スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年少女ロマンス  全3巻

少年少女ロマンス (講談社コミックスフレンド B)少年少女ロマンス (講談社コミックスフレンド B)
(2002/10/11)
ジョージ朝倉

商品詳細を見る


すごいくだらないようで深い。すごい笑えるのにドロドロ・・。
このくだらなくも素晴らしき世界。
二人の愛し方が笑えて好き。

私は恋文日和よりこっちのが好きかなーって思います。

【あらすじ】
ランはいつか王子様があらわれるのを真剣に待っている夢見るセブンティーン!
当然、周りからも浮いた存在。
そんなランのクラスに来た転校生を一目見てランは「王子様!」と。
ランが認めた王子は過去の過ち一人きり。見た目は王子だったけど超性格が悪くてランをいじめて転校していった右京だけ。高校になって現れた王子の転校生はどこかで見たような・・・そう、右京だった。


PICT0260.jpg

恋愛の理想と現実?
頑ななまでに王子という理想にとらわれるラン。その姿は読んでてかなり笑えます。

私は第一部が好きですね。第二部になるとなんか、ドロドロとしてきて。。
だけど、なんだかこの理想の恋愛を追い求めて妥協を一切許さないランと右京の二人を見ていると恋愛の在り方ってものについてちょっぴり考えてしまいます。(まぁ深くは考えまいが・・・)

25PICT0257.jpg


ここからネタバレ▼




ランの事、好きだからいじめちゃったんだ・・・という右京にランはドキドキ。
だけど、そんなランに右京はやっぱり・・・右京だった。
ランを陥れて楽しむ右京。同情で付き合ってあげる、と、周囲に思わせてランを陥れた右京。
周りは「右京くん、かわいそう。。」と、勘違いしている。

25PICT0266.jpg



だけど右京は本当は、小学校の時からランの事が本当に好きだった!

素直に好きと言えない右京はランをいじめて嫌がらせで付き合ってやる!とランに思わせ、周囲には同情でランに付き合っている。と、思わせることで恋人になれて喜ぶ。
彼もメチャメチャ屈折してます。

右京がランを好きな理由が「王子」という自分の理想に妥協せず追い求める少女のようなロマンティックな姿が好き。というのもすごい。
そのランの理想に近づこうと本当に王子になりたいともがき願う右京。
笑えるんだけど深い・・・(深くない?)

25PICT0271.jpg

右京の家はお金持ちなので王子になるために白馬を飼ってみたり金髪に染めたりする右京の必死な姿は本当に笑えました。ランの王子を探す鬼気迫る姿や乙女なセリフにも。

なのに、二人のめちゃくちゃ勝手で天より高い理想と現実の壁にぶつかっていく姿は、意外と本当の恋愛にも思い当たる節があるような・・・。

二部では、ランと右京にそれぞれライバル?が現れてややこしい性格の二人の仲が益々こじれます。
右京の王子を追い求めるランへの理想や自分への気持ちが1%でも他へいったらランへ自分の理想も崩れて気持ちが冷めてしまいそうだ。
という思いや、右京に過去の恋人が現れて心配なランの「信じるって・・こんな投げやりなの? 疲れる。。」と言った気持ち。その右京と元カノとの浮気現場を見てむしろ「なんか、ホッとした自分が信じられない」という気持ちがなんだかわかるような気になります。

浮気してるのかしてないのか信じているとか言ってもモヤモヤする気持ちとか、そのモヤモヤとした気持ちから開放されたくて、浮気してるならしてるでいいからどっちなのか知りたい。。みたいな気になる時のような。。

最後も二人の暴走の中で、お互いそれでもいい。という風に気持ちを確かめ合います。
激しいくらい暴走して一見くだらないのですが、恋愛って理想とは違うんだ。
でも、それでもいいんだ。っていうことなんですね。

と、そんな深いこと考えなくても普通に笑って読むのもOKな漫画です。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。