スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕等がいた 1~12巻

僕等がいた 1 (1) (フラワーコミックス)僕等がいた 1 (1) (フラワーコミックス)
(2002/10/26)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒13巻14巻15巻16巻



やっと6月発売のベツコミで連載が再開するそうですね!
3部の途中で休載になりましたが、3部で終了予定ということで、これで最後まで読めるんですねー。

【あらすじ】
「-支えなければならない現実は いつも彼の体より大きかった-」

高校生になった七美。七美のクラスには中学の時にクラスの3分の2の女性が好きになってしまうくらい人気の矢野という男の子がいるらしい。どんな子だろうと楽しみにしていたが矢野は結構イヤなやつ。。だけど、次第に七美は矢野に惹かれていく。


作者が病気休養中だそうでずっと休載してました。徐々に連載が隔月になったりして単行本の発売も遅くなってどうしたんだろう?と思ってたら。。ですがやっと、再開になったそうで嬉しいです。
無理せず、でもどうか連載は終了させて欲しいですね。

12巻はとても気になるまま終わっていますが、単行本を待ちきれなくて立ち読みしてたので現在までなんとかヤキモキせずに待てました。。

この漫画は一度読んで内容を知ってしまうとなかなか読み返すのがしんどい漫画です。。すごく面白いし読み始めると割りとテンポよく読めるんですが、先がわかっていて尚且つ休載により結末が出ていないからこそ中々この状態で読み返す気になれなくて。。


30PICT0238.jpg

ここからネタバレ▼




 最初からテーマは重いのですが、最初の矢野と七美との高校生活の時はまだ楽しいエピソードなどもあって普通に読んでいられます。でも矢野の家庭事情が絡まってから先は最近読み返していても8巻くらいまでで読むのやめたくなる。。
だって連載も進んでないまま読んでも虚しい。。って思ってしまって。。

当初から中学生で彼女を事故で亡くしてしまった矢野。しかも、彼女は元カレの車に乗っていた。。
あまりにヘビーです。。更に矢野には山本・妹との秘密も。。
そして、そんな傷を背負った矢野を好きになって付き合う七美もただ好きという気持ちだけではなく、徐々に矢野を思い、思い合っていける子になっていきます。

途中で、山本の母が倒れた時に付き添った矢野を許せずに怒ってしまった七美は確かに幼いけれど、高校生だし複雑な思いがある分簡単に割り切れなくて私はいいと思う。
友人から七美が我が儘。と指摘を受ける部分があって七美が自分で「気づいて考える」という部分がある方が好きです。高校生でそんな物分りいい子いたら怖い。例え上辺では許せても心では絶対割り切れないだろうし。

矢野は、普通っぽいんですが本当に不思議と魅力的な男の子という感じです。
一見明るく見えて子供の頃から家庭の事情や元カノの裏切りや死により、相手の真意が永遠にわからないまま、修復出来ない関係のまま人間不信な部分を持つ矢野。

彼に対して、彼の闇の部分を受け止めて引き上げてあげた七美は、普通の子でありながら矢野にとっては「高橋のことだけはあきらめたくない」というくらい大切な存在に。

12巻はなぜ矢野と山本が!?そして七美は竹内とどうなるの?って感じで終わっています。
ただ立ち読みしていたおかげで後者の結末はわかってます。4/12発売のベツコミ付録に未収録分の3話がついていますのでそこで追いかけてから連載開始につながって読むことも出来ますね。
とりあえず、最初は両方追ってしまうかも。。

高校生というまだ十代の彼が、病気の母親を抱え生活をしている後半は読んでいて本当にしんどくて、漫画ではありますが普通の生活を送れる自分がそれだけでとても幸せなんだ。。と実感してしまう程でした。

作中の
「私の願いは 矢野の願いが叶う事」
「私の願いが矢野の願いになり 矢野の願いが私の願いになる」
こんな風に思いあえたら本当に素敵だなって思います。

いつも報われないキャラにも感情移入する私ですがこの物語では一切ありません。
山本・妹はもちろん千見寺にも竹内にも全く。それだけ二人に幸せになって欲しいなって思う。
最後は是非、矢野が七美を迎えにきてくれますように。
それが私のこの作品への「願い」ですね。

早く七美の元へ帰ってきて~
25PICT0233.jpg




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。