スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルカフェ。   全3巻

ヨルカフェ。 1 (フラワーコミックス)ヨルカフェ。 1 (フラワーコミックス)
(2008/03/26)
円城寺 マキ

商品詳細を見る


【あらすじ】
天涯孤独の妃菜は、親子ほど年の違う資産家と恋に落ち、若くして結婚した。
だが夫の病死で、結婚生活は二年ほどで幕を閉じた。遺産争いを繰り広げる親族をよそに、妃菜は夫の遺志に従って、一軒のカフェを相続する。その店は夜しか開いておらず、イケメンのギャルソンが三人で切り回していたが・・・?


初、円城寺さん。「はぴまり」が出た頃に評判が良かったので開拓してみました。
プチコミックは20代女性向けって事でそれなりの性描写もありますが主人公達も大人なので不快なシーンや無理感は無いです。

この「ヨルカフェ。」と「世界はボクらのために!」を読んだんだけど実は「あれ?微妙?」と思ってしまい中々感想が書けなかった・・・。でも元々この作品は円城寺さんの中であまり評判が良くないみたいですね。評判がいい「プライベート・プリンス」は未読で「はぴまり」も途中迄しか読んでないんですが・・・。(なぜなら中古で集めたので)

設定は逆ハーで同居モノ(同じマンション)でと少女漫画の王道。とは言え3人で取り合うとかも全く無くあまりドキドキする場面もありません。
孤児で未亡人という重い境遇設定ではありますが主人公は天然で大食いで酒乱というキャラでストーリー事態はそこまで暗い話ではないんですが・・・読んでてホント妃菜の思考がネガティブだなーって思っちゃって。
勿論、旦那を亡くしたばかりだから仕方ないのですが、だったらもうちょっと節操あってもいいんじゃないかな?と思わずにはいられなかった。

読んでまず思った感想が「普通・・・」でした。
「はぴまり」の評判が良いのでちょっと期待してたので。
最初に購入して読んだ時はプチコミックってフラワーズとかクッキーみたいなのかと思ってたけどいわゆるレディコミ寄りなんでしょうか?だとしたら内容の深さを求めちゃいけないんだろうか?と、後から思いました。

もう少しカフェ中心の話でも良かったと思う・・・。
画像 12054

ここからネタバレ▼




ネガティブ思考でぐるぐる旋回しているだけで周りが動いてくれてるという感じで・・・。作者の話とか読んでも、天然キャラにしつつ、ある意味魔性の女性みたいな部分を狙って書いてるんじゃないかなー。隠れ設定が「床上手」だしね。主人公に泣きボクロって中々付けないですよね。
女性から見ると地味でパッとしないのになぜか男にモテるという女性がいるけれどそういうタイプだと思います。

殊更前の旦那を本当に好きだったという独白がありながら、お酒飲んで自分から襲っちゃったりまだ好きかわからない状態で颯士と外でしちゃったり。イマイチ言ってる事とやってることが合ってない妃菜。
勢いでしてしまって後悔で涙するシーンは少し可哀想でしたけど。

画像 12044

なんかスッキリしないんだけど・・・要は流され易いんですね
出来れば颯士がもっとかっこいいと良かったんだと思います。もっと妃菜を引っ張り回してネガティブ思考を吹き飛ばすような感じだったら話がスムーズだったのですが意外とヘタレでした。
でも元オーナーの妻だったわけだから仕方ないかな。
私は物事ハッキリの望のキャラが一番好きでした。最後に一番絆を求めてたのは望だったってのは意外でしたが。

読んでみて作品の心理描写が不自然だなーと思うことがあるのですが。
初期設定とか大まかな筋書きはいいのだけど細かい部分で「え!?」というか。
気持ちの動きに不自然さを感じてしまうんですよね。1話分を意識してまとまり良くした為に単行本でまとめて読むと行動が衝動的だったり気持ちの動きが唐突で妙な違和感を感じるんだと思います。

正直、最初の方は読むのしんどかったです。1巻読んでる途中で飽きちゃって・・・。
1巻は主人公が与えられた境遇に戸惑いつつ奮闘し、3人の境遇にも何かあるというのを匂わせるエピソードと伏線に近い感じでした。2巻くらいからキャラが結構動きだしたのでテンポが良くなりました。でも3巻で結ばれた時点でもう終わってもいいのになーとか思いながら読んでましたがこのビルの立退きの話は最後にあって良かったですね。

弁護士の藤堂さんは本当に分かりやすい当て馬キャラでしたね。なんだかんだで好きかも。
最後になぜ自分にこのビルが与えられたかを藤堂に言われ飛び出した妃菜を追う颯士と藤堂。
妃菜を見つけたのは当然颯士で結局、藤堂さんは彼女がどこへ行くだろうか見当をつけられなかったのですが・・・。
気付かないなら気付かないままでいいのに丁度駆けつけてみたら二人が抱き合っていたという鉄板ニアミスシーンに私は何故か笑ってしまいました。
円城寺さんは絶対狙ってるよね、これ。



がびーん!
画像 12048






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。