FC2ブログ

親指からロマンス 全9巻

親指からロマンス 9 (9) (花とゆめCOMICS)親指からロマンス 9 (9) (花とゆめCOMICS)
(2007/05/18)
椿 いづみ

商品詳細を見る
  全9巻

【あらすじ】
マッサージ研究会の東宮千秋。体のこった人をマッサージするのが大好き!
ある日、今まで見たこともないコリをしている背中を発見!!同じ学校で学校一もてる陽介だと知った千秋は彼にマッサージさせて欲しいと頼むが断られてしまう。その後彼から、条件をクリアできればマッサージしていいといわれるが。彼からの条件は「オレを本気で惚れさせること」だった。

この作品は人から進められて買いました。
ラブストーリーを読みたかった私は・・・読んだときなんとなく・・・ガッカリ?(スミマセン)

1巻で明らかに終わる内容(要するに短期連載)の設定だったのに多分、
途中で長期連載に変わって話の設定が変わったというパターン。。。
設定が変わっただけならいざ知らず微妙にキャラの性格も違うものになってるし。
というか、ムリヤリつないだ感が漂っている・・。
ギャグは面白いしキャラもよく動いてるし、嫌いじゃない。でもスッキリしない。

よくある脇役のサイドストーリーを盛り込んだ話とか、他のキャラにスポットをあてた内容も含まれてるのですが正直そっちの方の話のが面白いです。
ただ脇役としても微妙な位置にいるキャラにそこまで話入れなくても別にいいのになぁとか思っちゃったり。。作者が愛着を持ってしまい話を広げちゃうんでしょうか。

ここからはネタバレ




惜しいのは主軸の話が途中で流れを変えたせいか続くことを考えて作らなかったせいか
結局何が言いたいのかわからなかったり、急に「今更そうくるの?」みたいに思ったり。
陽介は最初は学校一モテる百戦錬磨の男だったんだけど、それが全然そう見えないどころか話の途中から実は女ギライとか眠ってるあいだの症状で女くどいちゃうとか。ギャグなのか真剣なネタなのかイマイチつかみづらい。。
伝えたい内容に関してただストーリーを追うような感じではなくきちんと心理描写を書こうという意欲は見えるのですが逆にそれが話をわかりづらくしているような。。。
 でも、まだこれからの人だからそれをうまく表現できるようになればいいな。

マッサージを部活にとか大会があったり他校との交流があったり、学校の話は面白いので学園モノが好きならいいかなと思います。ツボーズとか可愛いし発想はすごく面白いと思います。
千秋もかわいいし。暴走キャラだけど。
千秋の暴走と、陽介のキャラの乱れが噛み合わないんですよね。。でも笑えるとこは結構笑えます。そしてなんだかんだ言って最後に先輩達が卒業して行く頃になるとふと自分も寂しいとか思ってたりして(笑)

そして!!私はわかりました。このマンガのスッキリしなささが。
この作者の次作で現在連載中の「オレ様ティーチャー」を読んだんです。
こっちは何も考えずに読んだので単に笑えるマンガなんだ。。と思って面白く読みました。
そしてフリースペースに「今回はラブストーリー中心にしなくてよかったから楽しい」的なことを書かれていてたのをみて。。。
 「親指からロマンス」を「ラブストーリー」と思って読んではいけなかったんだと!←いや、ラブストーリーですが。。私が思うにこの方は恋愛モノが苦手なんじゃないかと思います。

ラブストーリーとして千秋達を追っていくとなんだかスッキリしないし面白くない。
でも、このストーリーを普通にコメディ?と思えば今までスッキリしないと思っていた気分が気にならなくなります。一応ラブストーリーですが、あまり考えずに読んだ方が楽しいんじゃないかと思います。


私的には山茶花高校の恵太先輩と了の関係をもう少しだけ恋愛っぽく持っていって欲しかった。微妙な感じで終わらせてるというよりは中途半端な設定で書ききれてないような。。(最初の方は三姫・了みたいな感じだし)
32画像 099

作者は千秋と陽介の気持ちが通じたところがラストの気分だったそうですが私は卒業式まで書いてくれてよかったな~と思います。
35画像 107

ホントいいたい放題で申し訳ないですが、それでもなんか応援したくなるので頑張って欲しいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード