スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒薔薇アリス 3巻

黒薔薇アリス 3 (プリンセスコミックス)黒薔薇アリス 3 (プリンセスコミックス)
(2009/12/16)
水城 せとな

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻4巻5巻6巻


辛口です・・・作品に対してというよりアリスに対して。
暴言吐いてマス・・・。

【あらすじ】
4人の吸血樹の中から、最も優れた者を選び繁殖に協力することになったアリス。
吸血樹たちを日々観察するアリスだったが、レオの寿命が残りわずかとなり・・・!?

なんだかアリスのキャラがどんどん嫌いになっていく~

物語的にまだまだ序盤なのでしょうか?2巻から3巻ではあまり話しに引き込まれないのですが。惰性で買ってるわけではないのですが、キャラにも謎が多いしこれからもっと意外な展開も多そうで、これはホーホケ(放課後保健室)のように終わってから一気読みとかした方がいい作品なのかなぁ・・とも思うのです。
が、きっと新刊が出たらやっぱり買ってしまうと思います。

アリスが目覚めてから1年も経ってるんですね。
更に時間が経過していって、内容の進み方は普通に屋敷の中で過ごしているだけなのでわかりづらいのですが時間経過は結構早いんですね。


アニエスカは好きだったのになぁ~
画像 30827


ここからネタバレ▼



レオと仲良くなっていくアリスですが徐々にお友達関係に。
アリスが生きている理由が繁殖の為とはいえ、レオはその与えられた「生」の中で唯一自分が普通に過ごせる状態で居られる環境を与えてくれる相手でした。
レオに残っている時間が誰よりも短くて、もう残り僅かであることをアリスは知らないのでもう少し時間が欲しいと言ってしまいます。でもレオにはアリスが欲しいという程の時間が残っていない。

なので、アリスがその時点でレオを選べないのは仕方無いのかもしれません。
だけどキスしたり一緒にベッドで休んだりと特別仲良く過ごしていながらいざ自分を選んでくれと懇願(というか夜這い)しにきたレオに無理!と・・・寸止めです。。。

なのに、次の日無邪気に「あれ?レオは~?」とか聞けるアリスはすごい。
で、ディミトリに事情を聞いてレオを選ばなかったことを責められたところ、「黙ってるなんてひどい!」と怒るアリス。ショックはわかるけれど、アリスも逆切れに近い。
後日、ディミトリが誤ってるのに「カップにもあたった。モノにあたる人は最低です」ってなんかイヤミ臭いこというけど、アリスも相当ヒステリックでしたよ。
それにこう言っちゃなんだけどアリスが何の為にここに住んでるのかって立場を考えると

「アリスこそ一体何様のつもりなんだよっ!

って気になってしまいます。ただの勘違い女ですよっ。ぷん、ぷん。
って、なんでか無償に腹立たしかった。
別に私、ディミトリやレオが好きってわけでも無いんですがアリスのようなキャラが嫌いなんですね。きっと。

き、貴様!
画像 30825

そして今後は双子がアリスへアプローチしていく。。。
でも、アリスはあんなイヤミ臭いこと言っておいてちゃっかりディミトリに惹かれていってますからね。
どうせ最後はアリスとディミトリと少年が重要人物になってくんでしょうが、途中でアリスよりも、もっと適任女子が現れちゃえばいいのに。けっ。っと、私の狭い心はアリスよりももっと勝手な考えで溢れてました。

水城せとなさんの作品はセリフや登場人物の会話が、人の心情を深くえぐっていくようなセリフが多くそれが魅力でもあるし、かなり読ませてくれて好きなのですが自分の精神状態が元気な時じゃないと結構疲れますね。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。