スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタズラなkiss

イタズラなKiss (1) (マーガレットコミックス (1727))イタズラなKiss (1) (マーガレットコミックス (1727))
(1991/01)
多田 かおる

商品詳細を見る


ラブコメと言えば、コレっ!

【あらすじ】
学校でF組の琴子は超天才でかっこ良いいA組の入江くんに告白するも「頭の悪い女は嫌いなんだ」と玉砕。
だが、不幸はこれだけでは無かった。傷心の琴子だが、その夜地震により自宅が倒壊しお父さんの友人宅へ。そこには振られた相手入江君が。琴子は入江くんと同居することになる。


誰もが知ってる話かと思いますが作者が急逝した為に未完です。
琴子達が高校生で出会い大学、結婚、更に社会人になるまでの長期連載でした。
私も読み始めたの中学生だったのに社会人になってたよ。

友達が全部出てるのをまとめ買いして読んだけど結婚してからの方が面白いよ~、と言うので改めて読んでみると確かに大学時代の話に少しモタツキを感じるかも。と思いました。
だけど、私はもう世代で入江くんと琴子が結ばれるまでを連載を毎月首を長くして待っていたのでどうしても琴子の片思い時代へ傾倒。

と、言っても連載当初から買っていたわけではなく、「ぱふ」のランキングか何かでイタkissの1巻が1位だったのを見て本屋さんへ行ったのだけど、どうしても絵が受け付けないので見送ったんです。
だけど本誌を立読みしたら面白くて即効単行本を買い、更には二人の行方が気になりすぎてベツコミから別マへ宗旨替えしてしまいました。
なので、私にとってそれくらい影響力のある作品だったんですねぇ~。

物語の設定を知らない人はいないだろうと思いますので安心してネタバレ感想へ。。

画像 31251

ここからネタバレ▼




私が連載を追いながら読んでいた時はこれだけ冷たい入江くんと琴子が結ばれるのだろうか?
というのが最大の関心ごとでした。
 だから私が居ても立ってもいられなくなったのは入江くんにお見合い話が出た頃です。

入江くんがあの雨の中琴子を抱きしめた時はまさに「うぉーーー!!!」って叫びましたよ。心の中で。

この辺りですね。
画像 31245

結婚してからも、琴子があんなだし、入江君も相変わらずなので喧嘩することも多いけどなんだか前より「温かい」。
二人が結婚してからも連載がこんなに続くとは正直思わなくて「あの」冷たい入江くんが琴子を好きだ!となっただけでも私の中では大騒ぎなのに夫婦として一体どんな入江くんになってしまうんだろう。
内容的に大丈夫かな?とか思ったけど、それが本当に作者のすごいところなんでしょうね。
 急にキャラが変わる事も無く、いざという時はバッチリ決めてくれる入江君とのラブシーンも加わりますます面白くなりました。普段、冷たい入江君がさりげなく琴子に優しかったり、見えない所で助力してたりする部分も夫婦になってから出てきて安心して読んでました。

二人の関係だけじゃなくて、個性的な脇キャラが増えても散漫にならないし内容もますます楽しい。
何より、ストーリーが面白いだけじゃなくてポイント的なギャグでも笑わせてくれるし。
笑いにもこだわって考えていたというくらいですからさすがですよね。
ラブコメという言葉がまさにぴったりな作品。

続きが気になるところで終わっていて、更に続きは二人の子供が!?
クライマックスな所でしたが、今はもう作者のご冥福をお祈りするしかないです。
無くなってからもかなり経ち当事は本当に驚いて続き読めないこともそうですが突然すぎてすごいショックでしたが一読者としてファンとしてただただ作者には感謝です。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

紗羅様

拍手コメント頂きましてどうも有り難うございます。
イタkissは私も大好きなので嬉しいです。
これ以上、記事として書くことは今のところ考えてなかったんですが入江君と琴子の事はいつまでも私は忘れませんよ!!
Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。