スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キス&ネバークライ  1~10巻

キス&ネバークライ(1) (講談社コミックスキス)キス&ネバークライ(1) (講談社コミックスキス)
(2006/08/11)
小川 彌生

商品詳細を見る

別巻の感想⇒11巻

以前「ストロボ・エッジ」の感想で他の漫画読んで微妙だったと書いたのがコレ。「恋したがりのブルー」5巻では作品名まで入れて言ってるし。ずっと感想を書かなかったんですが連載が終わったのでとりあえず続きを買ってみました。11巻の番外編は未読です。

【あらすじ】
アメリカに住む少女・黒城みちるは、幼い頃から母にフィギアスケートを習っていた。シングルスケーターとして育てられていた彼女の憧れはアイスダンス。ハーフの少年・礼音と友達になり、ふたりでアイスダンスを習いはじめるのだが・・・。ラブコメ!?スポ根!?ミステリー!?


上記のあらすじはコミック引用ですが、ラブコメ・スポ根・ミステリーの要素を全て入れて、良く言えばバランス良く描けてるんだけど悪く言えばどれもが中途半端で読んでモヤモヤしました。一番描きたかったのはなんだったのかがイマイチわからなくて。

5巻まで読んでいた時はホント読んでて作品がというか読後感がなぁ~んか嫌な気持ちになってしまって。作品としては面白いと思います。スケートしている絵も体のラインもとてもキレイだし。

この作品は主人公のみちるの感情がほとんど描かれていなくてモノローグが殆ど無いです。
それはみちるの封印された過去やトラウマ・ミステリー部分を少しずつ明かす為や礼音と晶のどちらと結ばれるんだろうと最初に思わせる為もあるんでしょうがそのせいでスポーツ面として全然熱さも伝わらないし恋愛面での切なさも伝わらないし正直、ミステリーはいらなかったんじゃないかなと思ってしまいました。

続きを買ってからあまり内容を覚えてなかったので1巻から読み直したのですが、私の中では一番独白の多い礼音を主人公として読むことにしました。「これはきっと礼音の物語なんだよ。礼音の初恋成就のお話だよ」と自分に言い聞かせながら読んだら結構面白かったです。

あと「きみペ」のキャラが出てるけど私読んでないんですよねぇ~。
作品のファンだと少しその後がわかったりして楽しめると思います。

いつか読もうと思いつつ私の中で優先順位が低くて・・・。


晶のボケツッコミは面白いけどみちるの天然は私には微妙でした
画像 416



ここからネタバレ▼




読んでるうちに、私がみちるを主人公だと勘違いしてただけで最初から礼音が主人公だったんだろうか?と思うくらいしっくり読めたんですが6巻から相関図が付くようになってやっぱりみちるが主人公だったんですね、当然ですが。

最初の頃、みちるが礼音が好きなのに晶と寝てしまったり過去の事件でのトラウマが原因とわかってるのですが何だか少し消化不良でした。みちるの心情が少なすぎて苦しみや葛藤も伝わりにくくて・・・。
スポーツもかなり本格的に書かれてはいるんですが、最初読んだ時にスポーツ色が強い作品かと思ったので振り付けの解釈等メンタル面での描写が多くてスポ根的要素が殆どなかったのが残念ですね。
スケートが生きる証という割には淡々と試合をこなしていく描写が多くてライバルも出てこないしパートナーとの相性が大事とかでみちるは割とすぐ踊りこなせちゃって上達の為の努力の描写が無いし。

児童虐待というテーマはかなり重いので最初は壮大な話に発展するのかと期待したのですがミステリーな割にはするすると謎も解けるというより開かされていくだけでなんか不発。
白井がみちるに衣装を着せるのにあんなにこだわる意味が不明だけど、事件解決のきっかけとして考えたネタみたいだったし。
過去の謎とかは持たせないで、みちるが負った過去のトラウマを如何に乗り越えていくかという所に重点をおいて恋とスケートで良かったんじゃないですかね。みちるは可愛いのでホント守ってあげたくなるし、途中からは礼音の事が好きなのに自分は相応しくないと思うみちるが可哀想で早く救ってあげたくなりました。

どっちかというと礼音を応援する形で読んでました。
「(ヘタレだけど)へこたれるな!」
と・・・。

恋愛面が一番面白かったと思うのでアレコレ混ぜるよりは恋愛中心で読んでも面白いと思いました。
最初、スポーツに重点を置いて読んだら物足りなかったのですが今回は頭を礼音中心に切り替えて読んだので見届けた気分になって良かったです。

オリンピックの最後が皆の表情で想像して下さいってのに「光の伝説」を思い出しましたが、こう考えると光の伝説は秀逸な作品だったのに注目されずに終わったのが残念だなぁとぼんやり思ってしまいました。作者の知名度や時代の違いなんですかね。


11巻の番外編も礼音がやっとみちると結ばれるのかな?と、思うと読んでみたいです、そのうち。


画像 418



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: きみペ

せき様
コメント有難うございます。大人視点、と言って頂けて嬉しいです。いい歳して・・・なんですけどね(^^;
きみペの方が評判いいみたいですね。なんとなくドラマの印象や設定が好みじゃなかったんで読んで無かったんですが是非読んで見たいです~。教えて頂いてありがとうございます♪

きみペ

はじめまして
大人視点での少女マンガの感想が大変ツボで、そうそう!と首がちぎれるほどうなづきつつ読ませて頂きました。

わたしもキス&ネバークライは微妙。。と思うのですが、きみペはとても面白くてかつ社会人知識がある女子が読んで「わかるわかる」とウケるネタも多いのでオトナ女子向きの恋愛漫画だと個人的には思いましたよ!

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。