スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕨が丘物語

蕨ヶ丘物語 (花とゆめCOMICS)蕨ヶ丘物語 (花とゆめCOMICS)
(1986/06)
山内 直実、氷室 冴子 他

商品詳細を見る


【あらすじ】
名門旧家の権藤家、四姉妹。跡取り娘だとされていた長女、長子が分家の三男と妊娠。それから、次女の次子が駆け落ち。と、次々に候補が変わり現在は三女の待子が跡取り候補。
ところが次女の次子が跡取りにふさわしくないと、高校2年の待子に順番がまわってきた。跡を継ぎたくない末っ子の末子は待子が逃げないように監視しだすわ、年下の中学生の三四郎が現れたりとただでさえ怖がって同年代の男子から近寄られない待子なのに。。。



漫画しか読んだことないんですが、殆どの山内さんの氷室作品を読んだ後にこちらを読んだせいか、とても物足りなくというかある意味普通・・・に感じました。
「ずっと読んだこと無かったけど、こういう話だったんだぁ~」という感じです。

内容は権藤家を巡るショートストーリーで三女の待子。末子と同学年の美年子を主人公に末子との関係を書いた話。そして、権藤家を取り締まる大奥様である小梅が若い頃に憧れていた男性を訪ね歩く話。そして、次女、次子の駆け落ち話の真相。と4話入っています。

最初の三女、待子の話で登場する年下少年の三四郎。
こちらが「なぎさボーイ」「多恵子ガール」に出てくる三四郎なので先に「なぎさボーイ」で読んでいてこれがその話かぁ。と、読めたところが良かったです。
あのドジな三四郎が年上の女性となんだか上手くいってるみたい。という真相がこの蕨ヶ丘物語で明らかになりました。

画像 3048

それぞれ、小粒ながら味のある作品ではありますね。
氷室作品の味わいある作品はこの辺りから始まったのかなって感じです。

一つ一つ、主人公を変えて見せる話でありながら、それぞれの立場を変えただけでなく恋愛であり、サスペンス調であったりと風味も違うので飽きさせないところはやっぱり上手だなって思います。

そして、やっぱり山内さんと氷室作品は相性がいいのかも。と、感じました。


画像 3049




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。