スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルペンローゼ 

aaaa_20120413212909.jpg
アルペンローゼ 1 (フラワーコミックスちゃお)
(1983/11)
赤石 路代

今夜はスーパームーンなんですって!普段の満月より月が地球に近いので大きく明るいそうです!私も知って慌てて見ました。まだの方は今すぐ見て~。

って、ことで「ないしょのハーフムーン」にすれば良かったかな?と思ったんですが・・・。

この漫画は小学生の時から学生時代の間に2・3回程、別の友達に借りて結局社会人になった頃古本屋にあったので懐かしくて買いました。すっごい好きだった訳じゃないんだけど夢中で読める勢いがあってたまに無性に読みたくなる時があったんですよ。

小学校の帰り道友達の家に行き、窓から漫画を投げてもらいました。
帽子キャッチってアニメや漫画ではよくあったけど実際は至難の技です。
そして2階から投げられた漫画は一種の凶器。当たるととても痛いので良い子はマネしないで下さいね。(良い子は学校帰りに寄り道してはいけません・・・)

【あらすじ】
ジュディは6歳の時、スイスの山の中で倒れている所をランディに救われた。ジュディは記憶を失っていた。
以来、7年間ジュディは優しいランディに見守られ暮らしてきたが、ある日グールモン伯爵の城に拉致されてしまう。第二次世界大戦期のヨーロッパを舞台に繰り広げられる感動のドラマ。  


舞台が第二次世界大戦中のヨーロッパでグールモン伯爵に追われるだけではなく出生の秘密を探ったりレオンが反ナチで狙われたりと色々な要素も盛り込まれててすごく夢中で読みましたねぇ~。
「炎のアルペンローゼ」としてアニメにもなってたんですがその頃は知らなくて見てませんでした。

正義感が強くて容姿端麗な初期の赤石さん作品の典型的なヒロインです。(現在のは殆ど未読)
会ったばかりの他人を命を駆けて助け、その人がヒロイン達を結果裏切ったとしても決して怒ったりせず心が広い。聖女のようなジュディに王子のように何があってもジュディを守ってくれるランディ。
この二人だからもう誰も立ち入る隙はありません。
完璧なジュディだけど本当にお互い一生懸命に何にも考えずに相手のことだけ考えているので赤石さんの主人公って読者に嫌われないんだと思います。登場する色んな男性が惚れるんだけど気持ちを伝えることさえ無駄だよね・・・というくらいラインディに惚れ抜いて他の男性キャラに微塵も揺れません。

オレ様タイプが多い今、新鮮なくらい優しい!!(王子様だ!)
画像 31416


ここからネタバレ▼



激動の時代なので何度も離れ離れになる二人。
いつ、ランディはあらわれるのぉ~!と、喉から手が出る程待ちわびました。(←使い方違う)

でもランディの命が助かっている事が(読者にだけ)早めに分かったり、助けてくれた家の娘が明らかにランディに惚れてるんだけど眼中なくジュディの所へ行ってしまうランディが好き。
ランディを好きな娘も引き止める為の小細工一切なし

こういう部分で焦らされたりドロドロさせない昔の展開の早さがいいんですよね~。
当時の人気から考えて今なら20巻くらいはいけたかも知れませんね。

もう純粋に物語はジュディの出生の秘密に向けて進み、寄り道しない昔の漫画の書き方が好きです。
その分、主人公に都合の良い要人との出会いや展開が多いのは否めませんけどね。

最初のジュディの出生の秘密くらい迄がとても好きでした。
伯爵が執拗に追いかけてきてなぜここまで~・・・って位しつこい!
最後の最後にまだ、出るか!ってくらいしつこいけどある意味ここまで割り切ってしつこく登場させるのももはや作品の持ち味になってるかも・・・。

それにはちゃんと理由があるのですが途中でジュディの年齢が13歳だったことを知って当時小学生だった私でもちょっと引きました。
「伯爵ってば13歳の女の子を、ここまで追い回すなんて・・・ロリ?」と。
そしてあれだけ色々と勇敢な事をやってのけるジュディとランディの年齢はせめて16歳と17歳ぐらいだったらいいのにと思います。「ちゃお」で連載してたからでしょうか。
「ちゃお」だったのもびっくりなんですけどね。

前に「姫100%」の時に赤石さんと篠原千絵さんの書く漫画には外れ無しという印象が子供の頃あったと感想を書きましたけど二人に共通するなぁと思うのも両思いになる迄の物語ではなく恋人同士が何者かから追われる話が多い・・・と思ってました。全く違うジャンルで書かれてるんですけどね。
篠原さんの場合はちょいエロ王子なんですけど・・・。
「ちゃお」と「少女コミック」の差ですかね。

(それはともかく)こういう内容は読者を惹きつけるんでしょうかね。
どちらも、恋愛以外の内容をしっかり書ききれる力があるからこそだと思います。


画像 31419


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。