スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきトゥナイト

ときめきトゥナイト (1) (りぼんマスコットコミックス)ときめきトゥナイト (1) (りぼんマスコットコミックス)
(1982/11)
池野 恋

商品詳細を見る


りぼんっ子ではなかった私でも知ってるくらい人気でした。
当時テレビでもやってたんですよね。あまり内容は覚えてないんだけど。
マンガは連載終了後に友達から借りてその後、購入。
蘭世の一途で一生懸命な思いと真壁くんの照れ屋でぶっきらぼうだけど優しい性格。
いやーホント今でも真壁くんは人気あるけどわかります。っていうか私も好きです。

【あらすじ】
人間界で暮らす魔界人の蘭世は噛み付くとその人に変身してしまうヴァンパイアの女の子。
人間の男の子、真壁君に恋してしまうけれど吸血鬼の父や狼女の母は大反対。
 魔界の王子アロンに気に入られたり、恋路を邪魔されても思いは変わらない。
そんな時、蘭世の両親が魔界の大王から人間界にいるもう一人の王子を探すようにと。。。


とにかく蘭世の一途な真壁君への思いに共感し、応援してしまう。
「真壁君が人間だって魔界人だって関係ない。好きな気持ちは変わらない」

35画像 145


ちなみにその後、なるみちゃん編や愛羅(蘭世の娘)編、ミッドナイト編と出てますがもう別物と考えた方がいいくらいちょっと私には微妙です。
ミッドナイトは途中までしか読んでませんが真壁君が魔界の王子でアロンが人間でと設定を逆にした話になっています。

蘭世編では蘭世の為に大活躍のかわいい鈴世。
なるみ編で鈴世がなるみちゃんと恋愛してなんか姉離れしちゃってて寂しいなーって思ってしまいました。そりゃ、当然ですけど。。
25画像 472

真壁君は硬派で照れ屋でカッコイイのですが最初はちょっと不良のような。。
30画像 466

キャラが固まってないころです
30画像 468

真壁くんとの再開のシーン。蘭世と同じくらい読者も待っていた!
33画像 126


皆、知ってる内容かと思いますが一応ここからネタバレ!




ストーリーは真壁くんが魔界のもうひとりの王子だったということがわかってから、ぐんぐん面白くなっていきます。最初、赤ん坊に生まれ変わってしまった真壁君をみて、このまま育てていく果てしないストーリーになっちゃうのか?と思いましたが。
魔界人になってからの真壁君がすごくかっこいいです。

そして、蘭世と真壁くんの恋の行方がなんといっても気になります。
読めば読むほど真壁くんが蘭世のことを大切に思っていることは態度ではまるわかりなんですよね。ただ、言葉ではなかなか出てこない。
35画像 122


いつもは真壁くんを助けたり勇気付けたりする元気な蘭世がたましいの実を食べて操られてしまう。そんな蘭世の為に普段冷静な真壁くんが感情を見せてるところが好きでした。
33画像 488


いつもはお笑いキャラ?のライバルの曜子。
25画像 478

17巻のなるみ編の1話。蘭世の結婚式で
「俊が蘭世を好きだってことくらい、とっくに知ってたわ それでも好きだったのよ・・・」
というヨーコのセリフは切なかったな。
殆どいつもギャグキャラだけど幼稚園からずっと真壁くんを思っていた曜子だって蘭世と思いは負けないくらいかも。

なんか主人公も好きだけど報われない脇キャラについ感情移入してしまう。。
だって現実では主人公のようにうまくいくことばかりじゃないからね。


蘭世の恋の行方に、魔界という世界のお話に夢中になったりとその名の通りときめかせてもらった作品です。
真壁くんのキャラによって、優しくてカッコイイばかりじゃなく自分が悪い時や間違ってる時はきちんとしかってくれる人がいいの。なんて思った子は多いよねー。

蘭世の命をかけても真壁くんを守りたい。という恋のかたちに女の子は憧れました
少女漫画の主人公とはこうあってほしいという理想のような女の子です。
33画像 131






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。