スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラリズム

サクラリズム (フラワーコミックス)サクラリズム (フラワーコミックス)
(2003/07/26)
宇佐美 真紀

商品詳細を見る


こちらは短編だけど短期連載モノみたいですね。他1篇「ひとつだけ。」収録
短編の単行本の中で一番好きでした。

【あらすじ】
母を亡くして以来、幼い妹弟たちの世話に追われるさつき。私立高校への入学間近、桜が満開の公園で写真を撮る男の子と出会う。彼の超失礼な言葉にムッとしたさつきだが、高校の入学式で最悪の再開!!なんと彼は有名建設会社の御曹司で・・・?


小さな妹や弟の面倒に家事等で苦しい家計の中で頑張ってるさつき。と、いってもスゴイ悲壮感漂うわけではなく明るく頑張ってます。さつきもさつきの妹弟たちも可愛いです。
妹や弟がさつきに懐いてるのも可愛い。そういうお母さん代わりしてるしっかりモノの女の子って男の子は見ててキュンとしちゃうんじゃないですかね。

ここからネタバレ▼




さつきのお父さんの会社が倒産し高校を辞めてくれと言われ「いつも私ばかり我慢させられる-」と家を飛び出してしまう。そこへ偶然通りかかる北澤。その後、彼も他にやりたい事があり親に反発して親戚の家いることを知る。

・・・と、言っても家の都合で高校を辞めてくれと言われたさつきに対して北澤はやっぱりまだ甘いんですよね。
だからさつきみたいに、どんな時でも笑顔で小さい弟達の面倒を見てる姿なんて見てたら好きになっちゃいますね。おまけに自分のことを慰めてくれたりしたらもう、たまらん。

宇佐美作品を読んでいると男の子側が家庭やら心に問題を抱えてる内容の場合その傷を癒していく、問題を解決していく上でのヒロインの描き方があまり上手くなというか何か足りないような、どうも読んでて消化不良な感じがするんです。でもコレは男の子の問題は今後解決の見通しがたったかな程度で、実際の問題はさつきの家庭事情の方がメインなのが良かったです。
いつもは最後は女の子が彼を振り向かせようとする形が多いけどこちらは北澤の方がさつきを追ってるってのも良かったですね。

おまけの「さくらんぼリズム」でその後のデートにほのかがお姉ちゃんべったりで付いてきちゃう話も可愛かったです。
画像 850
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。