スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生にあげる 全3巻

先生に、あげる。(1) (講談社コミックスなかよし)先生に、あげる。(1) (講談社コミックスなかよし)
(2010/12/06)
山田 デイジー

商品詳細を見る

放置前に「恋するふたごとメガネのブルー」を読んで結構好きだったのでその時に山田デイジーさんの作品を読んでみた時期がありました。当時は一気に色々読んので「どれも最初はいいのに後半が残念」と思ったのですが。
放置中もそんなわけで気になったものの「恋するふたごとメガネのブルー」もブログとともに放置してましたがまだ連載中なんですねぇ。今度読んでみます。
 

【あらすじ】
灰色の夏、先生と合って、景色が変わった。真面目だけがとりえの、内気な女子・あざみ。誠との出会いは偶然だった。忘れないでと、キスしたのは、自分を変えるためだった。新学期、2人はふたたび出会ってしまった。今度は学校で。先生と生徒として…。


新作が面白かったので読んでみました。
こちら先生とのラブストーリーですがベタで面白かったです。山田デイジーさんは結構、昭和のベタな持ち味を感じる作品を描かれる方なんですね。「なかよし」だからか、主人公が読者の年代に共感されやすいように少し幼さを感じます。
あと展開が盛り設定という程じゃないんですが、主人公や登場人物が結構突然の行動に出るんですね。

出会った男性を好きになってしまったものの実は先生だったという導入部分、入院していたお姉ちゃんの過去の話からベタな匂い満載の展開を予想というか期待して読んでました。


CIMG2133.jpg


ここからネタバレ▼




先生が昔好きだった人がお姉さんで、お姉さんが学生時代に好きだった人が実は先生だったってのは先が読めてたのでお姉さんが生きてたと知って主人公がアウェイ状態になるのかな?主人公がお姉さん、先生と三角関係になってしまうのかなぁ?と思ってたんですがそこまで続かなかったのか先生もお姉さんも未練はなくいい思い出としてまとまったのは読みやすくて良かったですね。

主人公が中学生ってのがね、昔は良かったのですが大人が惹かれるかなぁとか気になりますが、主人公の自虐過ぎる程先生を好きになってしまう所や好きで身を引こうとしたり と、この手の話がなぜか結構好きです。

ただ後半で突然お母さんがもう学校へ行かなくていいとか言って主人公を家に閉じ込めてしまったりは驚きですね。
校長先生がなぜか他の先生よりも人一倍親身になってくれるのですが実はおねえちゃんや先生が中学生だった頃の担任の先生だったっていうのがなんだか良かったです。
だって普通は校長先生ってそこまで生徒に関わりませんものね。

更に終わり方が十年後くらいでかなり期間が経っていて結構劇的だったりするのですが、中学生と結ばれて完結ちゃうよりはむしろいいのかなぁと思えました。
色々描いてしまったものの可愛らしいストーリーで結構好きでしたよ。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。