FC2ブログ

城南高校生徒会シリーズ

生徒全員に告ぐ! (花とゆめCOMICS―城南高校生徒会シリーズ)生徒全員に告ぐ! (花とゆめCOMICS―城南高校生徒会シリーズ)
(1991/05)
森生 まさみ

商品詳細を見る



単行本では「生徒全員に告ぐ」「ヒロイズム前線」「つま先で恋をしよう」に収録されてます。
単行本ごとにわけずにシリーズってことでまとめて感想を。文庫だとまとまってると思うので。
続き書いて欲しいなーって思ってずっと待ってたんですがきっと書かないんだろうな

【あらすじ】
1年にして生徒会長になったおケイと書記のみお。3月の暇な生徒会で退屈な日々を過ごしているところへ現れた謎の生徒、角まこと。そこへ、前生徒会の会長が掲示板に生徒会への挑戦状が貼られている!との知らせにきます。爆発物を仕掛けたと言われ事件解決に乗り出す。だけど、どうも様子がおかしい?

購入時、「城南高校生徒会シリーズ」というのにやられました。
生徒会とか聞くと弱いんです。。

男の子のようにしっかりしてかっこいい生徒会長のおケイちゃん。
主人公の親友のみお。そこへ現れた大食い少年 角まこと、が加わり生徒会(他のメンバーは殆ど出ない)が繰り広げる学園モノ。学園で起こる問題や事件を生徒会というかほぼこの三人だけで解決します。ちなみに角は生徒会メンバーではないのだけど。 途中で生徒会の副会長押地先輩が出てきて主人公を巡って三角関係に?

主人公のおケイは女性だけどかっこよくて学校の女子生徒に人気があり自分でもそれがわかっていてつい、憧れてるという子達を思いやり皆のイメージを壊さないように「かっこいい女性」を演じてしまう。
けれど、本当は女の子っぽくない自分にコンプレックスももっている。素直に弱音を吐けない主人公がなんだか、角にだけは調子を狂わされてしまう。

画像 31256

ここからネタバレ▼ 




最初に現れた謎の生徒、角は実は生徒ではなかった。一体誰?と思ったら4月からの新入生だったんです。
そう、これも「年下モノ」です

その後、角も学校の生徒として相変わらずメンバーのいない生徒会室へ入り浸り事件を一緒に解決したりと仲間に加わります。

母性本能くすぐりキャラ
画像 31255

彼も、おケイの人に頼れない強がりな性格が放っておけず、二人はお互い意識はしてるのですが気持ちを伝えたり出来ない微妙な関係に・・・。角は歳下でしっかりモノのおケイにいつも庇われたり気を使わせてしまってる事を気にしていてと自分が会長から頼りにされる存在として認められたい。と、思うように。

会長から呼ばれるまで生徒会室にはいかない、とかそういう意地が逆に年下っぽくていい!
年下だけど、よくある年下なのに生意気なオレ様タイプとは全然違うんですよね。
ちゃんと(?)やんちゃな後輩っぽいんですよ。主人公に頼りにされたいって頑張ってるとことがかわいいです。
 でも、途中で現れる副生徒会長の押地先輩の邪魔はしっかりするけど

画像 31257

おケイも自分でも角を好きと自覚してなけど、何かあるとつい彼のことを考えてしまったり。
そして年下の彼を立ててあげたり、生徒会の生徒では無いのに生徒会室にいる所をさりげなく庇ってあげて彼の面子や立場を立ててる。「感嘆符-」もそうだけど、森生さんはそういう細かいとこ書いてくれるのが好き。

最後の「特別課外報告せよ」では、お互い自分の気持ちを自覚したんじゃないかな。と、いい雰囲気まで行くのですがやっぱりハッキリせず。。ハッキリしないこの微妙な関係が続いてもいんです。シリーズが続くのなら・・・。
でも続きが出ないままなので余計気になるんです。

この学校には「感嘆符ー」の貢くんも角の友達でちょい出演してます。
感嘆符の続きも書いてクレー!って思ったけどこっちもないだろうな~。残念



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード