スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星子さんシリーズ  コバルト文庫  

ツーペアは魔少女の呪い (集英社文庫―コバルトシリーズ)ツーペアは魔少女の呪い (集英社文庫―コバルトシリーズ)
(1988/08)
山浦 弘靖

商品詳細を見る



感想では無いのですが、以前花井愛子さんについて書いたように
私が過去に読んでいたライトノベルについて懐かし話をしていけたらと思います。


山浦弘靖さんの星子さんシリーズです。
ちなみに星子はホシコではなくセイコと読みます。

私が初めて買ったコバルト文庫ですが、実は勘違いをしたのがきっかけです。
マンガ雑誌の広告記事にコバルトの新刊広告が載っていました。
そこでタイトルが「ツーペアは魔少女の呪い」というのを見て

「魔少女」?
「呪い」?
・・・ということは、ホラー?オカルト?
と、思って買いました。

はい。
昔から心霊モノとか大好きだったんです。
子供の頃は夏にワイドショーがやる「あなたの知らない世界」を欠かさず見る子でした。
今も「ほん怖」は必須です。
(でも怖い漫画は何故か持ってません)

・・・しかし。
読めども読めども一向に悪魔も幽霊も出てきません(笑)

推理サスペンスものでした。

このシリーズはタイトルに必ずトランプ関係の言葉が入るんですよ。
主人公の星子さんは一人旅が好きな高校生で、連休やら停学(!)やらを利用して旅をすると必ず事件に巻き込まれます。そして旅先に必ず現れるタレ目男、宙太(ちゅうた)。
彼がなんと警視庁敏腕刑事(ありがち?)。そして親同士が決めた許婚だった!

更に謎のおかま?が出てきたり。(あー、名前忘れたーハルちゃんだったかな。)
なんだかんだとありつつ、結婚することになった二人。
しかし、結婚式の真っ最中に入ってきた彼の母親により結婚は中止。
父親同士が決めた結婚で別れた妻である母親は知らなかったと大激怒。
エリート刑事の息子がどこの馬の骨ともわからない高校生と結婚するなんて!
と、怒り心頭。
星子もそれを聞いて怒り「やっぱり結婚はなかったことにして」
ということで、物語は新章へ。

その第二章の二作目が私が最初に買った作品。
第一章は「ハート」とか「クローバー」とかトランプの種類?で第二章はポーカーにちなんでタイトルがつけられてました。途中で買うのやめてしまったんですが。。
途中で出てくる、宙太の弟(ゲンゴロウだったかな・・・)とかあと、もう一人名前忘れたのばっかりだけどマサル(だっけ?)と言う熱い刑事もいてソレも星子に惚れていました。右京とか色々な人物がいるんですが皆それぞれ違ったキャラで皆、星子さんに惚れていく・・・とありえない程お約束でした。そういえばハルちゃんも・・・。

でも、男性が作者のせいかよくある少女漫画の逆ハーものとはなんか違うんですよね。
星子がモテても別に・・・これといったドキドキとか無いって言うか。。
宙太の性格も普段はちょいエロ?なようなふざけた性格だけど事件が起こっていざとなるとかっこいいみたいなキャラでした。でもこれも男性作者のせいか、女性が読んでたまらなくかっこいい・・・というわけでもなかった。
でも、ギャップは良かったです。

高校生が主人公ですが刑事がワキにいるので殺人がバンバン起こります。
毎回、殺されそうになるのに旅を続ける星子。

旅モノなので地方の話もあるけど電車のネタも結構載ってました。
もう詳しくは覚えてないんですが小学生の時、青春18きっぷにはスゴク憧れました。
いつかこれで一人旅したいって思ってたんですが時期が合わなくて行けなかったりで
結局、まだ実行したことないんですが。。

新装版で浦川佳弥さんがイラストの本が出てるんですね。確か、浦川さんがマーガレットで漫画も書いてたんですよね。だけど、コバルトの旧作でのイラストのイメージが強いし私は最初のがいいんですが。。

最後まで読んでないんですけど結局、結婚したんですかねぇ~???


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Secret

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。