スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正ロマンチカ 1~3巻

大正ロマンチカ 1 (NextcomicsF)大正ロマンチカ 1 (NextcomicsF)
(2012/09/01)
小田原 みづえ

商品詳細を見る

知らない間に7巻まで出てたんですね。もう完結した作品だったっけ?と思ってました。しかもうっすらとしか内容を覚えてないので・・・続きを読むときは最初から借りないとダメかも。。私、当時の感想であまり面白くないと書いてるんですが今は妙に続きが読みたいんですよ、不思議・・・。

【あらすじ】
時は大正。
父の形見を取り戻すために公爵邸を訪れた明。そんな明を出迎えたのは、金髪碧眼で超美形な異国の公爵様!
明は、形見を譲ってもらうかわりに、 公爵がアンティーク貿易の取引で日本にいる間、お嫁さん役をすることになって――!?


時代萌えです。
といいつつ、そんなに面白くなかった。残念です。
ちょっと期待し過ぎたせいかもしれません。

最初から時代考証はあまり深く描かない為というか突っ込み防止の為か大正83年とか日本国とか大正ファンタジーみたいな感じだそうです。突っ込みたいのはそこじゃなくて公爵が公爵らしくない、公爵なのに周囲にお付きとかいなさ過ぎるとか身分差を感じなさ過ぎるって部分だったんですがね。
でも身分差が好きな人にはもっと格差っぽいのがあった方がいいかもしれませんね。
私はせっかく両思いになったのに後々面倒な展開になりそうなものは無くてもいいですけどね(笑)

最初はアンティークのお話とかを入れつつ主人公が公爵に近づいてお父さんの形見のブローチを譲って欲しいというところから代わりに女避けの固定パートナーになって欲しいと持ちかけられたのを主人公がお嫁さんの身代わりと勘違いして・・・というお話。

主人公はとても可愛らしいです
CIMG2202.jpg
こりゃ、たまランラン?



ここからネタバレ▼




なんか色々甘いんですよね。設定の作り方がぼんやりしてて。
主人公が勘違いして嫁の身代わりって設定を入れた割には許婚とか嫁係って設定がストーリーに特に活かされてなくて残念です。

主人公が子供っぽくてまっすぐな心で何にでも一生懸命で。そこを公爵やら他の登場人物も結局は主人公にほだされて味方になって・・・という鉄板的な見せ方も別に嫌いじゃないんだけどなんか行き着くストーリーが簡単なんですよ。
主人公の台詞が公爵の心に刺さっちゃう!キュんときちゃう!みたいなシーンとか二人の可愛らしい胸キュンシーンみたいなのがあってそれも本当に可愛らしいと思うんですよ。
「シーン」では。
でもストーリーが薄いというか行き着くまでが簡単なんですよ。

単にそんな絵的なシーンが描きたいだけなのでは・・・。と疑いたくなります。

かと言ってヒロインがいざとなったら皆の心を突くみたいな見せ方には左程してないのでわざとらしさは感じません。純粋に読んでて可愛い主人公だなって思えます。
公爵とのシーンも可愛らしいなぁと思えるんです。
シーンとしては可愛らしい二人なのにストーリーはいまいち盛り上がってないんですよね~。

CIMG2198.jpg
可愛い「シーン」はいっぱいあるのでそこが好きな方にはツボかも
CIMG2196.jpg

まぁお父さんのことやら公爵が実は彼女の審美眼を利用していた、お父さんの事件も発端だった、という誤解も解け人気もあったのか第二部?になりました。ここから公爵は彼女を好きでパートナーからお嫁さんにと言ってるんだけど主人公の方が鈍感で好きだけど嫁役だと思ってたり色々あって第二部はまだ3巻の後半で始まったばかりです。
物語的にはきりが良かったのであとは何が描きたいんだか、ここへきて彼のいとこが現れたりして身分差来るか?恋って何?とか始まっちゃうのか!?って感じでした。

全体的に緩いのですが、ストーリーの盛り上がり不足はラブが足りない部分もあると思うのでここからはそっちを中心でもいいのかもしれませんね。
薄味なのはラブ不足のせいもあると思いますから。
正直、主軸になってたストーリーがそんなに面白かったわけじゃないのでラブをもっと。


「よしよし」はマジ溜まらん!?
CIMG2201.jpg









にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。