スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多恵子ガール

多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1985/01)
氷室 冴子

商品詳細を見る


 ★ここを先に見てしまった方は是非、「なぎさボーイ」の方を先にどうぞ★

【あらすじ】
特別な人。例えば誰にどんな風に見られてもいいけど世間の目なんかかまっちゃいないけどその人にだけは変に見られたくない。その人の目にはとびきりの自分が映ってて欲しい。そんなふう?
そんなひとならいる。いるけど。 シャイなくせに肩肘張って勝手にあたふたしてるあのなぎさくんを多恵子の目で除いて見れば?(作品紹介より)


なぎさの側から読むと多恵子はおせっかい好きですぐに人の世話を焼きたがる口うるさい女の子。だけど、本当は優しくて肝心な時は黙って見守っていてくれることもわかってる。

不甲斐ない自分だけど、多恵子はしっかりしていて・・・けれど多恵子側から読むと多恵子はもっと普通の女の子です。
なぎさの前では平気な振りをしているけれど気持ちはもっとモヤモヤしていたり。
 なぎさ側から見えない所で槇の事に傷ついてる「多恵子ガール」を読むとなぎさがなんだか腹立たしいって言う気持ちになるかも。

そして・・・多恵子ガールを読んで見ると逆に、「あれ?なんかなぎさかっこいい。。」
そう、多恵子から見たなぎさはなんだか、他の男の子と違って騒ぎ立てたりしないしちょっと偉そうなこと言ってるけど影できちんと努力をしている人だ。と、すごく多恵子から見たなぎさはある意味理想化されてます。だから私の印象のなぎさがは、いつも「なぎさボーイ」を読み返す前の方がかっこ良く思えてたんです。
そして読み返すたびになぎさが不甲斐なく感じるのは「なぎさボーイ」のなぎさが思った以上にアレコレ実は悩んでいる、「ボーイ」だからなんですね。

そして、なぎさから見た多恵子はとてもなぎさにとって近い存在のように書かれていて自分の中に踏み込んでくる女の子で、更に名前で呼んでもいいぞ、だのなんだのと言っただけでなぎさは多恵子と少し特別な関係でいると思っているにも関わらず多恵子は中学時代から早くなぎさへの自分の思いに気付いて片思いをしている分、なぎさを
とても遠い存在のように感じています。
 好意も持たれてないだろう、という程度しか感じてない多恵子は名前を読んで良いと言うなぎさにとっては告白のつもりの言葉が友達くらいには思ってくれたんだな。と、喜ぶくらい。

「俺がやきもち妬くから」と他の男友達との勉強会を辞めさせたなぎさは、その言葉でもうつきあってる関係のように感じているけど多恵子は「仲間意識として、他の友達を入れて勉強するのが嫌なのかな。でも仲間だと思われてるだけで嬉しいわ。」
なんて・・・このなぎさがポーカーフェイスなのが、多恵子にはかっこよく感じていて尚且つ、気持ちは全然伝わってないんですよね。

「なぎさボーイ」を読んで「多恵子ガール」を読んで更に又「なぎさボーイ」を読むとなぎさが勝手に自分でかっこつけてる部分や多恵子が気付いてないと思ってる所で実は多恵子がこんなに傷ついてたんだって部分がわかるので最初は結構好きだったなぎさがなんか男らしさとかにこだわりすぎなんだよ。と、思えました。

ここからネタバレ▼




なぎさ側から読むとすごくしっかりしてお節介だけど優しい多恵子。
槇とのことを隠して多恵子に気付いてないだろうと思ってる事に最初から気付いていてアレコレ考えながらも平気な振りをし続けていた多恵子の女の意地みたいなのが読めて切ないです。普通の恋する女の子なんだなーって。

嫉妬してしまう二人を見たくないからもう、なぎさくんとは会いたくない。
そんな多恵子の気持ちがなんだかわかります。多恵子は多恵子で醜い気持ちになってしまう抑えられない気持ちにもう我慢できないんですよね。
 でも、槇さんに嫉妬しちゃうから。。と言ったなぎさは
「槇に失礼だ。あいつは悪いことしてないのに」という、なぎさは本当にわかっちゃいないんだなーって思います。
それなのになぎさボーイで多恵子に「やきもち妬いちゃった」といった槇には「お前はそんな嫌なやつじゃないだろ」って、なんでいつも槇をかばうんだろうか。。

なぜ、ここでなぎさが怒る!?と、私が怒りたくなりました。
画像 3027

わざわざ、なぎさくんをあきらめてあげると、家まで言いに来た槇。
挙句に2年前の陸上大会でキスしたの。とまで言ってのけた。
そんな風に言われればなぎさに「槇さんに嫉妬した」と言い、槇に「あなた嫌な人ね」と言った多恵子の気持ちもわからなくない。
にも拘らずそれを聞いたなぎさが「槇に電話して聞いたけど、変なこと言ってないって。
槇も気にしてたぞ」って、お前ら二人の方がどんだけ無神経なんだよ!

