戻ったクリスとの話も性能の違いもあってオデットのことを理解出来ないクリスにイラ付くオデット。そんなオデットを甘やかさず、諭したりもする朝生とのやり取りが好きでした。
クリスはわからないながらに理解したいと思って頑張ってるけどお前はどうなんだ、と。

博士もオデットだけじゃなくて他のロボットに対してもちゃんとそれぞれの性能に合わせて向き合ってくれる親心を感じました。教授はむしろ人間に対してのが冷たいんじゃ?ってくらいホントにロボットバカでしたけどね。

さすが博士!
画像 284

でも朝生も負けない?(通して読めばセリフの良さがわかると思います)
画像 287

終盤のオーウェン博士との話はまぁ少しありがちではあるけど一番シリアスなストーリーでここで締めくくりにする為にこういうストーリーにしたのかなと思ったら朝生が卒業するってのが最後でした。
オデットは朝生が好きだけど結果はわかってるしどうするのかなーって思ってたんですが気持ちを伝えたりといった恋愛面までは書かれませんでした。ま、朝生は一途に洋子が好きなピュア少年でしたしね。

最後は朝生の卒業に戸惑いながら変わっていく日常と変わらない気持ちを受け止めて今後も続いていくって感じで思ったよりも何事も無くほのぼのとした緩い最後だなって思ったら・・・。
単行本後記でジュリエッタさんが「本誌掲載時に最終回前の予告に『次号感動のフィナーレ!』と記載されてしまい逃げ出したくなったよ」と書かれていて笑ってしまいました。
確かに感動のフィナーレ!じゃなかったけど、ちゃんとした最終回にはなってました。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。