FC2ブログ

ジョセフへの追想

ジョセフへの追想 (小学館文庫)
画像 707


作者の作品の中では珍しくSF?
舞台は外国の島でカナダのPEI(プリンスエドワード島)がモデルになってます。

私は今もですが当時もPEIが「死ぬ前に必ず行きたい場所」の一つというくらい思い入れがあって(早い話が赤毛のアンが好き)、この作品は作者もPEI島に魅せられて書いたものらしいので、これを購入したときPEIに勝手に運命を感じた覚えがあります。(また出会っちゃった!みたいな一方的な・・・)

【あらすじ】
島育ちのユニスとジョセフは小さい頃から隣同士に住む幼馴染。
いつか結婚しようね、的な可愛い約束を交わすくらい仲の良い二人。
 高校生になり幼馴染として楽しく暮らす毎日。転校生のケヴィンも新しい仲間として加わり何事も無く過ごすジョセフ達ですがジョセフの両親が事故で亡くなり、しばらく経った頃ジョセフに超能力のような力が現れ始める。


今読むと、あぁそうかぁ。ってくらい先もわかってるし普通に読めるんですが、なんですかね。当時はPEIと共に作品への思い入れがあったのか。最後に号泣した記憶が・・・。(感受性の強い時期だったんですね)
いいお話ですが今は全く泣けません。。

序盤に殊更幼馴染として過ごしてきた日々や二人がどれほど好き同士だったかを表現しているので後半になるにつれて気持ち的にやりきれないなって思ってしまいました。

32画像 718

ちなみに文庫版はわかりませんが私がもっている最初に発行された新書サイズ?の方にはカラーページで作者がPEIに行かれて取材した際の様子や島の景色ものってます。

作者の写真も載ってます。○十年前かな。似顔絵と似てるかも?
画像 738

ここからネタバレ▼




ジョセフは次第に超能力のような力が現れ始めます。カンが働くようになり学校のテストで友達と一緒にかけたヤマがあたって全問正解してしい周囲からも怪しまれ始めます。

そして、テレパシーや相手の心が聞こえるようになったり物が動かせるようになったり。。
様子がおかしいジョセフの元へ行ったユニスは・・・。

ジョセフはユニスさえ居てくれればいい。どこにも行かないで欲しいと彼女を監禁してしまうのです。幼い頃から誰よりも好きだったジョセフをとまどいながらも思い、なんとか説得しようとするユニス。途中、様子がおかしいことに気付いたケヴィンがユニスが気を失っている間にジョセフの元から連れ出してしまい、「自分の元から逃げた」と勘違いしたジョセフ。

・・・だんだんジョセフが嫌なやつになっていきます。
昔は読んでいてジョセフをかばいたい気持ちになったのですが今はちょっと、やっぱり逃げて良かったのかなとか思う気持ちもあります。
でもユニス同様、どれだけお互い好きだったかと思うと切なくなってしまいます。
33画像 722

最後に彼が・・・だった!というのに、私はすこぉーし引いたのですが彼らの幼い頃の描写が出てくるとつい涙が。。そして最後は誰もがジョセフに関しての記憶を消されます。
そこであんなに好きだったジョセフの記憶を無くしてしまっていたはずのユニスの最後のセリフに泣かされました。

35   画像 724



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード