スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海街diary 1~2巻

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
(2007/04/26)
吉田 秋生

商品詳細を見る



やっと、ハードボイルド系じゃない話になったかぁ。。
BANANAFISHのような話からこういう話まで書けるってやっぱりスゴイですよね。
最初、「蝉時雨のやむ頃」が漫画のタイトルかと思ってました。

【あらすじ】
鎌倉に住む、三姉妹の元に届く父の訃報。まだ子供が幼い頃に、家族を捨て女性と出て行った父の死をどこか他人事のように感じる下二人に対して、年長で記憶が確かなサチは父を許せない。
下の妹二人がお葬式に参列することに。そこには父が逃げた女性との間に出来た娘。姉妹たちの妹にあたるすずが・・・。彼女は母親も既に亡くして父の再婚相手の家族と暮らしていた。



やっぱり、一番最初の「蝉時雨のやむ頃」が一番好きです。
父親を許せないサチ。幼い頃の事で記憶がないせいか父親の死に対して他人事のようで悲しむことの出来ない妹達。

そこへ、過去に父が逃げた女性との間に出来た娘すず。
でもすずは実の母親も既に亡くしているので両親がいないことに。

そのせいか、最初に出てきたすずは姉妹の目を通した形でかかれていてとてもしっかりとした子供に映ります。
 しっかりとして、でもどこか感情が読めないような・・・。

ここからネタバレ▼





そんなすずが、石段で見せる涙は今まで、頼りないママ母や幼い弟達の手前ずっと子供である自分の姿を抑えて父の看病や家族の面倒を見てきた重圧から開放されて悲しむことを許された。
やっとまだ子供である本来のすずに戻れたんでしょうねぇ。

きっと、ここでやっと泣くことが出来るのね!と、読んでいてわかるんだけどそれでもほろっと感動しちゃいました。

私は特にすずに出棺の挨拶をさせようとする大人たちに対して言うサチの
PICT0312.jpg

PICT0314.jpg

「これは大人の仕事です!」

「大人がやるべきことを子供に肩代わりさせてはいけないと思います」


という下りがとても好きです。

なぜか胸にドスン、ドスン、落ちてくる程響きました。

サチは自分の母が父親が出て行き悲しんでいたのに娘を捨ててあっさり他の男と出て行った時と同じ年頃だったすずに当時の自分を重ねていたのかなぁと思います。

自分だって本当は父親が出行ったことを悲しみたかったけど母がずっと泣いていたから悲しむ余裕もなかった。なのに母もあっさりと自分たちを置いて出ていっちゃうんです。

拍子抜け。な部分もあったんでしょうけど、サチよりも大人がいなくなっちゃったらどこで子供らしくその感情を出したらいいんだろうって感じですよね。
きっとしっかりもののサチは年老いたおばあちゃんに甘えることもしなかったでしょうし。

一緒に住もうと提案したのはやっぱり放っておけない気持ちと、会ったばかりだけど自分たちの妹なんだ。という、家族としての感情があったんでしょうね。

同居以降はすずを通して書かれる内容が多くて、すずを通して書くとすずがまだ普通の子供なんだな~って思います。やっぱり周りの子よりもどこかしっかりはしてるけど。
でも2巻の朋章に対してのすずってやっぱスゴイって思ういますけどね。

朋章はラヴァーズキスに出てきたキャラらしいんですがそっち未読なんでなんか気になります。
読みたいんですけど近所に売ってないんですよね。。

新刊出るのゆっくりですけど、このお話はなんだかゆっくりペースでちょうどいいですね。


鎌倉の風景も癒されます
PICT0309.jpg


関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。