そして、親戚を通して知り合った佐伯と学校で話していて噂になった多恵子に。
「私がキレイに消えてあげるって言ったのに(こんな噂になるようなことして)あなた馬鹿ね 私、あなたの鼻をあかす為にもう一度やってみるわ」
と、事情も知らないのに勝手なことを言われる多恵子。
なんだか、もう誰にどう噂されてもどうでもいいや。という気持ちになるのもわかります。

日舞をやってる北里の劇場に槇を連れてきたなぎさ。
槇を通して喧嘩してしまった北里の前にわざわざ楽屋まできたり。
「北里くんに嫌がらせ?」という多恵子に
「多恵子に嫌がらせだ」
多恵子と槇は違うんだ。と、説明されても一緒にいる二人を見たくないからもう会いたくない。そういったなぎさは多恵子に対して怒っているのか?
それとも、自分に対して怒っているのか?このあたりのなぎさの気持ちをなぎさ視点で読んでみたかったなーと思います。

佐伯さんと振られたもの同士、お互いの傷がいえるまで付き合ってみないか。
と、言われて予備校行ったり一緒に出かけたりする夏休み。
だけどやぱり私はなぎさくんが好きだ。「私ね、気になる人がいるの。雨城なぎさって人なの」
多恵子はやっぱりなぎさが忘れられずに陸上大会へ。
 途中で駆けつけた多恵子。なぎさは日射病で倒れて救護室にいた。
槇さんはいないの?と尋ねる多恵子に
「多恵子が泣くから来るなって言った」
・・・やばい。やっぱりキュンとしちゃった。

陸上の大会で倒れたなぎさに会いに行く多恵子。
やっと自分の気持ちに正直になれた笑顔なのかも

画像 3029

でも・・
「順番はつけられないんだ・・」という、なぎさ。そうだ。お前はまだボーイだ!
だからもっと大人になってちゃんと自分の気持ちを自覚しろ!
と、続きが読みたかったんだけど。これも出なかったなー。
いや、出たんです。「北里マドンナ」買ったんですがどうにも面白くなくて。。

「北里マドンナ」ではなぎさの幼馴染の北里の立場から同じ内容の部分含め更に先を行った内容が書いてありますが割と北里目線なので二人のことと関係ない話も多くてちょっとつまらなかった。。
 確か、なぎさは多恵子を選ぶことは選ぶんだけど何かあると槇を放っておけない・・というハッキリしないところはまだ続いてる感じだったような。。
あとがきに今度は多恵子の親友であり北里の従兄弟である野江を主人公で書いてみたいというのがあったけど、それは出ませんでしたね。

更に同じ仲間の三四郎の話は三四郎が主人公なわけじゃないけど「蕨が丘物語」にありました。
でも私が読んだのは漫画の方だけですけど。

またまた長くなってしまいました。北里マドンナは捨てた記憶がないので多分どっかにあると思うんだけど1度読んだだけなので今読むとまた違うかなーとちょっと読みたくなりました。
見つかったら読んでみて感想書きたいと思います。
ここまで読んでくれた方、有難うございます~。


関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

kazu様

コメント有難うございます。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません!
同世代とのことで、「懐かしい!」漫画わかっていただけて嬉です。
私は、いまだ漫画を読んでますがやっぱり子供の頃に読んでた漫画って懐かしくて特別です。
もっと昔の漫画の感想を書きたいなと思ってるので良かったらたまに覗いてやって下さい(^^)

10/3に拍手コメント頂きました方へ

いがすと様
氷室さんの作品もファミリーも本当に心理描写の巧みな作品でしたよね。私は槇が嫌いなんですが、でも槇みたいな女性が男性にモテるのもわかる気がして(北里マドンナが未読だそうですが、結局北里も槇に惚れちゃうんですよ!)やっぱり氷室さんはお上手ですよね。

少年漫画は別の楽しさがありますけど確かに心理描写では少女漫画に叶わないですね(^^;

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。