スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロボ・エッジ   7巻

ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)
(2009/11/25)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻8巻9巻10巻


 あれだけフィギアについて一人で言ってて急にコレ?
って感じですけど。。昨年、途中まで記事を書いたままになってたのでとりあえずアップします。
今読むと妙に感想のテンションが高くてなんか恥ずかしい・・・。

【あらすじ】
高2になった仁菜子。蓮と安堂と同じクラスになる。
遠足で鎌倉へ。仁菜子の友達・さゆりと蓮の友達・裕太郎は同じ班。
仁菜子は今の蓮と自分の関係について「友達」だからすごく近くにいれると思うと切ない。
さゆりと裕太郎は過去になりかが合ったらしい。2人になった機会に裕太郎が告げたのは・・・。



同じクラスになったら急にイベントいっぱい。でも学校ってこれがあるからいいですよねー。
学校で好きな人と同じクラスになれるって本当にいいですよねー。
ということで、早速遠足です。鎌倉に遠足!
私も鎌倉に遠足に行ったなぁ~。鎌倉ハイキングコースで仁菜子なみにドロだらけになりましたけど、私には蓮くんのように上着を貸してくれる素敵なメンズはおりませんでした。。。

いやー。ホントにキュンを通り越してちょっと、くすぐったくなってしまうくらいに二人のやりとりがこそばゆいですね。大福の半分んことかね。もう、二人とも本当は付き合ってんじゃないのっ!ってくらいイチャついてますよ。
先月までいい感じに仕上がってきた安堂がただのお邪魔ムシのようなポジションに追いやられてしまったのでは!?というくらいに影が薄かったし・・・。

そして確か前巻の感想で、サイドストーリー的な話はちょっと・・・と、仁菜子の友達のさゆりと蓮の友達の裕太郎との事で思ったんですが・・・割とあっさり終わったのでスッキリしました。


ここからネタバレ▼



すべてにおいて、大きな進みはないなーと思いました。
前巻で蓮君への思いをナイショにして欲しいと仁菜子が友達へ言った事やサイドストーリーが入ってきた事で進みが緩やかになりそうだなぁ。。と、思ったんですが内容的にキュンとさせてくれる部分は、同じクラスになって絡みが多くなった分増えたのかな?と。。

ただ、読んでる側としては蓮が仁菜子のことを好きだということが読者にはネタバレ?してるので今後は「最終的にどうやって結ばれていくのか」という部分が見所ですよね。
今までみたいに麻由香がいる間は「どうやって別れるのかな。蓮が仁菜子の事好きになるのかな」的なせつない部分もあったんですが蓮が仁菜子の事好きなのがもうわかっちゃってるからなぁ~。。

でも麻由香と別れた時が結構え?こんな理由であっさり別れちゃうの?って思ったので今回、二人が改めて会ってお互いこのまま別れて自分の道を進むことに納得みたいなやりとりがあって良かったです。

蓮が仁菜子を追う的な部分も見たいんだけどそれは少し先になりそうですよね。
お友達話は終わったけど、まだ安堂の元カノの存在もあるし。私はなんだかんだ言って実は蓮じゃなくて安堂を追いかけてきたのかなって思ったんだけどそんな一筋縄な子じゃないみたいだし。

話的にまだ蓮が別れたばかりなので即仁菜子と結ばれる。って展開じゃなくても確かにいいんだけど、あんまりこじれさせなくてもいいいよ~~。
しかし、人気が出てくると進みが遅くなるってのは大人の事情でしょうかね(商戦的な・・・)
止む得ないんですが、これが絡むと作品として残念な方向へいってしまう事もあるので程々でお願いしたいです。
長く読みたいんだけど、じれじれに耐えられないので。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。