スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい・・・

金曜日の話になりますが、天空の城ラピュタがやってましたね。
宮崎監督の作品の中で一番好きです。
「世界の宮崎駿」になる前の作品の方が自分的には好きでした。
カリオストロの城とかナウシカとか。。
子供だったせいかもしれませんがワクワクしたし、感動もしました。
子供でしたから深いことは考えませんが内容の面白さも去ることながら、
どんなことがあっても助けに来てくれるパズーがかっこいいなぁ~とか思ってました。

ここ最近はメッセージ性が強いとか言われてますけど
それをあえて押し出す内容がわざとらしく感じられる時があって
以前のように伝えたいことを「テーマ」という大きな枠組みに入れて
あとは見る人が感じ取ればいい程度の方が好きです。
ぽにょは見てないんですが、その前の数作品辺りからは細かく
伝えたい事があらすじに組み込まれているのに不自然さを感じる
ことがありました。こんなの子供に伝わるのかな・・・って思うくらいに。

偉そうなこと言ってますけどあえて一ファンとして・・・。

ラピュタみたいに夢があって子供がメッセージ性とか何も考えずに
見ても単純に楽しくワクワクさせられて、でもそれだけじゃないものが
物語の中にあることは見た人誰もが感じられるような。。。
私が、子供の頃に見たからそう思うのかもしれませんけどね。

私はむかぁ~し、昔20年ほど前ですが雑誌か何かで宮崎駿さんが
インタビューで話されていたことが忘れられません。
言葉の細かい部分は忘れてしまいましたが、宮崎駿さん自身が作りたい作品として
「見た人が『感動』して涙を流してくれる作品が作りたい。作品の中で人が死んだり
別れがあったり悲しくて涙を流すは当たり前。そうではなくて、『感動』して涙を
流してくれるような作品が作りたいと思う」
という、言葉に私はすごく感銘を受けました。確かに、『感動』して泣くって本当に
いい作品でしかないですよね。そしてそれだけ作品に思いを込めて作っているんだと
いう事にも感動しました。

それ以来、映画を見て、悲しい場面で泣いてしまうと私はなんだか作り手にうまく
乗せられてしまった気になります(大げさですけど)
泣けた=いい作品とは思わないぞ!と、子供ながらに思うようになりましたね。
宮崎駿監督自身がこの言葉を覚えてるのかどうかわかりませんけど、まだまだ
これからも子供たちの為にいい作品を作り続けて欲しいです!

20年以上も前のアニメをこんなに何度も再放送されてる人ってこの人くらいだと思う。

まじめな話から変わりますが・・・ラピュタと言えば私の中で懐かしいアニソンもあります。
有名な「君を乗せて」もそうですが「もしも空を飛べたら」です。

つづき▼



友達から借りてラピュタの曲だと言われた時、確かにそんな感じもするんだけど
作中では使われていないことが不思議でした。

あとから年数が経ってネットで作品前にジュースのCMでラピュタとのコラボCM?中に
使用された曲の為、映画では使用されなかったとわかりました。
ネットでは映画には合わないと、散々言われてましたけど、私は映画と同じくらいの
時期に聞いていたので合うとか合わないとかいうよりもうイメージとして
焼き付いちゃってますし曲としても好きですハート






関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

みいくん様
はじめまして。
みいくんさんのコメントを読ませて頂くと何やら同世代だったようでして同じアニメにはまってたのかな?とニヤニヤ考えてしまいました(^^)
私のアニオタ期間は実は短かったのですが大人になってからもアニオタ友達と当時を振り返って「あの頃はアニメキャラに夢中になってバカみたいに騒いだけどバカみたいに楽しかった~」と今でも楽しく思い出話してます。
少女漫画の方は一度抜けたようで抜けきらないまま結局出戻ってますが。
今はサブカルとして世界でも人気あるしアニメオタクの地位が昔と違っていいですよね~。私達の頃は某事件の犯人の影響とかで偏見も強くてアニオタは肩身が狭かったです(^^;

「天空の城ラピュタ」の「もしも空をとべたら」はやっぱりいいですよね!
当時はなんで使われてないのか深く考えなかったんですが合わなかったのが理由と知って「え?合わないかな?」と驚きました。
今の作品にワクワク出来ないのは自分が大人になったせいもあるのかなぁとは思ってますが・・・やっぱり当時の方が好きです♪

はじめまして。
私も宮崎作品ではラピュタやナウシカのような有名になる前の作品が大好きですね!
でもって、私もラピュタといえば「もしも空を飛べたら」だと思います♪あの曲の持つ疾走感がパズーたちが乗っていたフラップターを思い起こさせてわくわくしますね~^^
話は変わりますが、水樹さんとは同世代のアニオタようで、アニソン話にはそうそうと共感を覚えることしかり^^どの曲も私もはまった覚えのあるものばかりです。
あと、少女マンガもはまったクチなので、懐かしく読ませてもらってます☆最近はちょっと離れてしまっていましたが、また少女マンガを読んでみるのもいいなあと思いました。
アニメのほうは出もどってしまったので未だにアニオタをしてますが・・・(^^;
Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。