スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様はじめました 9~10巻

神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)
(2011/09/20)
鈴木ジュリエッタ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻8巻11巻12巻



私がすぐ放置するせいもあるけど、この作品は感想をまとめて書く率が高いですね。
なんか気が付いたらすぐ新刊が出る。11巻もまとめて書こうかと思ったんですが鞍馬の話で調度キリがいいので・・・。

【あらすじ】
天狗の里で跡目争いに巻き込まれた奈々生たち。鞍馬の父・僧正坊に霊薬を渡すため、結界に包まれた本家道場内へと潜入を試みる!その作戦前夜、巴衛と奈々生が相部屋におとまりすることになりまさかのドキドキ急接近!?

鞍馬が天狗の重要ポジションの妖怪なんだろうなぁ~というのは、今まで読んできてチョイチョイ出てくるので予感はしてました。なんだかBLACK BIRDみたいでしたが、それはさておき奈々生は本当に神様として成長してきましたね。

巴衛が奈々生を好きだ自覚して恋愛的な部分でも進展してきました。
神使という立場から好き合ってるのに気持ちを隠し、でも嫉妬したりたまに感情が出ちゃったりする部分も私の大好物なのでそんな部分も楽しく読んでます。

前にシリアスな展開にしちゃってもいいかもなんて書いたけど最近はたまーに真面目なキャラの奈々生のシーンがありますね。全体的にはコメディ的は感じが多いんですがこうやって使い分けるのもいいですね。

夜鳥の前で姿をバラす場面は急にシリアス。
めがねを咥えてるのはちょっと狙ってる感じ?

画像 11923



ここからネタバレ▼




巴衛は勿論、霧仁やら二郎やら皆奈々生が好きというお約束な展開ですが、これがあんまりわざとらしい出来すぎた鈍感主人公だと私は嫌なんですが奈々生は変に天然にしていなくて「きちんと一生懸命」な部分があるのが好きです。
ところどころ、人に対して雑な部分もあったりするところも偽善ぽくないというか。でも肝心なところでは絶対人(妖怪も)見捨てないようなヒロインという少女漫画の鉄則、押さえるところは押さえてます。

最初、二郎はヒドイ性格だったんですがまぁやっぱり根っから悪いヤツじゃないという展開へ。
まさか奈々生を天女だと思うとは思わなかったけれど、巴が化ける奈々生は本当に色っぽいですよね。
同じキャラ書いてるのにこんな風に書き分けられる所もさすが。

画像 11932

そんなハッキリしない二郎を見て巴衛は「好きなら好きだと認めたらどうだ。鏡を見ているようでイライラする」ってもう完全に巴衛も自分の気持ちを認めちゃってますね。

画像 11936


そういえば9巻で奈々生が合コンへ行った回。ここでもなんだかんだいつも気になってるし。
それにしてもこの回で合コン相手の男性達の絵が・・・。
ここまで「用無しキャラ」の絵を徹底してデフォルメ出来るのもすごいなと笑えてしまいました。
おまけに適当な扱いでありながらむしろ凝ってるのがウケる。

浮世絵か!?少しだけ役回りがある小比類巻くんだけ一応まとも(名前も・・・)。
ちなみに私なら山田がいいです。なんかニヒルで。

画像 11924

巴衛は神はかりの時も今回の天狗の里でも奈々生が気に入ったならここにいてもいい、奈々生の好きなようにすればいい。俺は止めはしないよと。と、事あるごとに言います。
ミカゲの時のように一方的に置いていかれるのが怖くて自分から好きにすればいいと言ってしまうのでしょうか。また、雪路の記憶は無くてもどこかで自分が執着して相手の気持ちが離れることを恐れてるんですかね。
いつか奈々生の方から離れていくのが怖くて奈々生を自分から引き止めたり出来ないような。

鞍馬編は一段落したので次回は又新展開ですね。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

拍手コメントいただいた方へ

き 様

コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまいすみません。

面白いですね。といいつつ、ちょっと継続巻を
最近読んでませんが。
今はどんな話になってるか早く読もうと思います。
Secret

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。