スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスよりも早く 5巻

キスよりも早く 5 (花とゆめCOMICS)キスよりも早く 5 (花とゆめCOMICS)
(2009/06/05)
田中 メカ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒ 1~4巻

3、4巻あたりの翔馬の出てくるあたりからあまり好きじゃなかったって言うかだんだんマンネリぽさを感じてて続き買おうか悩んでたんですけど5巻は面白かったです。

【あらすじ】
突然現れた留学生のメグ。メグは先生を気に入ってるのか積極的に先生にアプローチ。
翔馬の家にホームステイ中のメグは先生と文乃の秘密を知ってる為、秘密をばらされないように文乃は学校で彼女にコキ使われて。。でもメグが好きなのは・・・?


留学生のメグの話とか突然現れて消えるキャラはどうなんだ?って思いましたがこの話を通して徐々に文乃の性格が素直になってきてるなぁーという気がして。

先生に積極的にアプローチするメグでそれが気になる文乃。
先生の方はメグの真実に気付いていて・・・。

ここからネタバレ▼




メグが好きなのは実は先生ではなく翔馬だった。最初からわかりやすかった。
そんなメグの為に人肌脱ごうとする文乃。今まで散々使われて先生の事でハラハラさせられた文乃だけど、恋してるメグに素直になってもらいたいという優しい思いといい、メグに対して自分の先生への気持ちを素直に出せるようになってる文乃が可愛かった!

画像 3085

突然、どこかへ旅行したり遠出したりって突発的な話が多くて学園モノというか先生と生徒モノだけど学校内でのネタがあんまり多くない不思議な話ですよね。
ただ、田中メカさんのふんわりした空気感は設定とか舞台関係なく消えることがなくて安心感みたいなのを感じます。

翔馬も今まであんまり必要性を感じないキャラだと思っていましたが少し可愛かった。
私が好きだったのは、メグが買ったリスマスプレゼントが噴水に落ちそうになったのを防ごうと噴水に落ちてしまった文乃。先生へのプレゼントがあげられず寝込んでるところ翔馬がやってきて、文乃が買おうとしていた先生へのプレゼントを持ってきますよね。
文乃は私が先生に買ってあげられないと意味がない。と、突っぱねます。

確かにそれはその通りで翔馬も悪気は無いんだけどちょっと余計な根回しでもあるんだけどそのプレゼントを渡す理由。目の前で噴水に落ちた文乃へ
「君の手をつかまなかった僕のおわび」
な、なんか可愛い!
翔馬、全然悪くないのにそんな事を気にしていたのか。
(っていうか、文乃が好きなんだね!)
そんなセリフ思いついた作者の細やかな気持ちの配慮にジンとしました。

そして文乃のご両親のお墓参りネタ。なぜか、言い出せない・・・というのがマンガで多いのはなぜ?お墓参りって別に気兼ねすることか??とも思いますが。
 頑固者のおじーちゃんもやっぱりちょっと意固地だけどかわいらしいキャラ。
鉄平にメロメロですね。今後も出てくるのかな?

相変わらず、アレコレじれったいというか寸止めっぽいような展開もありました。
なんか、前までは逆にそこが苦手だったんですがちょっと慣れたみたいです(笑)

あと4巻まで読んでて惰性っぽさを感じてただけじゃなく、ちょっぴり私の中で何かに微妙さを感じてた理由が5巻まで読んだ時点でなぜかハッキリわかりました。

「あぁ、先生が全然私の好みじゃないんだ・・・」

だから毎回続きが出るたびに買おうか買うまいか悩むんだぁ。。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。