スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖伝  全10巻

画像 31359
聖伝 (1) (Wings comics)
(1990/01)
CLAMP

【あらすじ】
天界が謀反人、帝釈天の手におちて三百年。幻森で眠り続けた阿修羅の御子を夜叉王は目覚めさせる。
自分をいつか殺すはずの予言の子供を。
その時から天界の運命の輪は回り夜叉王と阿修羅の六星を探す旅が始まる。



大好きだったんです。
同人誌出身の作者さんで私の周りでとても人気がありました。
同じく人気があった高河ゆんさんは私はちょっとBL臭くて苦手だったのですがCLAMPのは結構持ってました。
出す本が普通より豪華な装丁でサイズも大きくて単価高くて学生時代は「迷惑だ!普通の単行本にしてくれ!」って思ってた。「二十面相にお願い」とかホント中学生にはキツかったよ。

もともと10巻で終わらす予定だということも知ってたのですが、一時、漫画を卒業した私は購入は止めてしまい、やがて手放しました。
だけど無性に最後が読みたくなって社会人になって再購入。
私がやめたのは7巻までだったのですが一番いい時期に止めたんだなって思いました。
っていうか、続き読まなければ良かったと思った漫画ってあんまりないけどこれはかなり思いました。
「聖伝」。初期のCLAMP作品しか読んでないけど一番好きだったのに・・・。


「なにそれ?」ってのが正直な感想だった・・・。

絵がホント綺麗なんだ、また。
画像 31360


ここからモロネタバレ▼ (結構、罵詈雑言です。好きな方はお控えなすって!)



リグ・ヴェーダの神話を元にしたお話で途中までとっても面白かった。

天界を治める天帝に背き、謀反を起こし現天帝になった帝釈天。恐怖政治を強いて統一した天界は乱世になる。
星見の予言により夜叉王は自分を滅ぼす運命にある赤子を甦らせてしまう。赤子は謀反時に先帝側に付いた為に滅ぼされた阿修羅族の生き残り阿修羅だった。
そして、禁忌の子を蘇らせた夜叉族は天帝により一族ごと皆殺しにされる。生き残った夜叉王と阿修羅は、星見の「六星流れおつる そは天に背く闇星なり(中略) 汝ら 天を滅ぼす『破』とならん」という予言を元に帝釈天を撃つべく六星を探す旅に出る。

六星とは勿論夜叉王と阿修羅、そして途中現れる龍王や迦楼羅王など仲間になっていく者たちで打倒・帝釈天に向かって楽しみに読んでいました。

途中で、続きが読みたい!なんて思わなければ「きっと『聖伝』は六星が集まり帝釈天を倒したんだね」と思っていたかもしれない。。そのまま大人になっておけば良かったよ。

オチも嫌だったんだけど、乾闥婆王が一番嫌だった。
乾闥婆王の正体は同人誌からの情報で知っていたんですが・・・。ビジュアル的には一番、乾闥婆王が好きだったんだけどなぁ。。

乾闥婆王
画像 31363

読まなかったブランクも含めて、それまでとても好きだと思っていた分余計「ふざけんなー!」な最後だったんです。終わり良ければ全て良し!の全く逆を突く話でした。
今まで面白くて好きな作品だった為に落胆が大きかった。。
漫画読んだ後見たら2ちゃんでもクソみそ書かれてましたね。

この作品は「約束」がテーマなのでしょうか。
実は同様に途中までで手放した「東京BABYLON」も最後が知りたくなり再購入して「・・・」閉口したのですがそちらも作品にテーマがありました。「X」も。
「テーマとかそんなもんにイチイチこだわらなくいいっ!もっと普通に書いてくれ!」と思いました。

ウィングスの本誌に掲載された話を単行本に載せる際に書き直しをしているそうですが結末は同じなんですかね。

ここから先はラストのネタバレです▼(反転)


キャラとしては乾闥婆王と帝釈天。一体、君たちは何?というオチ。
百合と薔薇かよっ!
乾闥婆王の
「私は強い者が好き 自分が立てた誓いを覆せない」って言いながら仲間を殺していく様に理解不能状態。
そんな乾闥婆王に呆然としながら読んでいた私。
覚醒した阿修羅のことも龍ちゃんがやられたショックも吹っ飛びました。

そして帝釈天と先代阿修羅王。本当に迷惑な二人だ!!
っていうか、この漫画は一体なんだったの?
落胆と憤りの入り混じったこの感情を誰かなんとかしてくれー!

阿修羅王も、自分が殺されて一族自体が無くなってそれでも子供が欲しかったのか?
私には全く理解不能なオチだったのですが、未来を知っていた彼等(帝釈天と阿修羅パパ)。
だとしたら、葬っておくべきは阿修羅を復活させてしまう運命の夜叉王だよね。
夜叉王に星見を教える九曜も。

星見の予言を打ち砕こうとあがいてみた何もかもが星見の通りにコマが進んでしまった。(最悪の形で)
だけど最後に絆が勝った。そして阿修羅と夜叉のずっと一緒に居るという約束も。(でも他の人は全く浮かばれない)
何度か読んでやっとそういう終わり方なんだと自分の中で思うことにしました。


でも、そう・・・確かこの「聖伝」という作品。
商業誌で連載する前に同人誌でも書いてました。そちらとは内容やラストが少し違うと聞いてました。
じゃあそっちは?とも思ったけど・・・なんかもういいや。
誰かご存知の方いたらラストのあらすじだけ教えてください。。

画像 31362





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。