スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風光る 26巻

画像 115
風光る 26 (フラワーコミックス)
別巻の感想⇒27巻28巻29巻・30巻

「風光る」26巻です!

【あらすじ】
弱体化した幕府に幻滅し、失意のうちに広島から帰郷した近藤。彼の心痛を察した土方は、深雪太夫を落石させていた。別宅にて近藤と深雪の仲睦まじい生活が始まるかに見えたが、土方は深雪を見張れとの命をセイに下す。
(コミックの作品紹介より抜粋)


はじめちゃんやらファミリーやら、異常に長くなってしまって別に誰からもクレームくるってわけじゃないんですが一人反省してました・・。

他の方のブログとか見ると、好きな漫画とかを何度も色んな視点とか部分的に記事書いてたりして読みやすいですよね。
 私は一気にに詰め過ぎるのかなぁ~って思って。長いと自分でも読むの飽きるし。

今回はタイムリーだし26巻だけに絞ってみます。
他の作品とかもそうだけど小出しにしていく手法?を学んでみます(大げさ?)

風光るは本誌も併せて立ち読みしてます(作者が嫌がる「立ち読み」ですね・・・)
なので内容はわかってるんですが・・・うーん・・最近、微妙。。

思うんですが、読んでる時はずーっと総司に「セイへの思いに早く気づけや!!」と思っていたけど、気持ちを自覚してからの内容が・・・進み遅いって色々なところで言われてるけど内容も薄まった気が・・・(失礼!)いえ、作品の良さはそのままだけど
セイと総ちゃんとの関係がね。。なんか逆にアレ?みたいな。。

まぁ自覚したからってアレコレ二人の関係が進むみたいなことは期待してないというか総司の性格設定からして作者がそんなことさせないだろうとは思ったけど・・・なんか昔のセイちゃんが思い詰めて思い詰めて・・・みたいな切なさとか、期待したけど肩透かしなんて歯がゆさとかがなくなっちゃったり。

 かと思えば、総司は厳しいけど結局はセイへの愛ゆえの態度だったのね!というセイ&読者がキュンとする内容も総司の自覚があってから無自覚の時よりも自制しちゃってるからなんだか物足りなくて。。。

ここからネタバレ▼




26巻は正直、本誌の時から「このネタ長いなぁ~」って思ってました。。
落籍させる話が25巻から続いてると思ったらここまで引っ張るんだーって思って。
史実にそこまで詳しくないので深雪太夫のこととか知らないんですけどね。

早く総司とセイの見せ場のある話にしてくれぇ~というのが26巻を読んでの率直な感想ですが、立ち読みしてた時よりまとめて読めるので普通に内容は面白く読みました。

夜のお勤め(笑)を拒む深雪。笑って許す近藤。それをフスマの向こうで聞いてるセイ。
うーん・・・。。まぁ将軍家とかでも寝室の中で必ず見張りがいるみたいですけど・・。

近藤局長の人の良さが本当に現れてる回ですよねぇ。この作者の話で思うのはこういう物事を優しい受け取り方で考えて言葉で表すのが旨いなぁと思います。

深雪は実際、近藤局長をどう思っていたのか。憎からず思っていつつもやっぱり武家の誇りや過去を忘れられなくて、妹をきちんと嫁がせるという事で自分の将来なんて二の次に考えて行動したんでしょうかねぇ。

確かに深雪のしたことは、優しい近藤を思えばひどい行動かもしれないけど妹の為を思ってしていたのに、その妹に寝取られてしまい、普通に嫁がせたかったのに妾になってしまうしちょっと可愛そうですけど。家を出るのもあくまで妹の為ですからねぇ。

でも本当にセイちゃん、最近あんまり出番も見せ場もない。。
総司も今までのような大ボケぶりも鋭さも無い。。中途半端で物足りない・・・。

話のクライマックスはこれからだし、総司が自分の気持ちに気づいて時間的にはまだそんなに経ってないので生温かく見守っていたいけど、気づいたなら気づいたでもう少しそれにまつわる読者が喜ぶ話を入れて欲しい~というのがイチ読者の私の個人的な希望ですが・・・。(作者だって「あくまで少女漫画」にしたいと言ってるのだし・・・)

残念、総ちゃん・・・。
ってか、右下の斉藤一の顔がナイス(微妙に顔違うし♪)

画像 114

そういえば、帯に書いてありますがキャラメルボックス×作者のトークショーがあるんですね。
ちょっと悩んじゃいましたが作者や作品が好きでも、あまりファンとして何かに出向いたりイベント行ったりって事はチュー坊以来ないので辞めました。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。