スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざ・ちぇんじ!

ざ・ちぇんじ! (第1巻) (白泉社文庫)ざ・ちぇんじ! (第1巻) (白泉社文庫)
(1999/06)
山内 直実氷室 冴子

商品詳細を見る


久しぶりに山内さん×氷室さんの作品です。
昨年の6月に氷室冴子さんの追悼特集とか言って一向に進んでませんでしたね。

【あらすじ】
平安時代も半ば、権大納言家には成人を間近に控えた立派な若君と美しい姫君がおりました。しかし、このお二人には決して明かせない秘密があったのでございます。それは・・・。

ちなみにコバルトは読んでないんです。
読んだのはもう学生時代で相当前ですが、順番が「ジャパネスク」や「雑居時代」を読んだ後だったのと、ジャパネスクと同じ平安モノだったのでずっと、いつか読んでみたいと思っていた期待が高かったせいかあまり面白いと感じませんでした。
ジャパネスクが面白すぎたせいか、ものすごーーーく物足りなかったんですよね。
ジャパネスクの登場人物達と比べちゃうとキャラもかすんじゃうんですよ。あっちが面白すぎるんですね。

で、まんがを読んでイマイチだったので原作を読んでないんです。。
山内さんの作品はかなり内容が原作に忠実だからやっぱり内容は同じなんじゃないかと思うとあまり興味がわきませんでした。
氷室作品にしては辛口ですけど・・・。

権大納言家の二人の綺羅。若君の綺羅と、綺羅姫(なぜ姉弟で同じ名前なんだろう?)は実は実際の綺羅が女の子で綺羅姫と呼ばれている姫が男だった。というお話。
男勝りな姫君で男の子のすることをやりたがり男の子の格好をしたがったりで、もう御付の小百合やごく一部の人以外はこっちが男の綺羅だと思っています。そして、綺羅姫(男)は生まれた時に体が弱く占いで女性の格好をして育てるようにと言われた為、か弱く女性らしくなってしまい今では二人の綺羅姫と綺羅を逆に思っている人ばかり。

そんな綺羅が実は女性なのに元服して出仕することになってしまい・・・。

でも、取替えばや物語といえど、母親違いの異母姉弟がそんなに入れ替われる程、似てるとは思えないんだけど。。
画像 30816


ここからネタバレ▼




綺羅が嵯峨野の山荘で一人で川で泳いでるところへあわられた男性。
裸の姿を見られてしまい、とっさに嘘をついたのですがこの男性がなんと帝でした。
はかない身なのかと女性のことが気になってしまう帝。
帝は嵯峨野に権大納言家の山荘があることを知り綺羅を綺羅姫かと思い、綺羅姫とそっくりと言われている兄の綺羅の面影を感じたくて出仕するよう命じてしまうのです。

そこから、綺羅と綺羅姫の受難が始まります。
後に引けなくて、女性なのに三の姫と結婚してしまったり、子供の作り方を知らない綺羅がそのせいで勘違いをしたり周りから言われている事の意味がわからないのを適当にごまかそうとしてどんどん悪い方へ展開が進んでしまったり・・・。更には公達から男性として好かれてしまったりとゴタゴタが尽きません。
そして男の綺羅姫も帝から尚侍として出仕するように命じられて女性の東宮を好きになってしまいます。

この作品はジャパネスクを書いてみたいと思った作者の平安モノの試作的な感じで作ったとも言われてますが本当にちょっと展開に無理が多いなぁ~って感じでキャラを動かしづらかったんじゃないかなって思うんですよね。
ゴタゴタも当人たちの周りだけの小さいことではあるんだけどバレてはいけない秘密をかかえているせいか、綺羅当人が窮地に立たされたり、周りに振り回されたりするのをどう切り抜けるか的なことが多くて読んでてあんまり爽快感が沸かないんですよね。

なんか、どんどん窮地に立たされてしまって読んでて、むしろモンモンとしたり子供の作り方を知らないまま更に確認せずに勘違いをしたりとあり得なすぎてイラっとします。
「どうしてそんな勘違いしたまま話をすすめるんだぁ~」と・・・。

画像 30813

綺羅は奔放で明るくて周りから好かれてと万人受けしているキャラだけれど、内心は帝のことで嫉妬したり色々細かいことで悩んでいて結構「女の子」ですね。

最後に綺羅と綺羅姫が入れ替わってってのはさすが氷室さんで綺麗にまとまってますけど(いや、ちょっと苦しいかな)でも終わり方はすっきりしてます。
帝の魅力があまり私にはわからないんですけどね。最初から読んでても綺羅がそこまで帝を好きそうにも見えないし。でもこの物語では綺羅にとって帝はむしろ「恐れ多くも」の人だからこんな感じでいいんですかね。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。